幕下相撲の知られざる世界

稀勢の里にとって逸ノ城との一番が、絶対に負けられぬ訳ではない理由。

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日は、心臓の休養日になった。

単独トップからの数日は、生きた心地がしなかった。誰と対戦しても、負けるシナリオがちらつく。

初優勝が懸かれば普通はもっとポジティブとネガティブが行き交うものだが、これだけネガティブだけが闊歩するのは恐らく稀勢の里が最初で最後ではないかと思う。普通は初優勝のチャンスを掴む機会が中々巡ってこないか、それとも何度目かのチャンスでモノにするからだ。

積み重ねてきた準優勝は、実に12回。それだけ優秀な成績を収めてきたとも言えるが、大相撲の世界に於いて準優勝というのは評価されるものではない。むしろ優勝するチャンスに恵まれながら逃してしまったという受け止め方をされることが多い。稀勢の里は、実に12回も優勝の機会を逃してしまった力士である。

豪栄道戦は不戦勝。逸ノ城と貴ノ岩が3敗目となった今、準優勝は確定した。

これは13回目のトライだ。もし優勝すれば「3度目の正直」ならぬ「13度目の正直」として新たな諺が生まれるかもしれない。一方で優勝を逃せば「2度あることは13度ある」として、これもまた新たな諺になるかもしれない。

よくぞここまで諦めずに、13度もチャンスを掴んだものだと思う。本当に頭が下がる。普通は諦めると思う。これだけデジャブのように弱さを見せ続けここ一番を落とし続ければ自分を見失うことだろう。自分が業務上、チャンスを掴んでは大ミスを繰り返したとしたら、恐らく立ち直れないと思う。それでも前を向いて、確かに成長し、毎場所のように優勝を争うところまで来た。

本当に足りないのは優勝であり、その結果としての横綱昇進。それだけなのだ。

だが、それだけなのだが「だけ」ではない。そのことの重さは、近年稀勢の里を観てきた方であれば誰もが分かることだと思う。足りないのは優勝。だが、その優勝が本当に遠い。大一番を落とす瞬間を目の当たりにすると「だけ」の中にどれだけ絶望的な壁が有るかが分かる。

さて、残りはあと2日だ。千秋楽に白鵬戦を控え、今日は逸ノ城と対戦する。

こういう時にやらかすのが稀勢の里だ。それほど苦にしていない相手に、信じられない相撲で敗れる。一体何度その光景を目の当たりにしてきたことか。

やらかすことに怯えながら、2度あることは13度あるのではないかと考えながら、緊張の瞬間を迎えることになる。果たして私は大丈夫なのかと思う。絶対に負けられない闘いで敗れてきた稀勢の里は、逸ノ城戦で真価が問われるのだ。

… 少し、待ってほしい。 果たしてこの闘いは「絶対に負けられない闘い」なのだろうか。

もう一度状況を振り返ろう。

13日目が終わって、稀勢の里は1敗。白鵬は2敗だ。差は1つ。両者ともに勝てば、稀勢の里が1つリードした状態で千秋楽を迎える。

そして、稀勢の里がやらかしてしまったと仮定する。差は無くなる。千秋楽は、勝った方が優勝だ。

お気づきだろうか。そう。どちらにしても白鵬に勝つことが優勝のための条件であることに変わりないのである。

1つリードしていれば、千秋楽で2回チャンスが与えられる。並んでいれば、一発勝負だ。チャンスの回数は1回増える。

だが、ビハインドの場面から白鵬が本割で勝てばそういう空気が漂うことになる。稀勢の里は今回もダメなのか、となれば白鵬が断然有利になる。一度負けた後、短期間しか猶予の残されていない優勝決定戦で勝ちをもぎ取ることは、今の稀勢の里には難しいだろう。逆に、この状況で立て直して白鵬に勝利すれば、それは快挙と言える。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
稀勢の里
タグ:
絶対に負けられない闘い
逸ノ城
稀勢の里
心臓の休養日
2度あることは13度ある
仏の顔も13度
13度目の正直

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

稀勢の里にとって逸ノ城との一番が、絶対に負けられぬ訳ではない理由。

白鵬、素晴らしかったですね。
次の記事にしてしまいました。

稀勢の里にとって逸ノ城との一番が、絶対に負けられぬ訳ではない理由。

私も仕事中に観て、全ての感情が止まりました。
だって稀勢の里ですもの。

稀勢の里にとって逸ノ城との一番が、絶対に負けられぬ訳ではない理由。

今でもその時の解釈は間違っていないと思いますが、稀勢の里は諸々の試練を乗り越えてしまいました。追い風を逆風にしてしまう稀勢の里はもういないのかもしれません。ただ、そういう稀勢の里がまだ居るのだとしたら、今回の記事のような考え方は引き続きありだとは思うのです。

稀勢の里にとって逸ノ城との一番が、絶対に負けられぬ訳ではない理由。

ちょうど1年前に(虎舞竜のロードじゃないよ)琴奨菊が優勝した。
この場所の十四日目、白鵬は稀勢の里と対戦して、立合い一歩も踏み込まずに負けた。
千秋楽の日馬富士戦も全く気合いが入ってない相撲で、場所後横審から注意を受けたと記憶している。

もし千秋楽、優勝を懸けて稀勢の里と対戦すれば、国技館の大半が稀勢の里を応援する状態となる。
白鵬は自分が完全にアウェイ状態になることを避けているのではないか。
十四日目の貴ノ岩戦も、いつもの白鵬ではなかった。

最新の日刊スポーツのネット版によると、みんな大好きw横審委員長の守屋氏は、
>>「14勝した方がいいが、もうよろしいのではないか。(白鵬戦は)重要視しないでいいのでは」と私見を述べた。同委員長はトップと2差の12勝だった先場所後の会合後、稀勢の里の綱とりに否定的だったが「横綱2人に大関1人が途中休場する中で、これだけ頑張ったことを評価したい」と話した。

また二所ノ関審判部長も、
>>日本相撲協会で昇進問題を預かる二所ノ関審判部長(元大関若嶋津)は大相撲初場所14日目の21日、13勝1敗で初優勝した大関稀勢の里に関し、横綱昇進を諮る臨時理事会の招集を八角理事長(元横綱北勝海)に要請する意向を示唆した。

事実上稀勢の里の横綱昇進が決まった。白鵬、千秋楽横綱の意地を見せてほしい。

こんな記事も読みたい

琴奨菊 遂に‘落城’ 1年で天国から地獄へ【スポーツ えっせい】

琴奨菊の 大関陥落に思うこと。【スポーツ よもやま話】

稀勢の里は、麻薬だ。【幕下相撲の知られざる世界】

ブロガープロフィール

profile-iconnihiljapk

幕下相撲と、相撲の魅力を多くの方と共有したいということでブログ開設し、5年経過。

相撲などのスポーツライティング、コラム、企画構成など手広く承っております。お気軽にお問合せ下さい。

【過去のお仕事】
・スポーツナビコラム
・現代ビジネス【new!】
・静岡新聞
・SBSラジオ【new!】
・大相撲ぴあ
・週刊Flash
・Palm Magazine
 への寄稿など多数。
※最近朝活講師も担当しました。

【Mail】
makushitasumo*gmail.com
*はアットマークです。

【Ustream】
http://www.ustream.tv/channel/makusearch
  • 昨日のページビュー:30897
  • 累計のページビュー:12083865

(03月30日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?
  2. 序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。
  3. 史上最強の大関は誰か?歴代大関ランキング 後編
  4. 遠藤の新四股名が決定!「清水川」。この四股名が優れている理由とは?
  5. 土俵態度が物議を醸す白鵬。偉大過ぎる人間:白鵬の影が批判を許さぬ今、横綱審議委員会の真価が問われる。
  6. 琴欧洲の短期間での衰えは、肉体的なものだけではない。引退前に大砂嵐との対戦を希望する理由とは?
  7. 日馬富士への問題発言に見る、守屋氏が横綱審議委員に相応しくない理由。
  8. 稀勢の里は、麻薬だ。
  9. 舞の海さんの排外発言騒動。しかし、実は直後に真逆の発言をしている。どちらが真意か。各自観て判断頂きたい。
  10. 白鵬会見拒否の謎。我々はあの場で日馬富士に声援を上げぬべきだったのだろうか?配慮と気持ちの狭間でいかに振る舞うべきなのか。

月別アーカイブ

2017
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月30日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss