幕下相撲の知られざる世界

照ノ富士の変化と差別を結びつける前に、考えて欲しいこと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

照ノ富士の変化を批判し、稀勢の里の変化を批判しないのはフェアじゃない。モンゴル人力士に対する人種差別じゃないか。そんな意見をよく目にする。

あれほど素晴らしい感激を産んだ大阪場所の後で、大変残念な話だと思う。そして、稀勢の里を応援する心理をナショナリズムと結びつける記事が掲載された。

その記事のページはこちら。

何故このような意見が後を絶たないのか。相撲と差別、相撲と愛国心を結びつけるのは何故なのか。相撲ファンと大相撲がこのように捉えられるのは、一相撲ファンとして、ライターとして非常に困るので、もう一度このトピックについて書いておきたいと思う。

まず、変化についてだ。

変化の受け止め方は、共感するかしないか。これに尽きるということを、照ノ富士が変化した時に記した。それは、変化した力士が誰か。相手が誰か。互いの状況はいかなるものか。それ次第で是か非か決定する。

照ノ富士の変化が全体的に批判的な受け止め方をされたのは、相手が琴奨菊だったこと、その琴奨菊があと1敗で大関復帰の道が絶たれるということ、照ノ富士自身がここまで大変良い内容で勝利を重ねてきたことなどを総合的に考慮して、無いと判断する方が多かったからだ。

伊勢ヶ濱親方や後援会の方でさえ、照ノ富士の変化については批判的だったと聞いている。彼の苦しさや内情を知る方がそのような受け止め方をするのだから、そこに差別的な意味はなく、フラットに見ても批判的な解釈をされる状況だったということがお分かりいただけると思う。

では、稀勢の里の変化はどうだろうか。大怪我を押して強行出場した千秋楽。とても相撲を取れる状況ではないことが明らかな状態で、前日変化で批判を受けていた照ノ富士との対戦を迎えた。

日刊スポーツの一面で「頼む 頑張れ 稀勢の里」という見出しが踊るほど稀勢の里は痛々しく、感情移入の対象と化していた。つまり、多少のことは大目に見られる状況だったのである。

その結果、瞬間最大視聴率は異例の33パーセントに達した。どれだけの方が、この結果を肯定的に受け止めたかお分かりいただけるだろう。

二つの状況は同じではない。人によって受け止め方は異なるのが、変化というものだ。照ノ富士の場合は批判される要素が重なっており、稀勢の里の場合は肯定される要素が揃っていた。だから、変化という事象に対して一律で同じ反応が出来ないものなのである。フェアさを持ち込むような類のものではないのだ。

そして、外国人力士、特にモンゴル人力士に差別しているのではないか、という意見について向き合ってみようと思う。

さすがに相撲ファン全員が差別をしていないとは言い難い。野次を飛ばす者も居るし、SNSで心無い書き込みをする者も居る。だが、そういう実力行使に出るものはあくまでもごく一部に過ぎない。

一部の人間の過激な行いは、注目を集めやすい。だから、メディア上で強調されやすい。現場に行けば誰でも分かることだが、そんなファンは殆ど居ない。嘘だと思う方が居るならば、国技館に足を運んで欲しい。いや、相撲と差別を結び付けて記事を書こうと思う方が居るならば、現場を見てもらわねばフェアではないと私は思う。フェアさというのは、こういう時に使われるべき概念だ。

私は相撲ファンほど国籍関係なく力士を評価する人種はいないのではないかと考えている。例えば、白鵬を愛し続けてきたことを思い出して欲しい。相撲人気がどん底の頃に矢面に立ち、相撲の強さと素晴らしさを体現し続けてきたことに感謝してきたのだ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
稀勢の里
外国人力士
タグ:
日本出身力士
日本人力士
差別
フェア
稀勢の里の変化
照ノ富士の変化

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「照ノ富士の変化と差別を結びつける前に、考えて欲しいこと。」へのコメント

私も純粋に相撲を楽しんでいる相撲ファンには人種や国籍で差別してるような人はほとんどいないと思っています。

でも一方で未だに日本人と外国人の対立構造で相撲を見ている層も根強く感じることもあります。
分かりやすく感じる瞬間が、日本人力士と外国人力士の取組が決した時です。
歓声とため息の量が明らかに違うなあ、感じたことは筆者さんは経験したことないでしょうか?

照ノ富士の変化でこのことを問題提起するのは筋違いであるとは思いますが、日本人と外国人の対立構造で相撲を見ている層に違和感や不満を感じることは個人的にはあります。

応援しよう

オムレツさんが、「客の低俗性に我慢の限度が来たので5月場所も行くのをやめて、テレビ観戦もしない」と書かれています。気持ちはとてもよくわかります。
でも、相撲ファンをやめずに、これからも見てあげてほしい。
「モンゴル帰れ」の卑劣なヤジに負けず、これからもがんばり続ける照ノ富士を応援してあげてください。でないと、日本人として彼に申し訳ない。
「まあこれは外国人に対する差別ではなく同族意識から来る贔屓なのかも知れませんが…」というオムレツさんの言葉、その通りと思います。
同族意識から来る贔屓はわたしにもあって、やっぱり日本人同士でも地元力士を応援してしまう。これはいかんともしがたいものがあります。
それと、もう一つ付け加えるなら、わたしが別のコメントで書いているように、今回の問題は「マスコミによるあおり」の要素も多分にあります。
2017年3月場所から突然全国の相撲ファンが低俗になったわけではありません。
それまでから客の低俗性はあったし、報道しなかっただけで、もっともっとひどいヤジは行われていました。
今回はそんなヤジの一部を、差別意識に鈍感なスポーツ報知が、「世間の共感」を得るために報道にのせてしまったということなんでしょう。
凶悪犯罪も少年犯罪も、昔と比べると近年は激減しているのに、ほとんどの人が増加していると思ってしまうのは、そんな報道の在り方と関係しています。
ひとつには少年犯罪に対する社会の目が厳しくなったことと、もうひとつは犯罪が減ったからこそ、ひとたび凶悪犯罪が起こればそれがとてもクローズアップされて派手に報道されてしまいます。
視聴率を取るためにはやむを得ないことからも知れませんが(人間はそういうものに飛びつく傾向がありますから)。
でもそういうものが犯罪の抑止力になっているならいいことですし、スポーツ報知の報道はそれはそれで、一つの役割があったのかもしれませんが。
今回のことで、何百年も続く相撲界が突然悪い方に変容したわけではありません。
「ひとりの差別発言をスポーツ報知がとりあげただけ(しかも低俗な理由で)」の話です。

照ノ富士の変化と差別を結びつける前に、考えて欲しいこと。

失礼しました。
管理人様のご自称は、
「相撲評論家」ではなく、「フリーライター」でしたね。

「できましたら、相撲『ライター』として、…ご意見をお願いします」。

に訂正させて頂きます。

「照ノ富士の変化と差別を結びつける前に、考えて欲しいこと。」へのコメント

みなさまの書き込みを興味深く読んでいます。
「モンゴル帰れ」、これを聞き、わたしも言葉を失いました。同じ相撲ファンとして悲しいどころか激しい憤りを感じました。
思えば、相撲界には、このような「暗黒」の歴史が付いて回っています。
「国技相撲」という呼び名自体に、その差別的な構造が含まれていますし、そんな構造に乗っかり、なんの疑問も持たない相撲協会こそ、これらの構造を少しでも打破してほしいと心から願います。
それにしても、誰が言ったか知らない「モンゴル帰れ」をスポーツ報知があえてとりあげたことにも、わたしはそこに意図的なものを感じ、怒りを禁じ得ません。
つまり、世論が「琴奨菊かわいそう」「照ノ富士ひどい」に傾いていたから、みんなの共感を得ようとしてその言葉をなんの疑問もなく新聞に載せてしまった。ここに、新聞社の差別意識に対する鈍感さとか、営業至上主義のようなものを感じます。この辺は、視聴率のためなら「稀勢の里、稀勢の里」って、連日放映するテレビ局も同じスタンスなんだろうけど。
今回は「モンゴル帰れ」の発言が、そんな新聞社に「利用」されたという面も多分にありそうで、だから、言った本人ももちろん悪いけど、そういうノリで見出しを作ってしまったスポーツ報知の体質を責める書き込みがもっとあってもいいと思っていました。
なぜなら、記事になる前に多くの人の目を通過してるはずだし、お偉いさんがゴーサイン出してるはずだから。
何十年と国技館に通っているわたしの実感としては、どっちかって言うと、相撲はヤジは少ない方だと言えます。わたしはボクシングも好きだけど、ボクシングのヤジって相撲の比じゃないです。それを記事にしないだけ。
なんで相撲では記事になり得るのかっていうと、ボクシングのように、単なる「外国人対日本人」の図式じゃないからでしょう。
モンゴル人力士は日本人に混じって生活してます。だからこそ、「モンゴル帰れ」はあまりにもひどい言葉だし、差別の極みと言われても仕方ないわけで。
でも、よく考えると、たった一人の「モンゴル帰れ」を問題にするなら、高安とか稀勢の里をはじめ、その他一部の力士の出自をとやかく言う人もいっぱいいるわけだし、その方が被差別部落の人を差別するような陰湿さとか、根深さを感じます。
目に見えない部分で差別していくわけですから。
お笑いの世界だって、差別的な言動オンパレードです。笑いを取るためには、そのようなことを言ってもよい?言われた方も、そのことで逆に人気が出ちゃう?
お笑い芸人に差別意識がなくても、言った言葉だけで差別か否か判断されるなら、これもヘイトスピーチ?
差別意識に鈍感な新聞社に利用されてしまった「モンゴル帰れ」発言。
わたしは「モンゴル帰れ」発言を今も許せないけど、その「言葉」だけをクローズアップしていくのは物事の判断を狂わすような気がします。
だからと言って、差別問題全体を考えていくのは、あまりに重いし、このブログの趣旨ではありません。
自分の反省としても、この発言だけに熱くならず、そしてそれに乗っかってしまわず、踊らされずにいたいと思っています。
と言っても、この書き込み自体ですでに「踊らされて」いるのですが。
でも、一市民の、もしかしたら熱狂的な琴奨菊ファンが、あるいはどこかの酔っ払いが発したかもしれない発言をとやかく言うよりも、もっと本質的なことがあるに違いないと思っています。
管理人さんの意見は意見として尊重します。それがブログですので。
一部の人が求めてるリクエストに応える必要もないし、わたしは評論家としての管理人さまを求めてはいません。蛇足ながら。

こんな記事も読みたい

照ノ富士、変化に大ブーイング「モンゴル帰れ」に一言【でぷスポ13号館】

稀勢の里の劇的2回目の優勝を契機に、ここ10年の感動的な優勝決定の瞬間を振り返る【名相撲つれづれ草】

亀田知毅が3年ぶりに国内復帰、IBF6位に大差判定勝利【角海老-ボクシングコラム】

ブロガープロフィール

profile-iconnihiljapk

幕下相撲と、相撲の魅力を多くの方と共有したいということでブログ開設し、5年経過。

相撲などのスポーツライティング、コラム、企画構成など手広く承っております。お気軽にお問合せ下さい。

【過去のお仕事】
・スポーツナビコラム
・現代ビジネス【new!】
・静岡新聞
・SBSラジオ【new!】
・大相撲ぴあ
・週刊Flash
・Palm Magazine
 への寄稿など多数。
※最近朝活講師も担当しました。

【Mail】
makushitasumo*gmail.com
*はアットマークです。

【Ustream】
http://www.ustream.tv/channel/makusearch
  • 昨日のページビュー:1089
  • 累計のページビュー:12146525

(04月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?
  2. 序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。
  3. 史上最強の大関は誰か?歴代大関ランキング 後編
  4. 遠藤の新四股名が決定!「清水川」。この四股名が優れている理由とは?
  5. 土俵態度が物議を醸す白鵬。偉大過ぎる人間:白鵬の影が批判を許さぬ今、横綱審議委員会の真価が問われる。
  6. 琴欧洲の短期間での衰えは、肉体的なものだけではない。引退前に大砂嵐との対戦を希望する理由とは?
  7. 日馬富士への問題発言に見る、守屋氏が横綱審議委員に相応しくない理由。
  8. 稀勢の里は、麻薬だ。
  9. 舞の海さんの排外発言騒動。しかし、実は直後に真逆の発言をしている。どちらが真意か。各自観て判断頂きたい。
  10. 照ノ富士の変化と差別を結びつける前に、考えて欲しいこと。

月別アーカイブ

2017
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss