幕下相撲の知られざる世界

変化で照ノ富士が失ったものは、共感である。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ルール上、反則ではない。 食らう奴が悪い。

相撲道の精神に反する。 正々堂々闘え。

毎回人によって見解が異なるが、これは正論で正当化することも、否定することも可能だ。だから私は、この問題について正論を持ち出すのは止めようと思う。

優勝争いのトップを走る照ノ富士。1年半前の怪我以来、精彩を欠き続けている。短い大関としての在位期間の中で、4回目のカド番。8勝と大敗を繰り返しながら、何とか大関を保ってきた力士だ。

ようやく掴んだ浮上のチャンス。絶対に負けられない。ライバルの稀勢の里は、前日怪我を負いながら、それでもまだ優勝を諦めていない。

今日の相手は、琴奨菊だ。大関から陥落し、5敗している。一つも負けられない。これで負けたら、大関復帰は極めて厳しいだろう。人生を賭けた大一番が、まさにこの取組である。

そういう状況で照ノ富士は変化し、勝利した。

変化に関する論点は、論点は非常に単純だ。 共感するか、否か。 ただそれだけだ。

私は、共感しなかった。 共感するはずがなかった。

一度突っ掛けた末に、しかも闘争心を剥き出しにしておいての変化。私はこれを卑怯と捉えた。そして、この結末を大変つまらないものだと感じた。

照ノ富士の苦難を知る方からすると、この解釈に対して真っ向から反論するかもしれない。だが、照ノ富士の苦難をメディアを通じて知り、ここまでの13日間で復活を遂げた姿に目を細めていた程度の理解の私からすると、照ノ富士寄りの見解が全て壊れる一番だったように思う。

全ての人の共感を集める変化など、この世に存在しないと私は思う。一つの勝負で勝利を呼び込む代わりに、大切なものを失う可能性もある。いや、大切なものを失うのだ。

それでも勝ちたい者だけが、変化をすれば良いと思う。非常に近い者だけが共感する力士になるが、そのことを責めてはいけない。変化はそれほど退屈なものなのだ。そして、そういう精神性を持った力士に対して、人は厳しいのである。

重要な一番での変化を、人は忘れない。2015年9月場所の鶴竜。そして、2016年3月場所の白鵬の取組は記憶に新しい。

自らにレッテルを貼る行為。 それが、変化なのだ。

照ノ富士は確かに、以前から要所で変化をしてきた力士だ。だが、この場面でも変化をしたこと。それが残念でならない。

私はこれから、照ノ富士をそういう目で見ることになる。照ノ富士に対する信頼が回復することはあるのだろうか。あらゆる行為を、変化するような精神性に結びつけて語ることになると思う。だからこそ、今日のような一番で変化してはならなと私は思うのである。

もう昨日には戻れない。これからも変化と照ノ富士を結びつけてしまうこと。それがたまらなく残念なのだ。

◇Facebookサイト◇ 幕下相撲の知られざる世界のFacebookページはこちら。

◇Instagram◇ 幕下相撲の知られざる世界のInstagramページはこちら。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
大関
タグ:
琴奨菊
照ノ富士
非常に近い者だけが共感する力士
共感するか、否か
自らにレッテルを貼る行為
全ての人の共感を集める変化など、この世に存在しない

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

変化で照ノ富士が失ったものは、共感である。

「共感しない」と書いてくれるからこそ、このブログはおもしろい。本音の中に本質を感じることも多い。すべての力士に中立に書こうと言葉を選ぶブログのなんとあじけないことか。
解説者もしかり。北の富士さんが人気あるのは堂々と自分の感情を出してるから.でも、そんな中に力士や相撲に対する愛情も感じるわけです。そこから素人のわたしたちは本質が見えてくるわけです。
実際、管理者さまが「共感しない」という“主観”を述べたことで、わたしはあなたのステキな意見が聞けました。
わたしは、あなたの意見には「共感」できなかったけど、でも、とっても尊重します。
そしてあなたの意見に賛同する人がいっぱいいるはずです。
そうやって本質をみんなで考えていくわけです。
これが「弁証法」のやり方です。
対立しないと物事を深く考えようとはしなくなる。
そういう意味で、このブログは、そしてあなたの意見はすばらしい。

変化で照ノ富士が失ったものは、共感である。

結局、日本人とモンゴル人という差異が大きいと思う。

逆に稀勢の里が変化しまくって勝っても、ここまで叩かれない。

日本人に勝ってほしい気持ちはわかるが、もし照ノ富士が日本人だったらと思うと、
モンゴル人があまりにも可哀想な気もする。

変化で照ノ富士が失ったものは、共感である。

私は肯定します、そう、積極的に。もろ手を挙げて賛成し共感します、照ノ富士の変化に。
千秋楽は、両者のケガの状況や待った連発の展開、それら勝負の綾も含めて、稀勢の里が照ノ富士のなお上を行っただけです。
土俵に上がるすべての力士に対して共感します。それがこのブログなのではないですか?「共感しない力士がいる」などと曲がりなりにもメディアとして相撲に携わっている方が書いていい言葉ではありません。

変化で照ノ富士が失ったものは、共感である。

この力士は今後何度優勝しても横綱に推挙してはいけない。この品性の汚さ、力士道の冒涜、早く廃業させるべきだ。。

こんな記事も読みたい

稀勢の里よ、見せてくれ。満身創痍で土俵に立つ意味を。【幕下相撲の知られざる世界】

新日本プロレス 佐々木健介対川田利明初対決、全日本プロレス 川田&天龍10年ぶり復活 パンフ、新日本取材拒否中の観戦記 週刊プロレス増刊号【極上の“T-1二見激情”見参】

今場所の総括と来場所の展望!?【Kaipopo】

ブロガープロフィール

profile-iconnihiljapk

幕下相撲と、相撲の魅力を多くの方と共有したいということでブログ開設し、5年経過。

相撲などのスポーツライティング、コラム、企画構成など手広く承っております。お気軽にお問合せ下さい。

【過去のお仕事】
・テレビ朝日「サンデーステーション」
・スポーツナビコラム(西岩親方インタビュー)
・現代ビジネス
・週刊Flash
・Palm Magazine
・大相撲ぴあ
・静岡新聞
・SBSラジオ
 への寄稿など多数。

【Mail】
makushitasumo*gmail.com
*はアットマークです。

【Ustream】
http://www.ustream.tv/channel/makusearch
  • 昨日のページビュー:1260
  • 累計のページビュー:12478157

(06月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?
  2. 序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。
  3. 史上最強の大関は誰か?歴代大関ランキング 後編
  4. 遠藤の新四股名が決定!「清水川」。この四股名が優れている理由とは?
  5. 土俵態度が物議を醸す白鵬。偉大過ぎる人間:白鵬の影が批判を許さぬ今、横綱審議委員会の真価が問われる。
  6. 琴欧洲の短期間での衰えは、肉体的なものだけではない。引退前に大砂嵐との対戦を希望する理由とは?
  7. 日馬富士への問題発言に見る、守屋氏が横綱審議委員に相応しくない理由。
  8. 稀勢の里は、麻薬だ。
  9. 舞の海さんの排外発言騒動。しかし、実は直後に真逆の発言をしている。どちらが真意か。各自観て判断頂きたい。
  10. 照ノ富士の変化と差別を結びつける前に、考えて欲しいこと。

月別アーカイブ

2017
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss