幕下相撲の知られざる世界

大相撲のライバルが、過去の大相撲である理由。

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日朝活講師を務めたときのこと。

相撲にそれほど興味が無い方からディープなファンの方まで、実に多種多様な方が参加されていたのだが、そういう中で「あなたの考える史上最強力士は誰か」というテーマについて各自に語っていただいた。

日本人であれば、これまでの人生の中で何かしらの相撲的体験は経ている。好きの度合いは異なるが、異なるからこそ見方が異なる。「最強」を「最狂」と捉える方も居ればパラレルワールドとして「if」としての最強を語る方も居た。そして、強さの尺度を相撲の強さに限定しない、私のような方も中には居た。

最終的に総括すると、それは各自が思う最強であり、強さを通じていかに力士に思い入れを抱いているか、ということが問われていたのだと思う。それ故に、それぞれの見方を共有出来たことは非常に楽しいことだった。身近に友人が居れば是非一度行っていただきたいほどである。

さて、そんな史上最強力士という話題についてのことだが、後で考えてみると少し驚いたことがあった。私の記憶では、白鵬と答えた方が居なかったのである。

誰がどう見ても強いのは間違いない。数字で見ても印象で見ても、どちらを取っても確実に最強の一角、いや、最強の最右翼に位置する白鵬を支持する声があるのではないかと感じていただけに、これはかなり意外だった。当然その強さを評価することも、そしてその強さに対して思い入れを抱くことも自然なことだと思う。だが、あの場にはそういう方は居なかったのである。

これは一体何故なのか。少し考えてみると、参加者の回答に一つの特徴が有ることを思い出した。そう。かなり多くの方が支持したのは、彼らが幼い頃に目撃した力士だったのである。

記録上、その時の力士よりも優秀な力士は存在する。技術革新が各時代に起きている上に、過去の取り口に対してはある程度の攻略法も編み出されている。トレーニングも整備され、体も大きくなってきている。過去の力士と対戦させたら現在の力士が有利であることは間違いない。

そういうことは、誰もが知っている。しかし、記憶の中の過去の相撲を超えられない。だから最強力士のような思い入れの話になると、過去には勝てないのである。

過去は美化される。素晴らしい思い出が有るからこそ、今も相撲を観ている。そういう意味では過去は財産だ。

ただ、過去が素晴らしければ素晴らしいほど、大変なのは現在だ。今の相撲は過去と比べると恐らく一番素晴らしいはずだ。だが、素晴らしい思い出によって今の素晴らしさを認められないのだとしたら、それは大変皮肉なことだと思う。

つまり大相撲のライバルは、野球でもサッカーでもない。過去の大相撲のなのである。

過去の大相撲を超えるには、内容で過去を圧倒せねばならない。記憶の中の最強力士を凌駕するような、素晴らしい相撲を取り続けねばならない。今の相撲ファンは、朝青龍を経験している方も居れば若貴ブームを経験している方も居る。千代の富士や輪湖、柏鵬や栃若、さらに高齢になれば双葉山すら経験している方も居る。

記憶の中の双葉山や大鵬、貴乃花に今の力士は挑んでいる。戦っているのは、目の前の力士に対してだけではない。そう。彼らは歴史と戦っているのだ。

大相撲よ、過去の大相撲に勝て。 初場所は熱戦を期待したい。

◇Facebookサイト◇ 幕下相撲の知られざる世界のFacebookページはこちら。

◇Instagram◇ 幕下相撲の知られざる世界のInstagramページはこちら

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
最新相撲事情考察
タグ:
双葉山
若貴
輪湖
栃若
史上最強力士
過去の大相撲

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

大相撲のライバルが、過去の大相撲である理由。

比較の対象はいつだって美化された過去なんですよね。
今を生きる選手は大変です。それを圧倒的に上回らねばならない。
沢村栄治が155キロ投げてたなんて言われたら、ほんと大変ですからね。。

大相撲のライバルが、過去の大相撲である理由。

やっぱり今を生きる力士は、何時だって大変なんだと思います。
貴乃花もひどい報道されていました。
各自が一歩引く余裕を持てば、楽しく見られるんじゃないかと思うんです。

大相撲のライバルが、過去の大相撲である理由。

お久しぶりです。
プロレスではファンからの評価が一番であるため、過去に縛られた結果無理をして怪我して引退したり、プレッシャーに耐えられなくなって退団したりといったことも多いですよ。
そのため過度に過去と比較するファンは、業界内の『毒』として『懐古厨』という名を持って扱われています。
実際に武藤敬司(神無月の元ネタ)が『伝説には勝てない』と言っていましたしね。
他にもラリー・ホームズというボクサーは実力もあり名試合も多いですが、アリの次の世代だったことやライバルが不在だったこともあり、現在でもアリのコピーと言われ評価が低かったりとこの手の内容は沢山あります。
特に相撲は歴史が長く力士も格式を求められるためこういった悩みも多いでしょうね…。
現役力士は雑音を気にせず過去ではなく現在と未来を見て邁進してほしいものです。

大相撲のライバルが、過去の大相撲である理由。

「あなたの考える史上最強力士は誰か」という問題の回答が過去の力士になるのは、回答者の人生の中で一番輝いていて元気いっぱいの時代に活躍した力士を選ぶからではないか、と考えます。
自分の人生を土俵上の力士に重ね合わせるわけですが、これは大相撲だけではなく、別のジャンル(ほとんど新曲を出していない松田聖子や中森明菜のディナーショーが即完売する)にも見られることです。

大相撲が10年後、20年後、現在の形態で存続しているならば、白鵬は「神力士」として崇め奉られるのではないかと思います。
現役力士は賞賛よりも批判のほうが多い。とくに横綱は厳しい(やたら引退勧告したがる横審委員長もいるし)。ただ、引退してある程度の時間が経つと、あの素行の悪い朝青龍でもツイッターの人気者になるのが不思議だ。

こんな記事も読みたい

ベストバウト’2017【プロレスファンタジスタン】

日本人ボクサーと相性の悪いスタイル【スポーツ えっせい】

観戦記1256 WBAフライ級王座戦 井岡一翔vsスタンプ・キャットニワット【人生マイペンライ】

ブロガープロフィール

profile-iconnihiljapk

幕下相撲と、相撲の魅力を多くの方と共有したいということでブログ開設し、5年経過。

相撲などのスポーツライティング、コラム、企画構成など手広く承っております。お気軽にお問合せ下さい。

【過去のお仕事】
・テレビ朝日「サンデーステーション」
・スポーツナビコラム(西岩親方インタビュー)
・現代ビジネス
・週刊Flash
・Palm Magazine
・大相撲ぴあ
・静岡新聞
・SBSラジオ
 への寄稿など多数。

【Mail】
makushitasumo*gmail.com
*はアットマークです。

【Ustream】
http://www.ustream.tv/channel/makusearch
  • 昨日のページビュー:10057
  • 累計のページビュー:12425418

(05月28日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?
  2. 序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。
  3. 史上最強の大関は誰か?歴代大関ランキング 後編
  4. 遠藤の新四股名が決定!「清水川」。この四股名が優れている理由とは?
  5. 土俵態度が物議を醸す白鵬。偉大過ぎる人間:白鵬の影が批判を許さぬ今、横綱審議委員会の真価が問われる。
  6. 琴欧洲の短期間での衰えは、肉体的なものだけではない。引退前に大砂嵐との対戦を希望する理由とは?
  7. 日馬富士への問題発言に見る、守屋氏が横綱審議委員に相応しくない理由。
  8. 稀勢の里は、麻薬だ。
  9. 舞の海さんの排外発言騒動。しかし、実は直後に真逆の発言をしている。どちらが真意か。各自観て判断頂きたい。
  10. 照ノ富士の変化と差別を結びつける前に、考えて欲しいこと。

月別アーカイブ

2017
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss