幕下相撲の知られざる世界

稀勢の里よ、見せてくれ。満身創痍で土俵に立つ意味を。

このエントリーをはてなブックマークに追加

復帰するのは、5月だろうか。 それとも、7月だろうか。 場合によっては、9月ということさえもある。

いずれにしても、重症であることは間違いない。時間を掛けて治すしかない。怪我を克服するという、新たな試練の幕開けになる。そう考えたからこそ、私は昨日の記事のタイトルを「這い上がれ、稀勢の里。」とした。

だから、今日のニュースは寝耳に水と言って良いものだった。そう。稀勢の里は、強行出場を決断したのである。

さすがにそれは無理だろう。 危険過ぎる。

第一、相撲が取れるとは思えなかった。全治数ヶ月が疑われる怪我を負いながら、翌日の土俵に立つ。そんなことが出来るはずがない。

稀勢の里の強い意志で、強行出場は決まったのだと言う。相撲を取ること自体が難しい状態であるにもかかわらず、それでも相撲を取るという決断を私は到底支持することが出来なかった。

力士としての生命を確実に縮めることになるし、この状態で横綱を相手に勝つことは難しい。そして何より、観ていて辛いのだ。一体どこに出場する理由が有るのか。私にはそれが分からなかった。

ただ、そんなことは稀勢の里自身が一番わかっているはずだ。それでも、出場するのである。その決断は、重いと私は思う。

横綱として、土俵に立つことはそれほど重要なことなのか。重症を負いながらも、休む方が辛いのだ。これだけ追い詰められながらも、見せたい相撲がある。

だとしたら、稀勢の里は一体どのような相撲を見せるのか。次第に私はそれが気になり始めた。今の稀勢の里の相撲を見てみたい。そんな感情が芽生え始めていた。

もしかすると、大変なことが起きるかもしれない。この状況だからこそ、とんでもないドラマを目の当たりにするかもしれない。稀勢の里の決断にかつての貴乃花を見たのかもしれない。

そこに私が愛した凡人としての稀勢の里は居なかった。何かもっと、高潔な横綱としての覚悟と生き様があるように思えたのだ。

稀勢の里はいかに勝つのか。 そして、いかに敗れるのか。

勝利を期待しながら、そんなに甘いものではないだろうとも考えた。ならば、事実を受け止めるしかない。それが、稀勢の里の決断なのだから。

不甲斐ない取組が続くのであれば、その決断は考えものだ。だから、今日のような結果が出続けるのであれば、出場するという選択は支持し難いと思う。

今日の私の期待感は、満身創痍の稀勢の里が何かを伝えようとしていて、それが何かを感じ取りたいと考えていたからこそのものだった。その何かが伝わらなければ、結局怪我人が無茶をしているだけになってしまう。

本来であれば、千秋楽を休むべきだと私は思う。ただもし、出場を決断したならばそこから何かを見せて欲しい。それでも土俵に立ち続ける意味を、横綱の重みを、私は観たいのである。

千秋楽。 稀勢の里はいかなる決断をするのか。 出るならば、私はもう目を背けない。

◇Facebookサイト◇ 幕下相撲の知られざる世界のFacebookページはこちら。

◇Instagram◇ 幕下相撲の知られざる世界のInstagramページはこちら。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
稀勢の里
タグ:
凡人としての稀勢の里
横綱の重み
満身創痍で土俵に立つ意味
稀勢の里

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

稀勢の里よ、見せてくれ。満身創痍で土俵に立つ意味を。

とても見識のあるブログに共感を覚えています。
稀勢の里さんは、右を使い試合に勝ちました。
試合前の両親の姿を拝見した時に、「悪化させるなら意味はない」と苦言をされ、稀勢の里さんも「それはしないよう約束する。」とお聞きになったのではないか?と感じてしまうほどご両親のお姿は落ち着いておられたように私には感じられました。
もし、稀勢の里さんが右を使うことに徹底する作戦を練ったのであれば、それは彼の頭脳の高さと普段の練習量の賜物だと思いました。
彼は明日から治療に専念すると言っています。私は、あの方は自分の生き方を持っておられると思います。
これから、どうように治療し、どのような場所を作り上げられるのか本当に楽しみです。
なぜなら彼の考えていること、生き様から沢山のことを私が学びたいからです。

稀勢の里よ、見せてくれ。満身創痍で土俵に立つ意味を。

nihiljapkさん、おめでとう!稀勢の里やりました!
実は、ずっとnihiljapkさんの書き込みに大共感してきた私でしたが、今回だけはちょっと違う意見を持っていました。

「もしかすると、大変なことが起きるかもしれない。この状況だからこそ、とんでもないドラマを目の当たりにするかもしれない。稀勢の里の決断にかつての貴乃花を見たのかもしれない。」

「本来であれば、千秋楽を休むべきだと私は思う。ただもし、出場を決断したならばそこから何かを見せて欲しい。それでも土俵に立ち続ける意味を、横綱の重みを、私は観たいのである。」

わたしはそこまで思えませんでした。
とにかく稀勢の里に休んでほしかった。
でも、休めと言っても稀勢の里は聞く人ではないから仕方がない。
だからわたしは、出場するならせめてケガを悪化させないようにあっさり負けてほしかった。
そう、鶴竜戦のように。
わたしが稀勢の里に対して負けるように願うのは、はじめてことでした。

こんなドラマが見れようとは!
40年数年間相撲を見続けて初めてでした。
いや正確に言えば2度目でした。
貴ノ花以来の「奇跡」でした。
いみじくも稀勢の里本人がインタビューで言ってました。
「見えない力が働いた」と。
相撲は、肉体と精神の両方でとるものだと改めて思いました。
本当に稀勢の里おめでとう。

それにしても千秋楽を阿佐ヶ谷で一緒に見れたみなさまが本当にうらやましい!

稀勢の里よ、見せてくれてありがとう。

その 意味を今日しっかりみました。
こんなことが起こるとは 全く。。。
照の富士 が 批判覚悟で勝ちに
こだわり 稀勢の里は 勝負度外視
で 横綱の面目にこだわった。
結果は あまりに日本人的であった。 

稀勢の里よ、見せてくれ。満身創痍で土俵に立つ意味を。

敢えて厳しく言う。たとえ本人がどれだけ望もうとも、周囲が縛り付けてでも止めるべき案件と思う。悪化しないことを祈るばかりです。

こんな記事も読みたい

新日本プロレス 佐々木健介対川田利明初対決、全日本プロレス 川田&天龍10年ぶり復活 パンフ、新日本取材拒否中の観戦記 週刊プロレス増刊号【極上の“T-1二見激情”見参】

今場所の総括と来場所の展望!?【Kaipopo】

千秋楽に向けての心づもり【名相撲つれづれ草】

ブロガープロフィール

profile-iconnihiljapk

スポーツライター:西尾克洋が運営しております。相撲などのスポーツライティング、コラム、企画構成など手広く承っております。お気軽にお問合せ下さい。

【過去のお仕事】
・日本テレビ「超問!真実か?ウソか?」(2017年6月)
・テレビ朝日「サンデーステーション」(2017年5月)
・スポーツナビコラム:西岩親方インタビュー(2016年3月)
・現代ビジネス(2017年2月)
・ビジネスジャーナル(2017年9月)
・週刊Flash(2017年1月)
・Palm Magazine(2010年)
・大相撲ぴあ(2015年12月)
・静岡新聞(2015年10月)
・SBSラジオ(2017年3月)
 への寄稿など多数。

【Mail】
makushitasumo*gmail.com
*はアットマークです。

【Ustream】
http://www.ustream.tv/channel/makusearch
  • 昨日のページビュー:13392
  • 累計のページビュー:12996328

(09月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?
  2. 序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。
  3. 史上最強の大関は誰か?歴代大関ランキング 後編
  4. 遠藤の新四股名が決定!「清水川」。この四股名が優れている理由とは?
  5. 土俵態度が物議を醸す白鵬。偉大過ぎる人間:白鵬の影が批判を許さぬ今、横綱審議委員会の真価が問われる。
  6. 琴欧洲の短期間での衰えは、肉体的なものだけではない。引退前に大砂嵐との対戦を希望する理由とは?
  7. 日馬富士への問題発言に見る、守屋氏が横綱審議委員に相応しくない理由。
  8. 稀勢の里は、麻薬だ。
  9. 舞の海さんの排外発言騒動。しかし、実は直後に真逆の発言をしている。どちらが真意か。各自観て判断頂きたい。
  10. 照ノ富士の変化と差別を結びつける前に、考えて欲しいこと。

月別アーカイブ

2017
09
07
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss