幕下相撲の知られざる世界

闘え、豊ノ島。

このエントリーをはてなブックマークに追加

頑張れ。 もう一度上がってきてほしい。

私はアキレス腱を断裂した豊ノ島に対して、現役続行を決めた時にそう思っていた。

その気持ちに偽りはない。だが、豊ノ島だ。あの、豊ノ島である。33歳になろうとも、1年前に幕内総合優勝を争った実力者なのだから、コンディションが戻らなくても性能の差で圧倒してしまうだろう。そう考えていた。

苦しい闘いになるとは思っていたが、その相手は自分自身になると考えていた。気持ちを切らさずに、自分に負けずにコンディションを整えることこそ、豊ノ島が直面する勝負になると思っていた。そして、その闘いには確実に勝てると思っていた。復帰場所は優勝するか否か。怖いのは、勢いに乗る大卒力士くらいだ。

だから、豊ノ島はすぐに戻ってくるだろう。豊ノ島が幕下に居るという非常事態を目の当たりにしながらも、元の番付への復帰は時間の問題だろうというのが私の見解だった。

甘かった。

私の見立ては、甘かった。 恐らくその甘さは、大きく分けて二つ有る。

一つは、豊ノ島のコンディションだ。

思った以上に豊ノ島の状態は良くない。好調であれば横綱も大関も二本刺して持っていく豊ノ島が、自分の形に持ち込めない。そして、持ち込んでもなかなか決まらない。

私の知っている豊ノ島の相撲は、幕下に落ちてから一度も見てはいない。「全盛期を彷彿とする」と評されるような、怪我前の豊ノ島が取るような相撲を私はまだ見ていない。

そしてもう一つは、幕下上位のライバルの実力である。 そう。 彼らは想像以上に強いのである。

たとえ豊ノ島であっても、昔の名前で勝てるほど幕下上位は甘くはない。幕下の厳しさと切なさに触れ続けてきた私でさえ、この番付で苦戦する豊ノ島は想像できなかった。

対戦相手には豊ノ島を相手にいい相撲を取ってほしいと思っていた。だが彼らは、いい相撲どころか豊ノ島に牙を剥き始めた。

九州場所は、4勝。 初場所は、6勝。 2場所での関取復帰は叶わなかった。

そして、場所前の怪我が原因で休場を余儀なくされた今場所。復帰した豊ノ島は、まだ勝てていない。今のところ、0勝5敗と同等の成績である。

たとえ豊ノ島であっても、コンディションが整わなければ勝つことさえもままならない。それが、2017年の幕下の実情だ。もはや幕下は足りない者達の人間交差点という位置付けではない。闘えるところまで戻さなくては、幕下では勝てないのだ。

豊ノ島には一刻も早く、関取に戻ってほしい。 いや、元居た番付まで戻ってほしい。 ただ、今の幕下はこうなのだ。

そして、十両は更に厳しい。同じくアキレス腱を断裂した安美錦が、復帰4場所目で厳しい戦いを強いられているからだ。

豊ノ島には時間がない。 じっくり休むだけの猶予は残されていない。 だが幕下も十両も、今のままでは勝てない。

時天空の死という重過ぎる十字架を背負い、過酷な運命に立ち向かう覚悟を決めた豊ノ島ではあるが、想いだけでは勝てないのが今の幕下上位である。死の病に直面した時天空と比べれば、相撲が取れる自分はまだやれるし、諦めてはいけない。そう考えるのは当然のことだと思う。

乗り越えていく豊ノ島は観たい。だが想いが強いために、想いに殉じていく豊ノ島は観たくない。今の豊ノ島は、非常に厳しい立場であることは間違いない。

休まずに、勝つ。 出来るだけ番付を落とさずに、5月場所を迎える。 豊ノ島に出来ることは、それだけだ。

次の相手は恐らく天鎧鵬だ。 全敗同士の対戦で闘う相手ではない。 そして、幕下上位で闘う相手ではない。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
幕下力士
タグ:
幕内総合優勝を争った実力者
幕下
関取復帰
全盛期を彷彿とさせる
安美錦
時天空
闘え、豊ノ島

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

闘え、豊ノ島。

今場所の豊ノ島の相撲は正視できない。右足のケガが予想以上に悪いようだ。
あと2番、天鎧鵬(彼が5連敗なのも信じられないが)と幕下の不成績の力士だろうが、もう勝ち負けは関係ない。無事土俵から降りてくれればいい。
あとは豊ノ島自身の覚悟と決断の問題だ。もう何も口出しできない。

こんな記事も読みたい

【プロレス】春男となった柴田勝頼。約束を果たしにオカダの元へ。【西の落伍家】

ローマン・ゴンザレスの敗退は井上に大きな影響&ゴロフキンは勝ったけど【雨の日の日曜日は・・・スポーツ別館】

プロレス総選挙【プロレスファンタジスタン】

ブロガープロフィール

profile-iconnihiljapk

幕下相撲と、相撲の魅力を多くの方と共有したいということでブログ開設し、5年経過。

相撲などのスポーツライティング、コラム、企画構成など手広く承っております。お気軽にお問合せ下さい。

【過去のお仕事】
・スポーツナビコラム
・現代ビジネス【new!】
・静岡新聞
・SBSラジオ【new!】
・大相撲ぴあ
・週刊Flash
・Palm Magazine
 への寄稿など多数。
※最近朝活講師も担当しました。

【Mail】
makushitasumo*gmail.com
*はアットマークです。

【Ustream】
http://www.ustream.tv/channel/makusearch
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:11954331

(03月28日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?
  2. 序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。
  3. 史上最強の大関は誰か?歴代大関ランキング 後編
  4. 遠藤の新四股名が決定!「清水川」。この四股名が優れている理由とは?
  5. 土俵態度が物議を醸す白鵬。偉大過ぎる人間:白鵬の影が批判を許さぬ今、横綱審議委員会の真価が問われる。
  6. 琴欧洲の短期間での衰えは、肉体的なものだけではない。引退前に大砂嵐との対戦を希望する理由とは?
  7. 日馬富士への問題発言に見る、守屋氏が横綱審議委員に相応しくない理由。
  8. 稀勢の里は、麻薬だ。
  9. 舞の海さんの排外発言騒動。しかし、実は直後に真逆の発言をしている。どちらが真意か。各自観て判断頂きたい。
  10. 白鵬会見拒否の謎。我々はあの場で日馬富士に声援を上げぬべきだったのだろうか?配慮と気持ちの狭間でいかに振る舞うべきなのか。

月別アーカイブ

2017
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss