幕下相撲の知られざる世界

這い上がれ、稀勢の里。

このエントリーをはてなブックマークに追加

見る前に、結果を知った。 その取組を見ようとはとても思えなかった。 今日の相撲さえも、見る気は起きなかった。

そう。 今日の稀勢の里である。

仕事をしながらも、気が乗らなかった。連休明けだったので、仕事は山ほどある。だが、没頭できなかった。声のトーンが重いと指摘されて初めて自分がその結果を引きずっていることに気づいた。

最初は優勝が無くなったということに対して、そして、春場所の見所がひと段落したことを考えて、大変残念な気分になった。あそこまで上手くいっていたのに、一つの敗戦によって全てが台無しになったことがショックだった。

だが、脱臼というワードが踊る中で、事の重大さに気づいた。これは春場所の優勝とか、そういう次元で済む問題ではない。完成しかけた、横綱としての稀勢の里の相撲が壊れるかもしれない。

いきなり私は、不安になった。もうあの相撲は見られないのか。仮に見られたとしても、それを15日間続けることは難しいのではないか。完成しかけた、稀勢の里の横綱と相撲はもう見られないのだろうか。

相撲の神様が居ないということを、私はその時に思った。もしそのような者が居るならば、そもそも12回も優勝を掴み損ねさせるようなマネはしないではないか。そしてようやく掴んだ横綱初場所で、このような酷い仕打ちはしないのではないか。私は憤った。

だが、その一方で考えた。 もしこれが1場所遅れていたら、どうだったのだろうか。

あれほど望んでいた優勝も、目前で潰えていた。夢にまで見た横綱の座も、手中に収めることはなかったかもしれない。怪我と共に生きる大関として、力士人生を終えていたかもしれない。

考えて欲しい。もし大関時代にこの怪我をしていたとしたらどうだっただろうか。仮に筋断裂だとしたら、復帰までどれだけの歳月を要していたのだろうか。大関の地位を守ることは出来たのだろうか。強行出場していたならば、元の相撲が戻る可能性は有ったのだろうか。

稀勢の里は横綱だからこそ、治す時間が十分与えられる。長期間の休場は、直後の成績次第で進退という話に発展することにはなるが、このようなチャンスは横綱でなければ得ることが出来ない。

怪我をしたことは不幸なことだ。だが、タイミングを考えると最悪ではなかった。むしろ、悪い中では良い部類にさえ入るのではないだろうか。私は考えを整理しながらそんなことを考えていた。

稀勢の里は、不運な力士だと思う。日本人力士として永らくナンバーワンの存在でありながら、辛酸を舐め続けた。これほど外国人力士が多い時代でなければ、もっと早く横綱になっていたかもしれない。そして、過剰な期待を集めることも無かったのかもしれない。

過剰な期待が稀勢の里を蝕み、大関昇進が遅れた。先代の親方に大関昇進の姿を見せることは無かった。そして、綱取りが遅れたことによって若の里が土俵入りの脇を固めることも無かった。現役生活が長くなるに連れて、勲章ではなく傷ばかりが増えるようになった。

ただ、それは不運とは言い難いとも思う。

こういう時代だからこそ、稀勢の里は強くなれた。モンゴル人力士たちが席巻する時代だからこそ、現状に甘えることなく素晴らしい相撲が取れるようになったのだと思う。

更には、こういう時代だからこそ、稀勢の里は特別な存在になることが出来た。優勝を重ねることは力士として目指すべき姿だとは思う。だが、優勝を重ねたどんな力士よりも、その一挙手一投足を注目され、期待を集め、生き様に共感を集める。そういう存在になることが出来た。

稀勢の里の土俵人生に於けるあらゆる事象は、コインの表と裏が有ると私は思う。良いことばかりではないが、悪いことばかりではない。今起きている不運が明日の何かに繋がるのであれば、必ずしもそれは不運とは言えないのではないかと私は思う。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
稀勢の里
タグ:
怪我は不運なことだ。だが、不幸ではない。
不運
筋断裂
脱臼
コインの表と裏
這い上がれ
稀勢の里

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

這い上がれ、稀勢の里。

全く同じことを考えていました。もし、これが大関時代に起こっていたら、もっと言えば先場所であったなら…と考えると、今回のタイミングは不幸中の幸い以外何ものでもないと。
ゆっくり休んで体を治してほしい…と思っていたら強行出場のニュース。驚きました。
責任感が強く忍耐強い稀勢の里の判断がそうさせたのでしょうが、相撲人生を考えるとファンとしては休んでほしいです。止める人がいなかったのか。先代師匠でないと止められないのか…。
ケガをきっかけに相撲が変わる力士がいます。そして以前以上に力を発揮できるようになる力士もいます。稀勢の里にはぜひそうあってほしいです。

こんな記事も読みたい

【大相撲】今日の結びの一番について【西の落伍家】

観戦記1286 WBCスーパーフライ級王座戦 ローマン・ゴンサレスvsシーサケット・ソールンビサイ【人生マイペンライ】

荒れない春場所~無事是名馬稀勢の里の独走でフィナーレを迎えるのか~ ⇒一転して荒れそうな春場所【名相撲つれづれ草】

ブロガープロフィール

profile-iconnihiljapk

幕下相撲と、相撲の魅力を多くの方と共有したいということでブログ開設し、5年経過。

相撲などのスポーツライティング、コラム、企画構成など手広く承っております。お気軽にお問合せ下さい。

【過去のお仕事】
・テレビ朝日「サンデーステーション」
・スポーツナビコラム(西岩親方インタビュー)
・現代ビジネス
・週刊Flash
・Palm Magazine
・大相撲ぴあ
・静岡新聞
・SBSラジオ
 への寄稿など多数。

【Mail】
makushitasumo*gmail.com
*はアットマークです。

【Ustream】
http://www.ustream.tv/channel/makusearch
  • 昨日のページビュー:12606
  • 累計のページビュー:12364910

(05月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?
  2. 序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。
  3. 史上最強の大関は誰か?歴代大関ランキング 後編
  4. 遠藤の新四股名が決定!「清水川」。この四股名が優れている理由とは?
  5. 土俵態度が物議を醸す白鵬。偉大過ぎる人間:白鵬の影が批判を許さぬ今、横綱審議委員会の真価が問われる。
  6. 琴欧洲の短期間での衰えは、肉体的なものだけではない。引退前に大砂嵐との対戦を希望する理由とは?
  7. 日馬富士への問題発言に見る、守屋氏が横綱審議委員に相応しくない理由。
  8. 稀勢の里は、麻薬だ。
  9. 舞の海さんの排外発言騒動。しかし、実は直後に真逆の発言をしている。どちらが真意か。各自観て判断頂きたい。
  10. 照ノ富士の変化と差別を結びつける前に、考えて欲しいこと。

月別アーカイブ

2017
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss