幕下相撲の知られざる世界

八角部屋の稽古を見学してみた。part3 「八角部屋と、隠岐の海。」

このエントリーをはてなブックマークに追加

相撲部屋のカラーを分類すると盛り上げ方、稽古に対する向き合い方という2軸がある、という話を前回記した。

前評判として八角部屋は激しい稽古を行うという噂は聞いていたが、北勝富士や池川という学生相撲で実績ある力士が最近入門したことを考えると、旧態依然としたカラーを持つ部屋であるとは少し考え難いと考えていた。

序二段から三段目の力士が汗を流す中で、八角親方不在の土俵を仕切るのは少し意外な人物だった。

そう。 隠岐の海だったのである。

名前も分からない、まだ髷も結えない若手力士を相手に、少し耳を澄まさねば聴き取れないような声量で指導する。

いや、隠岐の海はここで指導らしい指導はしていない。とにかく、彼に対して稽古を強いるのである。同じ若手力士に対して、負けても勝っても続けて取らせる。

少しでも土俵に戻るのが遅ければ、厳しい声が掛けられる。 不甲斐ない相撲を取れば、やはり厳しい声が掛けられる。

隠岐の海は、内容が良くても殆ど褒めることはない。私が知っている限りでは、悪い時に厳しくても内容が良ければ多少なりとも褒めることで活気が生み出されるのが、相撲部屋の稽古をというものだった。

だが、隠岐の海は褒めない。 表情が崩れることは一切無い。

息が上がる。 良くても悪くても、厳しい態度は崩れない。 同じ相手と10番闘っても終わらない。

更に息が上がる。 当然勝負が決した後で、立ち上がって土俵に戻るのに時間を要するようになる。

怒号を飛ばす。 蹴りを入れる。 髷を掴む。

外国人観光客が顔を見合わせる。そんな様子に、彼らはなにを思うのだろうか。断じて虐待ではないのだが、そう言われたとしたらどう弁解すれば良いのだろうか。蹴られている本人がそれを望んでいると説明したら、相撲部屋はカルトの一種だと疑われるのではないだろうか。強くなるために彼らは耐えていると言っても、その言葉を正面から受け止められるのだろうか。

私はもう彼らが何番連続で取り続けたか、分からなくなっていた。20番はゆうに超えている。

疲れれば、動きが落ちる。動きが落ちる中で無駄な動きが無くなり、コツを掴む。もしくはコツが掴めないながらも、トライアンドエラーを繰り返す。だから、強いるタイプの稽古というのは見た目が苦しい上に変化が見えにくいものだと私は思っていた。

隠岐の海が喝を入れる。 最初は同じミスを繰り返す。 厳しい声が掛けられ続け、息が上がる。 どう見ても、凄惨な光景だ。

だが、不思議なことが起こっていた。 彼らの稽古は、番数をこなす毎に動きが良くなっているのである。

肘を腹に入れるように当たる。それまで顔を仰け反りながら前みつを取ろうとしていたために当り負けていたのだが、激しさと技術が一体化した結果、差し手争いで勝てるようになった。ただ、体力が切れているので、そこから崩れてしまう。

心なしか、隠岐の海も穏やかな表情を見せるようになった。なお八角親方もこの頃には降りてきて、柔軟体操を入念に行なっていた。

八角部屋は殺伐とした雰囲気の中、激しい稽古を強いられながらも、確実に強くなる。そういう部屋だ。この方針は今、流行らないのかもしれない。

誰しも激しい稽古は強いられたくはない。そして、怖い先輩力士に厳しい目を向けられたくはない。自主的に稽古する部屋から関取が多く輩出されていることを考えても、指導方法が曲がり角を迎えているのは間違いない。

だが。

それでも、このような稽古を乗り越えた力士にこそ、私は強くなってほしいし、強く在ってほしい。泥に塗れながら、逃げる心を乗り越えた先にある強さに惹かれるのだと思う。相撲の稽古を見て感じるところが有るのは、強さを掴むプロセスが見えるからではないかと思うのである。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
稽古見学
タグ:
稽古見学
隠岐の海
八角部屋

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

八角部屋の稽古を見学してみた。part3 「八角部屋と、隠岐の海。」

隠岐の海が「稽古嫌い」とよく言われるのは、八角親方の師匠である北の富士氏のNHKでの解説によるものなのか。
また隠岐の海自身も闘志を表に出さない、飄々とした力士だ。アキレス腱切って十両に陥落する前の安美錦と双璧と思えるほど飄々としている。
ただ、八角部屋の現在の所属力士を見ると「鬼コーチ」役は隠岐の海しかいない。番付は北勝富士が上だが、彼の大相撲でのキャリアはまだ2年だ。
本場所や巡業ではわからないことが稽古場にあることが理解できた。巡業の風紀委員に隠岐の海が選ばれていて「大丈夫か?」と思っていたことを謝ります。

八角部屋の稽古を見学してみた。part3 「八角部屋と、隠岐の海。」

いつも楽しく拝読しています。
稽古熱心だったと伝わる北勝海の部屋だからこそ、弟子たちにその厳しさが引き継がれることがよく分かりました。
式秀部屋の稽古の様子がどうか、気になっております。
特徴的なしこ名や親方のキャラクターなどの話題が先行しがちですが、それでも、あれだけの数の弟子を集めて頑張っている淵源がどこにあるのか、レポートしていただけると嬉しいです。

こんな記事も読みたい

ボクサーは嘘をつく【フシ穴の眼 〜スポーツ編〜】

観戦記1278 Krush.73 67kg級王座戦 塚越仁志vsモハン・ドラゴン 【人生マイペンライ】

四横綱はひとつの時代の終わりの始まり【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

ブロガープロフィール

profile-iconnihiljapk

幕下相撲と、相撲の魅力を多くの方と共有したいということでブログ開設し、5年経過。

相撲などのスポーツライティング、コラム、企画構成など手広く承っております。お気軽にお問合せ下さい。

【過去のお仕事】
・テレビ朝日「サンデーステーション」
・スポーツナビコラム(西岩親方インタビュー)
・現代ビジネス
・週刊Flash
・Palm Magazine
・大相撲ぴあ
・静岡新聞
・SBSラジオ
 への寄稿など多数。

【Mail】
makushitasumo*gmail.com
*はアットマークです。

【Ustream】
http://www.ustream.tv/channel/makusearch
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:12473980

(06月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?
  2. 序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。
  3. 史上最強の大関は誰か?歴代大関ランキング 後編
  4. 遠藤の新四股名が決定!「清水川」。この四股名が優れている理由とは?
  5. 土俵態度が物議を醸す白鵬。偉大過ぎる人間:白鵬の影が批判を許さぬ今、横綱審議委員会の真価が問われる。
  6. 琴欧洲の短期間での衰えは、肉体的なものだけではない。引退前に大砂嵐との対戦を希望する理由とは?
  7. 日馬富士への問題発言に見る、守屋氏が横綱審議委員に相応しくない理由。
  8. 稀勢の里は、麻薬だ。
  9. 舞の海さんの排外発言騒動。しかし、実は直後に真逆の発言をしている。どちらが真意か。各自観て判断頂きたい。
  10. 照ノ富士の変化と差別を結びつける前に、考えて欲しいこと。

月別アーカイブ

2017
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss