幕下相撲の知られざる世界

浪曲と相撲。「古臭い日本文化」という無意識のレッテルをどう乗り越えるか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、浪曲を聴きに新橋まで足を運んだ。

ひょんなことからという言葉で表すだけでは足りないので説明すると、大相撲春場所のBSでの中継にゲスト出演されていた春野恵子さん、30歳以上の方は電波少年に出演していた頃の「ケイコ先生」という名前で思い出すのではないかと思うが、彼女が今浪曲師として活動されているのだという。更には、その中には相撲を題材としたものも有るそうなのだ。

私には浪曲と落語の違いも分からない。浪曲と言われて分かる唯一の知識が、広沢虎造という浪曲師がかつて居たこと。そして元ヤクルトスワローズの広沢選手が彼に因んで「トラ」というニックネームで呼ばれていたこと。ただそれだけである。

ツイッターで個人的に交流していたこともあり、普段は関西地方を拠点に活動されている春野さんが東京に来られるという偶然も重なり、相撲という繋がりだけではあるのだが全くの未知の世界に触れてみようと考えたわけである。

前もって知識を付けてから行こうかとも考えたが、白状すると興味が無いので検索することすら面倒臭い。初めての経験なので何も知らないまま行った方が印象が強烈になる、と自分に言い訳をして、小さな手間を怠った。

だが、結果的にその判断は正しかった。 浪曲は全てが新鮮で、素晴らしく楽しかったのである。

ある一つの物語を歌と語りで表現するのが浪曲という解釈をしているのだが、まずこの物語が大変面白いのである。浪曲のろの字も知らない私が気が付くと物語に引き込まれ、ひとつの言葉に心動かされていた。手を叩き、笑っていた。

浪曲は明治時代から始まったものだという。150年もの歴史の中で面白い演目を受け継いでいるのだから、それは面白いはずだ。つまらなければ、そんなものは淘汰されてしまうことだろう。

3つの演目を聴きながら、楽しみながら、私はこの面白い演目の数々に触れてみたいと感じた。だが、もし動画やCDなどで触れてしまったとしたら、生で鑑賞したときの感動は薄らいでしまう。知識を付けた状態で鑑賞する楽しみも有るとは思うが、今日のこの感動はもう味わえない。 だとしたら、知るということは果たして良いことなのだろうか。

そんなことに想いを馳せるほど、この2時間で私は浪曲に魅せられていたのである。

これほど楽しい浪曲の世界が有りながら、36年の中で私はその存在に興味を抱く事さえなかった。一体それは何故なのだろう。大江戸線に揺られながら、私はふと考えた。

そして気付いた。ひょっとしたら私は、日本の古くから受け継がれてきた文化を無意識のうちに排除してきたのかもしれない。

誇るべき文化や、楽しみ方を心得た文化、近い友人や有名人が喧伝する文化は素直に受け入れようという気持ちが働くので、よく分からないことや楽しめない要素が出てきてもつまらないという評価を下さずに済む。そして楽しい要素が出てくると、フィルターを掛けずに楽しいと評価することになる。

しかし、興味の無い文化、とりわけ日本文化ということになると、理解が難しい独自の臭い、言い回しや表現、服装などを古臭く感じてしまうので、そもそも入り口にすら入ろうとしないのである。文化独自の臭いを楽しめないハードルとして認識し、興味を持つ持たない以前の段階で排除する。古い文化というだけでイメージだけでハードルが出来てしまう。無意識にレッテルを張ってしまうのである。

それは、日本人だからこそ感じてしまうことなのである。日本人だからこそ自国の文化的背景を理解すればより楽しめるのに、日本人だからこそフラットに見られない。日本人だからこそ、日本の継承された文化を楽しめないということだから、皮肉と言わざるを得ない。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
相撲以外
タグ:
「古い日本文化」という無意識のレッテル
ライムスター
春野恵子
浪曲

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

浪曲と相撲。「古臭い日本文化」という無意識のレッテルをどう乗り越えるか。

稽古総見、8000人もの観客が集まったために「相撲の稽古」を生まれて初めてご覧になる方もおられたようで、
>>可愛がりというのは、やめた方がいいと思います。足で蹴ったり、髷を引っ張ったり、水をかけたり、やりすぎ!
横綱の品格は、どこえやらという感じです‼️
相撲人気で子供達もいますが、見せたくありません。
なんとか、考えていただけませんか?(原文ママ)
>>https://twitter.com/YNihontya/status/859726797222535168

>>伝統の良い部分(型)は残すとしても、直接相撲の技等に必要ない、度を越えた見せつけは時代にそぐわないのでは。ちょっと酷いね。思っちゃいけないけど、悪意でもあるのかと疑惑を持つ自分がいる…
>>https://twitter.com/9GmL6YRhY6xO1j9/status/860073149940998144

>>イジメじゃん。陰湿な感じ。正直引くわあ。
>>https://twitter.com/saitoonnn/status/859841461101056000

相撲の稽古は厳しいもので、「可愛がり」を乗り越えて力士は強くなっていくんだ、と思っていたんですが、2017年だとコンプライアンス違反になるのかなあ。
相撲に限らず、スポーツでも芸能でも、眼を背けたくなるような厳しい稽古・練習が不可欠だと思っていた自分が「古臭い人間」になってしまったのか。

可愛がりの対象となった高安は、
>>「横綱、大関のいる部屋に行った方がいい。自分はもっとかわいがられた方がいいんです」
>>http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1818478.html
って言ってるんだけどなあ。ちょっと考えさせられました。

こんな記事も読みたい

K-1時代のギャラの未払いを精算せず何事もなかったかのように表舞台に立つような人なので、谷川氏が無神経なのは分かっていたが・・・【極上の“T-1二見激情”見参】

「5・8角海老ボクシング」見どころ【角海老-ボクシングコラム】

稽古総見欠席騒動に思う。稀勢の里狂想曲に振り回されるな。【幕下相撲の知られざる世界】

ブロガープロフィール

profile-iconnihiljapk

幕下相撲と、相撲の魅力を多くの方と共有したいということでブログ開設し、5年経過。

相撲などのスポーツライティング、コラム、企画構成など手広く承っております。お気軽にお問合せ下さい。

【過去のお仕事】
・テレビ朝日「サンデーステーション」
・スポーツナビコラム(西岩親方インタビュー)
・現代ビジネス
・週刊Flash
・Palm Magazine
・大相撲ぴあ
・静岡新聞
・SBSラジオ
 への寄稿など多数。

【Mail】
makushitasumo*gmail.com
*はアットマークです。

【Ustream】
http://www.ustream.tv/channel/makusearch
  • 昨日のページビュー:10057
  • 累計のページビュー:12425418

(05月28日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?
  2. 序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。
  3. 史上最強の大関は誰か?歴代大関ランキング 後編
  4. 遠藤の新四股名が決定!「清水川」。この四股名が優れている理由とは?
  5. 土俵態度が物議を醸す白鵬。偉大過ぎる人間:白鵬の影が批判を許さぬ今、横綱審議委員会の真価が問われる。
  6. 琴欧洲の短期間での衰えは、肉体的なものだけではない。引退前に大砂嵐との対戦を希望する理由とは?
  7. 日馬富士への問題発言に見る、守屋氏が横綱審議委員に相応しくない理由。
  8. 稀勢の里は、麻薬だ。
  9. 舞の海さんの排外発言騒動。しかし、実は直後に真逆の発言をしている。どちらが真意か。各自観て判断頂きたい。
  10. 照ノ富士の変化と差別を結びつける前に、考えて欲しいこと。

月別アーカイブ

2017
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss