幕下相撲の知られざる世界

稀勢の里は、麻薬だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

年間最多勝。 準優勝12回。 大関通算勝率7割。

強いことなど知っている。どれだけその強さを目の当たりにしてきたことか。そしてその強さに明るい未来を見てきたことか。

どれだけと考えると、私は2ヶ月に一度は必ず夢を見ているのだと思う。そしてその夢は膨らむことはあっても、成就することはなかった。バッドエンドしかないストーリーなのではないかと思うほど、ご都合主義のように稀勢の里の物語はスキャンダラスに悲劇へと舵を切る。

こんな思いは二度としたくない。 もう、距離を置きながら接していこう。 そう思うのは当然のことだ。

今の稀勢の里について、ねじれた想いを抱かずに応援することは出来ない。それほどこれまでの悲劇の数々は我々の心を捻じ曲げてきた経緯がある。だが、不思議なほどそこから自分の心を奮い立たせて稀勢の里を見ているかというとそうでもない。

稀勢の里への期待は、ごく自然な形で膨らむのである。

頑張らなければ応援出来ないのであれば、心は離れていく。稀勢の里に関しては、真逆だ。頑張らずに気楽に観ようとすると、事件が起こる。そしてまた、稀勢の里に私は戻っている。

稀勢の里の超人性は持ち得ないが、凡人性であれば誰もが持ち得ている。だから私は以前「稀勢の里は俺たちであり、俺たちは稀勢の里である」と評したが、稀勢の里の中の自分がいるからこそ、稀勢の里への自己投影は熱を帯びる。

凡人が超人になるかもしれない過程を見て、せめて自分と異なる力士がハッピーエンドを迎えるのではないかと期待する。勝負所での失敗を目の当たりにし続けながら、私はさらにその想いを強めていた。

稀勢の里の中の俺達が俺達だからこそ変われるのであれば、それは究極の自己肯定だ。稀勢の里の中の俺達が何かを成し遂げるのは究極のエクスタシーだと思う。究極のエクスタシー故に、その麻薬性に取り憑かれる。

一度覚えたら、もう忘れることは出来ない。 稀勢の里は、麻薬だ。

普通ならもう、チャンスは巡ってこない。人生の中でチャンスは限られた回数しか巡ってこない。人によってはチャンスすら巡り会えない方も居るかもしれない。

だが、稀勢の里は何度となくチャンスに巡り会い、いつも失敗している。

重度の稀勢の里中毒者である私は、よせばいいのにそれでも期待している。期待するかしないかで揺れて、時には思いっきり期待する。そして、時には距離を置きながら見る。どちらでも落胆し、可能性を見せれば大喜びする。

そう。 結局どちらでも変わらないのだ。

単独トップに立った翌日に絶不調の琴奨菊に敗れた時、私はさすがに折れた。最近はすぐに折れるようになったように思う。折れるのは案外楽なのだ。だが、押し出されるように単独トップに返り咲いた時、折れながらも恐れながらも、稀勢の里に戻っていった。

稀勢の里の応援は覚悟がいると思っていたが、実はそうでもなかった。ふらふらしながら、どこか気にする。覚悟が無くとも首を突っ込んでしまっていて、ひどい目に遭う。

あと3日。 どこでバッドエンドに転じるのか。琴奨菊に敗れてからというもの、6時前が本当に辛い。

胃が痛い。 胸がキリキリする。 この時ばかりは、仕事が多忙で良かったと思う。

それでも、稀勢の里に期待している。ああ、言ってしまった。私はやはり、稀勢の里中毒者なのだ。

だがそんなことは、分かりきったことだ。

◇Facebookサイト◇ 幕下相撲の知られざる世界のFacebookページはこちら。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
稀勢の里
タグ:
究極のエクスタシー
自己肯定
バッドエンド
稀勢の里中毒者

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

稀勢の里は、麻薬だ。

愚鈍としか言いようが有りません。
いい年した大人が理屈を超えて、子供のように夢中になれる。
理性のブレーキがいかに不要なものか。
相撲を観ていると、そのことについて考えさせられるのです。

稀勢の里は、麻薬だ。

私はどっちでもいいと逃げ道を作りながら、本音では心の底から優勝してほしいです。

稀勢の里は、麻薬だ。

ここまで少しずつ、でも少しだけ歩を進めてきて、毎場所が集大成といえる稀勢の里です。
チャンスが広がる度に今回こそはと思いますが、跳ね返されてきました。
でも、跳ね返されてきたからこそ、モンゴル人に包囲網を敷かれる中で毎場所のように
優勝争いできる稀勢の里が居るのだと思います。

さぁ、次こそは。

稀勢の里は、麻薬だ。

追い風が逆風になるのが稀勢の里です。
どういう影響を及ぼすかは、今のところ神のみぞ知るところですね。

こんな記事も読みたい

小國、無敗王者のグスマンに勝利し世界制覇【角海老-ボクシングコラム】

稀勢の里に栄冠は輝くのか?【スポーツ よもやま話】

観戦記1259 IBFスーパーバンタム級王座戦 ジョナタン・グスマンvs小国以載【人生マイペンライ】

ブロガープロフィール

profile-iconnihiljapk

スポーツライター:西尾克洋が運営しております。相撲などのスポーツライティング、コラム、企画構成など手広く承っております。お気軽にお問合せ下さい。

【過去のお仕事】
・日本テレビ「超問!真実か?ウソか?」(2017年6月)
・テレビ朝日「サンデーステーション」(2017年5月)
・スポーツナビコラム:西岩親方インタビュー(2016年3月)
・現代ビジネス(2017年2月)
・ビジネスジャーナル(2017年9月)
・週刊Flash(2017年1月)
・Palm Magazine(2010年)
・大相撲ぴあ(2015年12月)
・静岡新聞(2015年10月)
・SBSラジオ(2017年3月)
 への寄稿など多数。

【Mail】
makushitasumo*gmail.com
*はアットマークです。

【Ustream】
http://www.ustream.tv/channel/makusearch
  • 昨日のページビュー:4185
  • 累計のページビュー:13025440

(09月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?
  2. 序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。
  3. 史上最強の大関は誰か?歴代大関ランキング 後編
  4. 遠藤の新四股名が決定!「清水川」。この四股名が優れている理由とは?
  5. 土俵態度が物議を醸す白鵬。偉大過ぎる人間:白鵬の影が批判を許さぬ今、横綱審議委員会の真価が問われる。
  6. 琴欧洲の短期間での衰えは、肉体的なものだけではない。引退前に大砂嵐との対戦を希望する理由とは?
  7. 日馬富士への問題発言に見る、守屋氏が横綱審議委員に相応しくない理由。
  8. 稀勢の里は、麻薬だ。
  9. 舞の海さんの排外発言騒動。しかし、実は直後に真逆の発言をしている。どちらが真意か。各自観て判断頂きたい。
  10. 照ノ富士の変化と差別を結びつける前に、考えて欲しいこと。

月別アーカイブ

2017
09
07
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss