幕下相撲の知られざる世界

白鵬杯に見る、相撲協会が白鵬を失ってはならぬ理由。

このエントリーをはてなブックマークに追加

白鵬は、これからの相撲協会に必要だ。 その想いを強くして、私は国技館を後にした。

白鵬杯。 白鵬が提唱し今年で7年目を迎える、中学生以下の相撲大会だ。詳細は昨年の記事を参照していただきたい。

取組が終わった少年力士が退屈しないようにアトラクションを用意し、大会に出やすいように交通費を支給し、誰でも参加できるオープン参加の大会を開催することで底辺拡大を目指す。

今年は実に1260名の選手が日本は勿論、モンゴルやアメリカ、中国に韓国、果てはタイに至るまでこの大会の為に集結している。相撲に馴染みの無い国まで引き込める大会に成長したのかと思うと、感慨深いものがあった。

埼玉や船橋といった、昨年まではあまり見ることがなかった地域のチームが上位に選手を輩出したり、逆にモンゴル勢の予選落ちが増え、決勝トーナメントでもなかなか勝てないという、将来の相撲を占う上での変化も大変興味深いものがあり、試合そっちのけでトーナメント表を凝視し続けた私なのだが、会場に戻ると土俵外で興味深い光景を目の当たりにした。

白鵬が、常に誰かと談笑しているのだ。

予選の取組が進行する中、白鵬は取組を見ながらも入れ替わり立ち替わり来る方に丁寧に対応し続けた。一体どれだけ多くの方と話していただろうか。少なくとも私が見ている限り、白鵬の側から人が消えることは最後まで無かった。

私は確信した。 白鵬は、人を惹きつける力士であり、人間だ。

力士として惹きつけるのはわかる。素晴らしい取組は星の数ほど観ている。強過ぎるがために白鵬の立場からも対戦力士の視点からも分析し続けてしまうのは、白鵬の力士としての偉大さ故である。

だが私が今日見たのは、人間としての白鵬についてだ。

誰もが白鵬を慕い、白鵬のために協力する。力士や親方もだけではない。総合演出は放送作家の鈴木おさむだ。そして、メインスポンサーにはSANKYOが付いている。

それだけではない。

この大会を支えるために、実に多くの方が国技館に駆け付けている。昨日私は大阪からこの大会のスタッフとして駆け付けている方とお会いする機会に恵まれた。朝7時からという大変早いスタートでありながら、労を惜しむ様子は微塵もなかった。そして彼の口から出たのは、白鵬への賛辞ばかりだったのである。

これだけ多くの人からの協力を受けられる人間が、大相撲の世界に果たして居るだろうか。知名度が有り、実績があり、人間性まで兼ね備えていなければ、このようなところまで達することはないだろう。

そう。 人間:白鵬はそれほど魅力的なのである。

だが私が冒頭の想いを抱いたのは、それだけが理由ではない。

私は決して白鵬が素晴らしい人間であり、素晴らしい実績を残したからこそ、感情論の問題で特例で親方として相撲協会に残して欲しいと言っているのではない。

相撲協会が白鵬を失ってはいけない理由。それは、白鵬がこれからの相撲協会を描き、自ら行動し、更にはそのビジョンで人を動かすことが出来る優れたリーダーシップを持つからである。

相撲協会を支えるのは、親方だ。 親方はもともと力士である。 つまり、競技者の視点は有る。 そして、部屋の経営者としての視点も有る。

だが、相撲協会が相撲界全体を変えるために行動できていないのには理由が有る。それは相撲界全体を意識し、問題点を理解した上で将来のビジョンを描き、施策を展開できる人材が居ないからだ。

白鵬が白鵬杯で体現しているのは、つまりそういうことなのである。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
白鵬
タグ:
土俵の充実を
リーダー
次世代の育成
相撲協会
白鵬
白鵬杯

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

白鵬杯に見る、相撲協会が白鵬を失ってはならぬ理由。

かなり個人的な書き込みになりますが、ご了解ください。
わたしは稀勢の里の大ファンです。
だから白鵬は憎い存在です。
それは稀勢の里の優勝、そして横綱昇進を阻んできた存在故、当然と言えば当然かもしれません。
しかし、わたしは白鵬が人間的には好きです。
いや、大好きかもしれません。
テレビカメラを通して感じるわたしの非常に個人的な受け止め方に過ぎないかもしれませんが、わたしは白鵬が子どものように無邪気で楽天的、そして「超」がつくほど純粋で時にお人よしに映るのです。
一時期、白鵬の優勝インタビューが楽しみでした。
今度はどんなことを語ってくれるだろうって。
白鵬のインタビューはいつもユーモアと茶目っ気、そして後輩や相撲界に対する愛情に満ちていました。
「付け人の〇〇くんがね、今場所は大活躍してくれて、彼にも拍手をおくってやってください」なんて言ってしまうのです、彼は。
それを聞いてわたしは失礼ながら笑いながらも白鵬の素敵な人間性を感じていました。
最近、恐怖のかち上げやダメ押し、琴勇輝のルーティーンを奪うきっかけをつくってしまったことなどなど、白鵬に対してともすればマイナスイメージでしかみていなかったわたしに、nihiljapkさんの書き込みは、彼のステキさを再認識させてくれました。

白鵬杯に見る、相撲協会が白鵬を失ってはならぬ理由。

八角理事長は「白鵬が日本に帰化しなければ、年寄襲名は認められない」と繰り返すだけだ。
相撲協会の指導普及部って、なにか具体的な仕事してるんだろうか。「白鵬杯」のほうがよっぽど相撲の指導普及に役立っている。
新横綱稀勢の里のいる田子ノ浦部屋は力士数7人、鶴竜の井筒部屋は4人だ。
いずれも付け人が足らなくて、別の部屋から借りなければならない。

まともに新弟子をスカウトしてるのは式秀部屋と伊勢ヶ濱部屋ぐらいじゃないか。初場所、序ノ口の下位が伊勢ヶ濱部屋で独占される珍現象が起こっている。
白鵬は初めて番付に載った場所は負け越している。才能が入門後に目覚める力士もいるだろう、と思うのだが。

こんな記事も読みたい

画像庫御開帳(キック編176)【後楽園ホールの通路をジャックせよ!】

三浦隆司ボンバーレフト炸裂で世界挑戦権獲得【スポーツ えっせい】

プロレス、格闘技ブログの極上の二見激情の累計アクセス数が、約10年半掛かって500万 片やプロ野球ブログは約9年で700万【極上の“T-1二見激情”見参】

ブロガープロフィール

profile-iconnihiljapk

幕下相撲と、相撲の魅力を多くの方と共有したいということでブログ開設し、5年経過。

相撲などのスポーツライティング、コラム、企画構成など手広く承っております。お気軽にお問合せ下さい。

【過去のお仕事】
・テレビ朝日「サンデーステーション」
・スポーツナビコラム(西岩親方インタビュー)
・現代ビジネス
・週刊Flash
・Palm Magazine
・大相撲ぴあ
・静岡新聞
・SBSラジオ
 への寄稿など多数。

【Mail】
makushitasumo*gmail.com
*はアットマークです。

【Ustream】
http://www.ustream.tv/channel/makusearch
  • 昨日のページビュー:871
  • 累計のページビュー:12473980

(06月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?
  2. 序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。
  3. 史上最強の大関は誰か?歴代大関ランキング 後編
  4. 遠藤の新四股名が決定!「清水川」。この四股名が優れている理由とは?
  5. 土俵態度が物議を醸す白鵬。偉大過ぎる人間:白鵬の影が批判を許さぬ今、横綱審議委員会の真価が問われる。
  6. 琴欧洲の短期間での衰えは、肉体的なものだけではない。引退前に大砂嵐との対戦を希望する理由とは?
  7. 日馬富士への問題発言に見る、守屋氏が横綱審議委員に相応しくない理由。
  8. 稀勢の里は、麻薬だ。
  9. 舞の海さんの排外発言騒動。しかし、実は直後に真逆の発言をしている。どちらが真意か。各自観て判断頂きたい。
  10. 照ノ富士の変化と差別を結びつける前に、考えて欲しいこと。

月別アーカイブ

2017
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年06月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss