幕下相撲の知られざる世界

千秋楽の一番は、白鵬が稀勢の里を認めた歴史的取組である。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年初場所、千秋楽。 白鵬対稀勢の里。 それは、観たことが無い闘いだった。

立合い。 素早く立ち、右から張り差しが炸裂する。

後退させる。 みるみるうちに徳俵に足が掛かる。

寄りまくる。 更に寄りまくる。 相手はエビ反りだ。

更に攻勢を強める。 そのまま勝負を決めに掛かる。

だが、体幹は崩せていない。 身体を開き、逆転のすくい投げ。 攻めに行き過ぎた体は、そのまま落ちた。

驚くべきは逆転したのは稀勢の里であり、攻めていたのは白鵬だったことだ。

白鵬は、何故あそこまで早く決めに掛かったのか。見ての通り今日の白鵬の攻めは、一気に決められなかったならば隙だらけだ。白鵬ほどの横綱であれば、そんなことは重々承知している。

つまり今回の白鵬の作戦は、一気に決められれば白鵬の勝ち。決められなければ白鵬の負け。そういうリスクを許容した上での戦略だったわけである。

一言で表すと、賭けだ。 白鵬は賭けに出た。 そして、敗れた。

この作戦が果たしてベストな選択だったのかは分からない。いわゆる白鵬にとってのオーソドックスを出していればどうだったのだろうか。ただ、ひとつだけハッキリ言えるのは白鵬は普段の相撲ではなく、一か八かの相撲を選択したということだ。

考えて欲しい。 白鵬は、稀勢の里を相手に賭けに出た。 これは一体どういうことだろうか。

安定するスタイルを捨て、リスクを受け入れた上で危険な相撲を取る。もし稀勢の里が取るに足らない力士であったとしたら、このような相撲を取るだろうか。ましてや、稀勢の里は昨日既に優勝を決めている。優勝を逃した白鵬は、第一人者のプライドを賭けて稀勢の里を倒したいところだ。

稀勢の里に勝つためにプライドを賭けて選んだのが、リスク有る戦略。そう。白鵬は稀勢の里を認めたのだ。

これまでの白鵬は、稀勢の里を相手にこういう相撲をすることが有った。それも、大一番で。しかし、それは白鵬が稀勢の里を呑んでいるからこそ、精神的に上位に立っているからこそ出来る、大胆な作戦だった。

今回は、違う。

優勝を逃して、呑んだ相撲が取れるだろうか。プライドを賭けて勝ちたい相手に、そんな余裕は有るだろうか。

白鵬は、全てを賭けて稀勢の里を倒しに来た。だがそこに有ったのは、稀勢の里に勝つために形を変えた大横綱の姿だった。私は優勝が決まった後でも全力を賭けて、横綱として勝ちに来た白鵬に脱帽した。そしてそれを乗り越えた稀勢の里にも、脱帽した。

白鵬の全てを賭けた攻めは、不恰好だったが美しかった。そして、強かった。稀勢の里は、そんな白鵬の攻めを受け止め、受け切った。

あの攻めを凌いだのは、稀勢の里の強靭な下半身だ。それを創ったのは、鳴戸部屋時代の猛稽古だ。最後の最後で白鵬を超えたのは、他ならぬ鳴戸親方の遺産によるものだったのである。

稀勢の里を認めた白鵬の、全てを賭けた攻め。そして、全てを受け止めた稀勢の里は、白鵬を上回った。

またしても、美しき瞬間に立ち会えた。 それがたまらなく嬉しかった。

取組の前に、臨時理事会を開催することが決定していた。稀勢の里の横綱昇進については議論が別れるだろう。賛成も居れば、反対も居る。その是非については、別の機会に語ろうと思う。ただ反対意見が有る以上、昇進後の稀勢の里は更なる困難に身を投じることになる。

しかし、私は思った。 仮に昇進で批判を受けても、稀勢の里は立派に横綱としての務めを果たすだろう、と。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
白鵬
稀勢の里
タグ:
鳴戸部屋
相撲ロス
リスク有る戦略
稀勢の里
白鵬

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

千秋楽の一番は、白鵬が稀勢の里を認めた歴史的取組である。

「千秋楽の一番は、白鵬が稀勢の里を認めた歴史的取組である」―本当にわたしもそんな気がしました。
千秋楽結びの一番を見て、涙が出ました。
もちろん稀勢の里が優勝に花を添える勝利だったからですが、今回は、自分にとっては憎らしい存在の白鵬にも感動したのです。
必死の形相で、自らのプライドをかけて全力で立ち向かい、力負けをした白鵬の姿、それは崇高でさえありました。
これが相撲だと、感動したのです。
勝つためには手段を選ばなくなってきていると囁かれることもある白鵬ですが、今回の一番を見る限り、わたしはまだまだ白鵬の「相撲道」にも注目したくなりました。
稀勢の里という、まさに相撲道を追い求める力士の存在が、白鵬に何らかの変化をもたらすのではないかと思うのです。
ライバルの出現、しかも、白鵬にとっては「最高のライバル」です。
稀勢の里は、相撲界を変えていく人でもあるのではないかと思いました。

こんな記事も読みたい

6大関が2大関に。下手したら名古屋では大関がいなくなる。現4大関はそれぞれの道へ。【ピノキオ〜「クビ差」で「クビ」になったはずなのに、舌の根も乾かぬうちに再開した厚顔無恥なブログ】

平成二十九年初場所、稀勢の里初優勝。横綱昇進へ。【相撲、面白い】

手放しで喜べない稀勢の里の横綱昇進【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-iconnihiljapk

スポーツライター:西尾克洋が運営しております。相撲などのスポーツライティング、コラム、企画構成など手広く承っております。お気軽にお問合せ下さい。

【過去のお仕事】
・日本テレビ「超問!真実か?ウソか?」(2017年6月)
・テレビ朝日「サンデーステーション」(2017年5月)
・スポーツナビコラム:西岩親方インタビュー(2016年3月)
・現代ビジネス(2017年2月)
・ビジネスジャーナル(2017年9月)
・週刊Flash(2017年1月)
・Palm Magazine(2010年)
・大相撲ぴあ(2015年12月)
・静岡新聞(2015年10月)
・SBSラジオ(2017年3月)
 への寄稿など多数。

【Mail】
makushitasumo*gmail.com
*はアットマークです。

【Ustream】
http://www.ustream.tv/channel/makusearch
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:13001955

(09月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?
  2. 序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。
  3. 史上最強の大関は誰か?歴代大関ランキング 後編
  4. 遠藤の新四股名が決定!「清水川」。この四股名が優れている理由とは?
  5. 土俵態度が物議を醸す白鵬。偉大過ぎる人間:白鵬の影が批判を許さぬ今、横綱審議委員会の真価が問われる。
  6. 琴欧洲の短期間での衰えは、肉体的なものだけではない。引退前に大砂嵐との対戦を希望する理由とは?
  7. 日馬富士への問題発言に見る、守屋氏が横綱審議委員に相応しくない理由。
  8. 稀勢の里は、麻薬だ。
  9. 舞の海さんの排外発言騒動。しかし、実は直後に真逆の発言をしている。どちらが真意か。各自観て判断頂きたい。
  10. 照ノ富士の変化と差別を結びつける前に、考えて欲しいこと。

月別アーカイブ

2017
09
07
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss