幕下相撲の知られざる世界

今、白鵬をどう捉えるべきなのか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

横綱:白鵬。

大相撲の顔にして第一人者。そして、大相撲の信頼が揺らいだあの時期に、大相撲を守り抜いた大恩人。それが、モンゴル出身のこの稀代の大横綱だ。

大き過ぎる白鵬。それ故に永くアンタッチャブルな存在であり続けた。良くも悪くも白鵬の顔色を伺っていたのではないかと思う。気が付くと白鵬の相撲内容は変質していたが、不幸にもそのことに向き合うことは出来なかった。

荒れた相撲内容が目立つようになっても、止める者は無かった。そして、2年前に審判部批判という事件が起こってしまった。思えばあれが分岐点だった。

あの時はまだ、アンタッチャブルな存在だった。だからこそ私は、すぐに謝罪すれば解決可能だと論じた。あの頃の白鵬に戻って欲しいからこそ、審判部を批判する白鵬に厳しい論調になっていたのは間違いない。

だが白鵬は恩人としての白鵬ではなく、別の白鵬で居ることを選択した。

時にカチ上げを振るい、流血も辞さず、ダメ押しが出ることも一度や二度ではない。千代鳳や琴勇輝のルーティーンを批判したことも有った。

あれから2年。 改めて考えてみた。

白鵬に対して、どのように接すれば良いのだろうか。言動や土俵態度について、どう捉えれば良いのだろうか。

今の白鵬については、捉え方が二極化しているように思う。白鵬を徹底して支持する方と、徹底して批判する方である。

支持する方に多いのは、言い逃れが出来ないような行為に至るまで肯定すること。逆に批判する方に多いのが、素晴らしい行動さえも穿った見方で否定してしまうことである。

白鵬を論じるのは、大変危険なことだ。白鵬批判でもしようものなら支持者からは厳しい批判に晒され、アンチ白鵬からは祭り上げられる。そう。白鵬を批判することは何も産み出さないのである。

私は白鵬がカジュアルに語られる存在であるべきだと考えてきた。あの頃白鵬に向き合えなかったことが、今の白鵬を産み出したと感じているからだ。この2年で悪い部分には向き合えるようにはなったと思う。悪いものは悪いのだから、それは良いことだ。

ただ、それだけではダメなのだ。

批判だけのカジュアル化こそが白鵬ファンの不満を募らせ、白鵬ファンの白鵬化を招いているのではないかと思うのである。

今の白鵬は物議を醸す言動も多いが、一方で素晴らしい行動も多く行っている。例えば、相撲の底辺拡大のために中学生以下の全国大会である「白鵬杯」を毎年開催しているし、多くの力士が欠場する中で誰よりも積極的に巡業にも参加している。

こうした姿勢は白鵬ファンからは熱烈に支持されているが、普段白鵬を批判している方はどうだろうか。白鵬は、善悪の二元論で語ることが出来ない存在だ。誰にもできない形で相撲界に貢献しながら、批判を受けかねない行動も取っている。

人の行動は悪意を持って解釈すれば、いくらでも悪く受け止めることも出来る。白鵬の素晴らしい行動も、一代年寄としての特例を認めさせるためだとする人も少なくはない。解釈というのはその人の裁量にゆだねられるものだ。その裁量を少しフラットに寄せると、白鵬の捉え方が変わるのではないかと思うのだ。

良いものは良い。 悪いものは悪い。

良いものを悪い、悪いものを良いと捉えるバイアスを排除すること。2017年、まずは私がこれを行っていこうと思う。

最後に、今一つ残念なことが有る。それは、白鵬の物議を醸す行為に対して前ほど批判が起きないことだ。それでも私は、以前の白鵬を期待している。恩人だからこそ、望まずにはいられないのである。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
白鵬
タグ:
批判だけのカジュアル化
二極化
アンチ白鵬
白鵬

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

横綱プラス玉鷲関が今場所を引っ張っていきそうだ。【独断と偏見の相撲ランキング】

今日から大相撲初場所が始まり【スポーツ えっせい】

天覧相撲の警備の対応に、深く感銘を受ける。【幕下相撲の知られざる世界】

ブロガープロフィール

profile-iconnihiljapk

幕下相撲と、相撲の魅力を多くの方と共有したいということでブログ開設し、5年経過。

相撲などのスポーツライティング、コラム、企画構成など手広く承っております。お気軽にお問合せ下さい。

【過去のお仕事】
・テレビ朝日「サンデーステーション」
・スポーツナビコラム(西岩親方インタビュー)
・現代ビジネス
・週刊Flash
・Palm Magazine
・大相撲ぴあ
・静岡新聞
・SBSラジオ
 への寄稿など多数。

【Mail】
makushitasumo*gmail.com
*はアットマークです。

【Ustream】
http://www.ustream.tv/channel/makusearch
  • 昨日のページビュー:26495
  • 累計のページビュー:12352305

(05月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?
  2. 序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。
  3. 史上最強の大関は誰か?歴代大関ランキング 後編
  4. 遠藤の新四股名が決定!「清水川」。この四股名が優れている理由とは?
  5. 土俵態度が物議を醸す白鵬。偉大過ぎる人間:白鵬の影が批判を許さぬ今、横綱審議委員会の真価が問われる。
  6. 琴欧洲の短期間での衰えは、肉体的なものだけではない。引退前に大砂嵐との対戦を希望する理由とは?
  7. 日馬富士への問題発言に見る、守屋氏が横綱審議委員に相応しくない理由。
  8. 稀勢の里は、麻薬だ。
  9. 舞の海さんの排外発言騒動。しかし、実は直後に真逆の発言をしている。どちらが真意か。各自観て判断頂きたい。
  10. 照ノ富士の変化と差別を結びつける前に、考えて欲しいこと。

月別アーカイブ

2017
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss