幕下相撲の知られざる世界

白鵬休場。衰えより強さの記憶が勝る凄みを考える。

このエントリーをはてなブックマークに追加

白鵬が2敗目を喫した。 そして、5日目から休場することになった。

その決定は驚きをもって受け止められている。 8年間休まずに本場所に立ち続けてきた大横綱が、およそ1年半で3回も休場しているのだから。そして、この10年あまりの横綱在位の中で優勝も準優勝も無いのは8度目だが、その5回が今連続して発生しているのだから、驚くのは当然のことだ。

この受け止め方は、二分されているといっていいと思う。強かった頃の白鵬に戻ってきてほしいという思いが先行する人と、最近の白鵬を衰えたと捉える人である。

しかし人は何故、一時代を築いた大人物の変化を衰えと捉えたがるのだろうか。それは一時代の中に閉塞感を覚え、時代に変化を求めるからであろう。

人は、新しい時代を歓迎する。だが一方で、新しい時代が続くと新しさに慣れてしまう。その新しさはすぐに陳腐化し、更なる変化を求めることになる。

人物が素晴らしくても、相撲内容が圧倒的でも、素晴らしさが続くとそれは素晴らしいとは感じなくなる。素晴らしさを理屈で認めていても、先に立つのは素晴らしさに押されて変化しないことに対する不満である。

白鵬は、確かに素晴らしい。土俵上でも、土俵を降りてもその評価は変わらない。だが素晴らしさに慣れたために、その素晴らしさに目を向けにくいことも事実だ。

白鵬が衰えたかどうかは、分からない。成績が高い次元で低下するのを見て、過去にも衰えを指摘する声は有った。だが、白鵬は今の白鵬に合った相撲を取ることによって新たな全盛期を迎えるに至った。

そもそも衰えを口にするのは力士に失礼なことかもしれない。衰えたと指摘することは、一体何を産むというのか。相撲に対する興味を盛り上げるために、潜在的に衰えを望んでいるとしたらそれは大変なことだ。日本人横綱の誕生や優勝を望む方に多く見られた特徴でもあるので、尚更その見方に対する反発は芽生えてしまう。

ただ、私が白鵬に対して衰えを口にしないのは、失礼だということを心得ているからという側面に加えてもう一つの理由がある。そう。そもそも衰えた実感が無いからだ。

ここ10年。 相撲に興味を持ってから7年。 白鵬は、強い横綱であり続けた。

1年近く優勝がなく、勝負どころで敗れる白鵬というのは記憶にない。立ち合いから激しい張り合い、その後互いに手が出せずに見合うようなシーンは、最近少しずつ出てきた展開であるように思う。確かに、変化はしている。とはいえ、横綱としては合格点だ。

何より、白鵬と衰えが結びつかないのである。新たな時代を望んでも、ここまで時代は変わらなかった。思えば、最近はその繰り返しだった。失礼を承知でその結論に結びつけても、単なる失礼で終わってきた。

気が付けば白鵬はまた優勝を重ねるような気がしてならない。素晴らしい相撲と物議を醸す相撲を取り続け、心をかき乱し続ける予感しかしない。そこには同情は無い。同情するには、強い記憶が鮮明過ぎるのである。

少し前とは確かに異なる。 だが頑張れ、と言うにはまだまだ強い。

休場の先に何があるのか。 今の私の興味は、まだそこにある。

強い記憶が失われた時、白鵬に対する受け止め方は変わると私は思う。しかし、数字で見たときにこれほどの変化をしながらもまだ同情に触れない白鵬は、やはり白鵬なのだ。

◇お知らせ◇ 3月14日に、SBSラジオ『IPPO』に出演しました。大相撲の楽しみ方と、今場所の見どころについてお話しいたしました。関係者の皆様、お聴き頂いた皆様、ありがとうございました。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
白鵬
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

白鵬どうした!

白鵬は相撲に余裕がなくなった。場所前の過剰な出稽古もその表れではないか?1人横綱時代の強い精神力がないと、意外とあっけない幕引きを迎える事になりはしないか?金星をばらまくことだけはしてほしくない。

こんな記事も読みたい

二見社長「不義理したプロレスラー、プロレス団体は許さない」 3・26(日)重大発表&○○○最後のガチトークフタミ塾63 二見×ターザン山本!【極上の“T-1二見激情”見参】

ボクシング 夢の対決 2017<階級を超えた闘い> 【運動科楽からスポーツ再考!!】

”プロレス総選挙”の記事を見て感じたこと【でぷスポ13号館】

ブロガープロフィール

profile-iconnihiljapk

スポーツライター:西尾克洋が運営しております。相撲などのスポーツライティング、コラム、企画構成など手広く承っております。お気軽にお問合せ下さい。

【過去のお仕事】
・日本テレビ「超問!真実か?ウソか?」(2017年6月)
・テレビ朝日「サンデーステーション」(2017年5月)
・フジテレビ「グッディ」(2017年11月)
・TokyoFM「高橋みなみの、これから何する?」(2017年11月)
・スポーツナビコラム:西岩親方インタビュー(2016年3月)
・現代ビジネス(2017年2月)
・ビジネスジャーナル(2017年9月)
・オピニオンサイトiRONNA(2017年11月)
・週刊Flash(2017年1月)
・Palm Magazine(2010年)
・大相撲ぴあ(2015年12月)
・静岡新聞(2015年10月)
・SBSラジオ(2017年3月)
 への寄稿など多数。

【Mail】
makushitasumo*gmail.com
*はアットマークです。

【Ustream】
http://www.ustream.tv/channel/makusearch
  • 昨日のページビュー:1335
  • 累計のページビュー:13501252

(12月14日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?
  2. 序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。
  3. 史上最強の大関は誰か?歴代大関ランキング 後編
  4. 遠藤の新四股名が決定!「清水川」。この四股名が優れている理由とは?
  5. 土俵態度が物議を醸す白鵬。偉大過ぎる人間:白鵬の影が批判を許さぬ今、横綱審議委員会の真価が問われる。
  6. 琴欧洲の短期間での衰えは、肉体的なものだけではない。引退前に大砂嵐との対戦を希望する理由とは?
  7. 日馬富士への問題発言に見る、守屋氏が横綱審議委員に相応しくない理由。
  8. 稀勢の里は、麻薬だ。
  9. 舞の海さんの排外発言騒動。しかし、実は直後に真逆の発言をしている。どちらが真意か。各自観て判断頂きたい。
  10. 照ノ富士の変化と差別を結びつける前に、考えて欲しいこと。

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
07
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss