幕下相撲の知られざる世界

大相撲人気と「日本スゴイ」が結び付かぬ、これだけの理由。

このエントリーをはてなブックマークに追加

この話、もう終わりにしたい。 だが、終わることは今のところ無い。

そう。 相撲ファンの大多数がこのように思っているという誤解についてだ。

外国人力士の活躍が快くない。だからこそ日本人横綱が誕生してほしい、と。

日本人力士を推す論調がNHKの放送で流されるから、そのように誤解する方も多いのだろう。確かにNHKの放送では稀勢の里に対する期待という方向で、話が展開されることが多い。アナウンサーは北の富士さんにそのように話を振る。そして、そうした意図を理解した上で、舞の海さんが話を膨らませる。稀勢の里ファンの北の富士さんも、そこに乗る。

館内では稀勢の里や豪栄道、琴奨菊が登場するとコールが巻き起こる。だが、外国人力士には起こらない。そうした全てを観て、彼らは言う。これは差別ではないのか?と。

そして最近、このような記事が掲載された。

日本スゴイブームの極み大相撲人気に覚える“ある違和感”

確かにそういう解釈は出来ないこともないと思う。ましてや普段から「日本スゴイ」に快く思っていない方は、NHKの論調やコールをそこに結び付けることも分かる。そして、一部の方の行為やメディアの論調を観て、「相撲ファンは」や「日本人は」として語りたくなるのだと思う。

「声援の多寡を決めるのは、「日本人力士」であるかどうかなのだ。」「中には「日本人力士がんばれー!」という、差別とも言える声援まで多数飛ぶ。」「大相撲はまさに「日本スゴイ」を感じるために、人気が急上昇したということである。」

日本人が日本の凄さを感じるために、筆者の言葉を借りると「日本スゴイ」と感じるために相撲を観る方が増えていて、それが人気の原動力なのだという。ただ言葉の解釈は人それぞれなので、私の所感を確認する前に一度原文を読んでいただきたい。

こうした意見は大相撲を普段観ない方は事実として捉えられる可能性が高い。そう捉えた方は、相撲ファンを快くは思わないだろう。そして、もし私が稀勢の里について語ったとしたら、私は差別主義者として理解される可能性が出てしまう。

これは大変困ることだ。

私はこの数年で数百人という相撲ファンの方と交流してきた。様々な思想をお持ちの方が存在してきたことも事実だ。偏った考え方に閉口したことも一度や二度ではない。

中には日本スゴイを感じるために、相撲を観ている方も居る。差別的な発言をしている方を目撃したことも有る。ただ、そのような方は極めて少ない。むしろ過剰に日本人力士や「日本出身力士」を推すと、多くの方が反発する。様々な考え方の方が集う、ツイッターのタイムラインをご覧いただければそのことがよく分かるはずだ。

外国人力士が、今の大相撲を支えてきている。そんなことは誰でも理解している。白鵬に対する批判は、支えてきた頃の姿とのギャップから来るものだ。言うなれば差別から遠いからこそ、フラットだからこそ指摘を受けている。

そして白鵬の時代が長かったからこそ、それを打破する力士の存在が求められてきた。差別意識が有れば、照ノ富士初優勝があれほど喜ばれることは無かった。あの時の照ノ富士が歓迎されたのは、白鵬の時代に挑む力士が登場したことに他ならない。今の照ノ富士に休場を求める声が絶えないのも、今でも彼に次の時代を築く期待をかける方が多いからだ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
相撲議論
タグ:
日本出身力士
日本人力士
日本スゴイ
大相撲人気

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

大相撲人気と「日本スゴイ」が結び付かぬ、これだけの理由。

すみません。
私の文章のどこを読んだら日本人力士を応援することに罪悪感を覚えていると解釈できるのでしょうか。
むしろ逆です。それは普通のことだと言っています。

どこを呼んだらその解釈になるのでしょうか。
その解釈で相撲を悪く言われると困ります。
そのコメントを残す前に、その攻撃的な主張をされる前に、こちら側に来てほしかったです。
残念です。

大相撲人気と「日本スゴイ」が結び付かぬ、これだけの理由。

そもそも全体論として日本スゴイと日本人力士が結び付けられてはいないので、その心配は不要ですよ。

大相撲人気と「日本スゴイ」が結び付かぬ、これだけの理由。

日本スゴイと相撲は結び付かないですよ。
なにせ10年日本人が優勝していないのです。
日本スゴイをやろうとする方は発狂しますね、これ

大相撲人気と「日本スゴイ」が結び付かぬ、これだけの理由。

小林さんの真意を知りたいところですね。そこからかなと

こんな記事も読みたい

年末ボクシング 内山が衝撃の2連敗、井上が河野を撃破【角海老-ボクシングコラム】

全勝は稀勢の里ただ一人【巨人 大鵬 卵焼き】

ここから始まる、稀勢の里版『ヤヌスの鏡』【ピノキオ〜「クビ差」で「クビ」になったはずなのに、舌の根も乾かぬうちに再開した厚顔無恥なブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconnihiljapk

スポーツライター:西尾克洋が運営しております。相撲などのスポーツライティング、コラム、企画構成など手広く承っております。お気軽にお問合せ下さい。

【過去のお仕事】
・日本テレビ「超問!真実か?ウソか?」
・テレビ朝日「サンデーステーション」
・スポーツナビコラム(西岩親方インタビュー)
・現代ビジネス
・週刊Flash
・Palm Magazine
・大相撲ぴあ
・静岡新聞
・SBSラジオ
 への寄稿など多数。

【Mail】
makushitasumo*gmail.com
*はアットマークです。

【Ustream】
http://www.ustream.tv/channel/makusearch
  • 昨日のページビュー:1412
  • 累計のページビュー:12806141

(08月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?
  2. 序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。
  3. 史上最強の大関は誰か?歴代大関ランキング 後編
  4. 遠藤の新四股名が決定!「清水川」。この四股名が優れている理由とは?
  5. 土俵態度が物議を醸す白鵬。偉大過ぎる人間:白鵬の影が批判を許さぬ今、横綱審議委員会の真価が問われる。
  6. 琴欧洲の短期間での衰えは、肉体的なものだけではない。引退前に大砂嵐との対戦を希望する理由とは?
  7. 日馬富士への問題発言に見る、守屋氏が横綱審議委員に相応しくない理由。
  8. 稀勢の里は、麻薬だ。
  9. 舞の海さんの排外発言騒動。しかし、実は直後に真逆の発言をしている。どちらが真意か。各自観て判断頂きたい。
  10. 照ノ富士の変化と差別を結びつける前に、考えて欲しいこと。

月別アーカイブ

2017
07
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss