幕下相撲の知られざる世界

豊ノ島でも、4勝3敗。幕下上位の厳しい現実。

このエントリーをはてなブックマークに追加

朝弁慶が、4勝3敗。 富士東が、4勝3敗。 そして豊ノ島が、4勝3敗。

これが幕下上位の、厳しい現実だ。

場所前に十両昇進予想をしたとしたら、かなりの人が彼らを挙げていたのではないかと思う。関取としての実績があり、コンディションを戻せばこの地位ではある程度勝てるのではないかと予測しやすいからだ。

事実、彼らのようにキャリアが有り幕下に落ちてきた力士の多くが、これまですぐさま十両に戻っていった。そして、彼らは幕下に戻ることは無かった。幕下と十両、そして幕内にはそれほど大きな差が有る。

実績有る力士が幕下で相撲を取るのは心が痛む。だが彼らが元関取として圧倒的な強さを見せるのは、私は好きだ。もし豊ノ島が幕下と取ったらどれだけ違うのか。そしてその違いを彼らは見せ付けてきた。

ああ、やはり実力者は違うのだ。 そう再認識するのは悪いことではない。 私は今までそう考えてきた。

だが、その考えを今回改めざるを得なくなった。そう。幕下上位は、もうそのような地位ではなくなってきているのである。

朝赤龍が孤軍奮闘してきた高砂部屋の将来を担いながらも、幕下に転落した朝弁慶。平塚であれほどの期待を集め、そして圧倒的な存在感を誇っていた朝弁慶が、幕下に落ちたことは私の中で少なからずショックだった。

そもそも土俵上でも土俵外でも、朝弁慶の存在感は群を抜いていた。地位が人を作るのだろう。平塚での立派過ぎるほど立派な振る舞いで周囲の期待に応える姿に、まだ十両未経験だった1年前の姿を重ねて微笑ましくも少しばかり寂しい気で居たのだが、その9月場所で幕下に転落するとは全く想像していなかった。

朝赤龍から朝弁慶へのバトンタッチという歴史的な継承が行われたと認識していたのだから、幕下に転落した朝弁慶はさぞや強いだろう。いや、強くなければ困る。相撲的にも恐らく幕下上位ではモノが違う。私はそう考えていた。

だが、栃丸に敗れた。 海龍にも敗れた。 更には、富士東にも敗れた。

2勝3敗と後がない状態から何とか連勝して、勝ち越しで九州場所を終えた。7番目の相撲では十両の大翔鵬との対戦が組まれたのだから、本当に危なかったと思う。それでも勝つのだから、実力は間違いない。とはいえ、そういう朝弁慶でも何とか4勝3敗だ。

力真が筆頭で6勝1敗。 照強が全勝優勝。 坂元も筆頭で4勝3敗だ。

要するに、実力者は朝弁慶や豊ノ島、富士東だけではないということである。

希善龍も居る。 若乃島も居る。 栃丸も居る。 海龍も居る。 彼らは上位で勝ち越している。

そして、今年の5月に稽古を観た時に確実に十両昇進すると感じた志摩ノ海に至っては2勝5敗だ。他にも実に恐ろしい現実が、実力者達を呑み込んだ。

魁は幕下11枚目で負け越した。 出羽疾風は12枚目で負け越した。 徳真鵬は15枚目で負け越した。

もう以前の幕下ではない。 これが2016年の、幕下なのである。

1月に琴奨菊と優勝を争い、その琴奨菊に勝った豊ノ島ですら4勝3敗だ。もう何が起きてもおかしくはない。一度落ちれば誰もが必死に成らねば戻ってこられない場所に、幕下は変容したのである。

2017年、幕下相撲はどのように変貌するのか。そして誰に対して、牙を向けることになるのか。安心できる力士など、誰も居ない。

そう。 豊ノ島ですら吞み込まれたのだから。

◇Facebookサイト◇ 幕下相撲の知られざる世界のFacebookページはこちら。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
幕下相撲
タグ:
高砂部屋
幕下上位の、厳しい現実
幕下相撲
富士東
朝弁慶
豊ノ島

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

豊ノ島でも、4勝3敗。幕下上位の厳しい現実。

今は十両上位で勝ち越せる力士がいないんだよね
今場所番付け的に幕内に上がれる成績を残せたのは佐藤のみ
十両下位では大勝ちできる力士も上位ではかなり苦しむ
幕内下位、中位に定着できる力士と十両上位の力士の差がかなり開いてしまってる

「豊ノ島でも、4勝3敗。幕下上位の厳しい現実。」へのコメント

志摩ノ海は5月場所後、十両昇進しています

「豊ノ島でも、4勝3敗。幕下上位の厳しい現実。」へのコメント

今場所の幕下上位は特に厳しかったですね・・・
たまに発生する十両の上位が強すぎて十両陥落相当の星が大量に発生する場所に比べると、
幕下上位での力士の渋滞具合がハンパありません。

こんな記事も読みたい

2016年の全国学生相撲選手権の知られざる世界。後編【幕下相撲の知られざる世界】

力道山死後の 「日本プロレス 12月」 【スポーツ よもやま話】

【試合プレビュー】加藤善孝(角海老宝石)VS レオナルド・ドロニオ(フィリピン)【角海老-ボクシングコラム】

ブロガープロフィール

profile-iconnihiljapk

幕下相撲と、相撲の魅力を多くの方と共有したいということでブログ開設し、5年経過。

相撲などのスポーツライティング、コラム、企画構成など手広く承っております。お気軽にお問合せ下さい。

【過去のお仕事】
・スポーツナビコラム
・現代ビジネス【new!】
・静岡新聞
・SBSラジオ【new!】
・大相撲ぴあ
・週刊Flash
・Palm Magazine
 への寄稿など多数。
※最近朝活講師も担当しました。

【Mail】
makushitasumo*gmail.com
*はアットマークです。

【Ustream】
http://www.ustream.tv/channel/makusearch
  • 昨日のページビュー:53923
  • 累計のページビュー:11954331

(03月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?
  2. 序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。
  3. 史上最強の大関は誰か?歴代大関ランキング 後編
  4. 遠藤の新四股名が決定!「清水川」。この四股名が優れている理由とは?
  5. 土俵態度が物議を醸す白鵬。偉大過ぎる人間:白鵬の影が批判を許さぬ今、横綱審議委員会の真価が問われる。
  6. 琴欧洲の短期間での衰えは、肉体的なものだけではない。引退前に大砂嵐との対戦を希望する理由とは?
  7. 日馬富士への問題発言に見る、守屋氏が横綱審議委員に相応しくない理由。
  8. 稀勢の里は、麻薬だ。
  9. 舞の海さんの排外発言騒動。しかし、実は直後に真逆の発言をしている。どちらが真意か。各自観て判断頂きたい。
  10. 白鵬会見拒否の謎。我々はあの場で日馬富士に声援を上げぬべきだったのだろうか?配慮と気持ちの狭間でいかに振る舞うべきなのか。

月別アーカイブ

2017
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年03月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss