幕下相撲の知られざる世界

大河ドラマ「稀勢の里」。人生するかしないかで「する」ことを選んだ男の物語。

このエントリーをはてなブックマークに追加

稀勢の里が、優勝。

千秋楽を前に、あれほど渇望した優勝を稀勢の里が掴んだことを知った時、最初に胸に押し寄せたのは、戸惑いだった。夢なのか、現実なのか。そういう類のことではない。嬉しいとか、涙が出るとか、劇的に感情が揺さぶられるかと思いきや、驚くほど冷静だった。恐らく感情を超える出来事だったのだと思う。冷静に戸惑う自分が居たのだ。

いち早くこの現実を整理したくて、稀勢の里の優勝に向き合いたくて、私は仕事を終わらせた。大江戸線に乗り、森下で間違えて降りて再度大江戸線に乗り直し、最寄り駅で降りて、夕飯を食べて、サタデースポーツを観る。

会心の相撲ではなかったが、急がずに逸ノ城の急所を攻めて勝利を収め、白鵬が貴ノ岩を相手に何もできずに敗れる。戸惑いが晴れて、稀勢の里の優勝という大事件を受け止める準備が出来た。まるで麻酔が切れた時のように、感情が押し寄せながら感想も頭を駆け巡った。その時私は、思った。

長かった。 とにかく、長かったのだ。

稀勢の里が成長し、優勝が現実味を帯びるほどの実力を身に付けてから、本当に長かった。それまでは、確かに稀勢の里に期待はしていたが、大関になるには実力が足りなかった。連勝を止めるような爆発力は有ったが、ムラが有るので期待の若手枠を飛び出すことを求めていた。

ターニングポイントは、2013年夏場所だった。 互いに13戦全勝での、白鵬との一番。

何かが変わるかもしれない。変えるのは恐らく、稀勢の里だ。未来に向かって可能性しか見えない、ベストバウトだった。私はそこで、稀勢の里に夢を見た。本場所で優勝するという、現実味溢れる夢だ。

だがそこからの3年半は、失望と期待を短期間に行き来した。失望と期待の順序は、その時々で入れ替わる。期待を膨らませた後で、平幕力士に敗れるような波乱を演出する。序盤戦で平幕相手に苦杯を舐め、優勝の可能性が極めて薄い時に横綱相手に大爆発する。

失望の歴史であれば、誰もその後期待することは無くなる。だが、失望だけではなく、強さを見せ付けることに依る期待が懸かるため、失望しているのに離れられない。むしろ稀勢の里に対する期待値は、高い状態で留まることも多いのである。

そしてややこしいのは、この高止まりした期待値が粉々に砕かれるのだ。無様に、醜悪に。そこに有るのは弱さだけだ。何故そのような相撲を取ってしまうのか。希望が眩ければ、その陰に有る真逆の感情は本当に暗いのである。このジェットコースターのような起伏が、我々を疲弊させた。だが絶望的な勝負弱さを露呈しながらも、稀勢の里に対する期待値はそれほど下がらなかった。だから疲弊を産んでしまったのだ。

疲弊し続けて、3年半。 毎回のように消耗し続けてきた。 それは長いと感じるはずだ。

考えてみると、稀勢の里に何かを託すファンがこれだけ疲弊しているのだから、一体稀勢の里本人はどれだけ身をすり減らしてきたのだろうか。

史上最強横綱が居る。 二人のモンゴル人横綱が居る。 少し前なら、二人の強力な欧州系大関が居た。

彼らと対等に闘える日本人力士、郷土力士の存在を切望し、稀勢の里はその期待に応える一歩手前までは来ていた。

一歩手前まで来ているからこそ、身びいきが生まれる。そして、ひいきの引き倒しをされることも有った。相撲で疲弊し、土俵外でも疲弊する。

もう少し簡単な生き方は有ったはずだ。たまに大関横綱に勝利し、個性派力士として生きていく術も有ったと思う。恐らくそちらの方が遥かに楽な生き方ではないかと思う。これだけ外国人力士が強い時代だ。誰も敵わなければ日本人力士への期待など抱かなくなるだろう。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
稀勢の里
タグ:
大河ドラマ「稀勢の里」
「する」ことを選んだ男
人生するかしないか
2013年夏場所
稀勢の里

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

大河ドラマ「稀勢の里」。人生するかしないかで「する」ことを選んだ男の物語。

推挙が決まったとは云うが…
師匠・隆の里の横綱在位期間と
その短さを争うところしか見せ場が無かった…
そんな横綱にだけはなって欲しくないね。

大河で喩えるならば、10月~11月の
クライマックスの期間が横綱在位の時期。
そこがスカスカ(優勝争いにすら絡まず)に
ならないようにしてもらいたい。
横綱となるからには。

大河ドラマ「稀勢の里」。人生するかしないかで「する」ことを選んだ男の物語。

稀勢の里のストーリーは魅力的すぎるので、これからの報道次第で更に相撲人気が加速するのではないかと思います。ただ、ここまで稀勢の里を目撃し続けてきたので、ここから入ってきた方には稀勢の里を説明出来ることが嬉しくて仕方ありません。

大河ドラマ「稀勢の里」。人生するかしないかで「する」ことを選んだ男の物語。

稀勢の里はドラマが多過ぎて、毎回ドラマが紡がれる大河ドラマのように思えてならなかったために、今回のタイトルとして選びました。
横綱昇進については別の機会に記事にしようと考えていますが、千秋楽の取組では白鵬が稀勢の里を認めたがための戦術を取ってきました。是非はともかく、横綱としての務めを立派に果たすのではないかと確信しました。

大河ドラマ「稀勢の里」。人生するかしないかで「する」ことを選んだ男の物語。

いい例えですね。スラムダンクで言えば陵南の魚住のような、全てが出来る訳じゃない。出来ないことは山ほどある。でも、負けない武器が有る。それを愚直に伸ばしてきた力士が稀勢の里だと思います。

こんな記事も読みたい

一刻も早く稀勢の里を横綱にしよう!【行ったら帰らぬ片道切符。】

新日本プロレス25年史 創立25周年記念愛蔵版 猪木、坂口、タイガーマスク、前田 カラー名鑑 IWGP全記録&歴代王者名鑑【極上の“T-1二見激情”見参】

少し早いが稀勢の里の今後と初場所総括【名相撲つれづれ草】

ブロガープロフィール

profile-iconnihiljapk

幕下相撲と、相撲の魅力を多くの方と共有したいということでブログ開設し、5年経過。

相撲などのスポーツライティング、コラム、企画構成など手広く承っております。お気軽にお問合せ下さい。

【過去のお仕事】
・スポーツナビコラム
・現代ビジネス【new!】
・静岡新聞
・SBSラジオ【new!】
・大相撲ぴあ
・週刊Flash
・Palm Magazine
 への寄稿など多数。
※最近朝活講師も担当しました。

【Mail】
makushitasumo*gmail.com
*はアットマークです。

【Ustream】
http://www.ustream.tv/channel/makusearch
  • 昨日のページビュー:803
  • 累計のページビュー:12148007

(04月29日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?
  2. 序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。
  3. 史上最強の大関は誰か?歴代大関ランキング 後編
  4. 遠藤の新四股名が決定!「清水川」。この四股名が優れている理由とは?
  5. 土俵態度が物議を醸す白鵬。偉大過ぎる人間:白鵬の影が批判を許さぬ今、横綱審議委員会の真価が問われる。
  6. 琴欧洲の短期間での衰えは、肉体的なものだけではない。引退前に大砂嵐との対戦を希望する理由とは?
  7. 日馬富士への問題発言に見る、守屋氏が横綱審議委員に相応しくない理由。
  8. 稀勢の里は、麻薬だ。
  9. 舞の海さんの排外発言騒動。しかし、実は直後に真逆の発言をしている。どちらが真意か。各自観て判断頂きたい。
  10. 照ノ富士の変化と差別を結びつける前に、考えて欲しいこと。

月別アーカイブ

2017
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss