幕下相撲の知られざる世界

何故若手力士は、四つ相撲を取らないのか。後編

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の相撲を観て思うこと。それは、 四つ相撲を取る力士が激減しているということだ。

前を捌いての速攻もいい。 きっぷの良い突き押しも好きだ。

だが、コンディションに左右されるのがスピード相撲の特徴だ。逆に、相撲の流れの中で逆転の機会が多く残されているので、成績が安定しやすいのが四つ相撲の特徴と言えるだろう。怪我も相対的に少ないので、15日をトータルで見た時の安定感もさることながら数年先を見据えた上での安定感ももたらすことになる。

速い相撲が悪いわけではない。むしろこれは向き不向きがあるので、自分に有ったスタイルを選択することが重要だと思う。

ただ、四つ相撲が近年姿を消しつつある実情を考えると、四つ相撲に適性の有る力士が可能性を閉じられることもありうるのでは無いだろうか。これは大変勿体無いことだ。

ではなぜ、四つ相撲は激減しているのか。関係者に話を聞いてみると、実に興味深い回答が有った。

まず私は、アマチュア相撲の指導者の方に話を聞いてみた。力士としてのルーツは、アマチュア相撲に有る。アマチュア相撲に於ける四つ相撲とは、今どのような状況なのだろうか。

私はこの質問をぶつけてみた。彼は四つ相撲が激減していることに同意しながら、こんな話をしてくれた。

「今、四つ相撲を教えられる指導者が居ないんですよ。」

そもそも教えられないのであれば、四つを勧めることも出来ない。なるほど。そういうことか。

考えてみると、指導者の多くは五十代以下だ。学生相撲を経験している方が大半を占めているのだが、その学生相撲に目を向けてみると、30年前から既にスピード相撲が主流なのである。

出島も武双山もそうだが、この時代から既に学生相撲出身力士は四つ相撲が主軸ではない。そして2017年の相撲界でも四つ相撲主体のスタイルの力士は、宝富士くらいしか居ないのである。

相撲というのは少し特殊で、学校や指導者のスタイルに力士が合わせる形を取る。故に学生時代に突き押し相撲を覚えた場合、突き押しが伸ばせる相撲部屋を選ぶことになる。

今の指導者が現役の頃から四つ相撲を選択していないのだから、当然彼らは四つではなく自分の形を生徒に伝えることになる。学生相撲出身者が草の根レベルで増えていることが、今の相撲の潮流を生み出している要因であるとは思いもよらなかった。

では、プロの世界に入るとどうなるのだろうか。元力士の方に同じ質問をしてみると、彼はこう答えた。

「四つはいつでも取れるから、前に出る相撲を先に覚えさせるんです。番付が上がってから四つを取ろうとすると、『まだ早い』と言われる。気がつくと自分のスタイルが出来ていて、もう四つを取れなくなっているんですよ。」

確かに、貴乃花部屋の双子についても同じ話を聞いたことがある。

彼らの場合は四つを活かすために突っ張りを磨いているそうだ。貴源治と貴公俊は若手の中でも数少ない四つ相撲の使い手であり、師匠である貴乃花親方が四つ相撲のノウハウを持つのでこういうことができる。彼らに対する期待が大きいのは単に若いだけでなく、四つが取れるという強みが有るからでもあると思う。

ただ、他の相撲部屋ではなかなかそうはいかないのが実情だ。アマチュア時代のベースが突き押しであれば、歳を重ねれば重ねるほど新しいスタイルを構築しづらくなるのは致し方ないことだろう。

相撲部屋の師匠の立場を考えると、前に出る相撲を磨いた上で四つというのは正しい方針だと思う。出る力が有って初めて四つが活きるのだから、それは当然のことだ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
最新相撲事情考察
タグ:
貴乃花部屋
貴公俊
貴源治
四つはいつでも取れる
四つ相撲
突き押し相撲

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

何故若手力士は、四つ相撲を取らないのか。後編

四つを活かすために突っ張りを磨く、というのは意外中の意外でした。
四つから入らないのは昔も同じだと思いますが、はず押しから入って、おっつけと腕をかえす、いうのが基本中の基本だと思っていました。
突っ張りからって,,,腰高のクセがつきそうでしっくりこないですね。

何故若手力士は、四つ相撲を取らないのか。後編

個人的なことで申し訳ないが、2011年の11月に入院していた。
ちょうど九州場所の最中だったので、幕下・十両の相撲も見ていたのだが、十両の力士の半分ぐらいが170㎝代の中アンコで、引き叩き狙いの突き押し相撲ばかりでウンザリした記憶がある。
この場所、幕内では若荒雄が生涯唯一の敢闘賞を獲得した。「引き叩き狙いの突き押し相撲」の典型的な力士だった。

結局、身長が180㎝以上あって身体能力もある若い子=四つ相撲向きの子は、サッカーや野球に取られてしまうのではないか。独立予定の西岩親方とか鳴戸親方とか、嘉風や白鵬の内弟子とされる子の画像をネットで見たが、みんな170㎝そこそこの小さい体だ。
最近、小柳とか朝乃山とか、身長もある若手が十両に上がってきたので、また大相撲の流れも変わるかも知れないが。

こんな記事も読みたい

服部桜と澤ノ富士のライバルは、6回目の対戦【ゆきちのすぽーつこらむ】

観戦記1285 Krush.74 58kg級王座戦 小澤海斗vsユン・チー【人生マイペンライ】

岡田、比人ボクサーをKO撃破で地域タイトル挑戦へ【角海老-ボクシングコラム】

ブロガープロフィール

profile-iconnihiljapk

幕下相撲と、相撲の魅力を多くの方と共有したいということでブログ開設し、5年経過。

相撲などのスポーツライティング、コラム、企画構成など手広く承っております。お気軽にお問合せ下さい。

【過去のお仕事】
・テレビ朝日「サンデーステーション」
・スポーツナビコラム(西岩親方インタビュー)
・現代ビジネス
・週刊Flash
・Palm Magazine
・大相撲ぴあ
・静岡新聞
・SBSラジオ
 への寄稿など多数。

【Mail】
makushitasumo*gmail.com
*はアットマークです。

【Ustream】
http://www.ustream.tv/channel/makusearch
  • 昨日のページビュー:12606
  • 累計のページビュー:12364910

(05月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?
  2. 序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。
  3. 史上最強の大関は誰か?歴代大関ランキング 後編
  4. 遠藤の新四股名が決定!「清水川」。この四股名が優れている理由とは?
  5. 土俵態度が物議を醸す白鵬。偉大過ぎる人間:白鵬の影が批判を許さぬ今、横綱審議委員会の真価が問われる。
  6. 琴欧洲の短期間での衰えは、肉体的なものだけではない。引退前に大砂嵐との対戦を希望する理由とは?
  7. 日馬富士への問題発言に見る、守屋氏が横綱審議委員に相応しくない理由。
  8. 稀勢の里は、麻薬だ。
  9. 舞の海さんの排外発言騒動。しかし、実は直後に真逆の発言をしている。どちらが真意か。各自観て判断頂きたい。
  10. 照ノ富士の変化と差別を結びつける前に、考えて欲しいこと。

月別アーカイブ

2017
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss