幕下相撲の知られざる世界

川崎フロンターレサポーターの大相撲観戦に、再度感銘を受ける。

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、先日朝活の講師を務めたイベント「読ラボ」で、大相撲の観戦イベントが有った。私はそのナビゲーター役ということで館内の案内と、取組解説のまねごとを携帯アプリを使いながら行った。

土俵上の取組もさることながら、土俵以外で気になることについても相撲を観ない観点だと目に入ることが多いので、視点を拡げて普段あまり気にすることの無い優勝額やどすこいFM、懸賞幕を持って待機する呼出にも言及していると、そう言えばと気付いたことが有った。

今日は、川崎フロンターレサポーターの方が来ていたのだ。

川崎フロンターレというサッカーチームのサポーターが両国国技館に足を運ぶ。知らない方は何故と思われるかもしれないが、同じ川崎には春日山部屋という相撲部屋が有る。新田ボクシングジムも絡めてファンレベルでも、チームレベルでも交流しているのである。

例えば、等々力競技場での川崎フロンターレの試合では、春日山部屋のちゃんこが出店している。等々力に行けば分かるが、この屋台は長蛇の列を成しており、誰もがその存在を知っている。そして、その美味しさも知っている。その交流はここ数年という類のものではなく、根付いたものだからこその列であると言えよう。

その交流の一環として、川崎フロンターレのサポーターは春日山部屋の力士の闘いぶりを見るために毎年9月になると国技館に観戦ツアーで足を運んでる。椅子席の一角には国技館では見慣れない、青黒のユニフォームや浴衣に身を包んだ方々が数十人規模で居る。

そういえば、今日はその日だった。

3年前にその交流について知り、彼らが春日山部屋の取組を終えた後も歓声を挙げ続ける様子を見て大変感激したことが有る。バレーボールの世界選手権に於ける、全く別のジャンルのファンの方のマナーの悪さ、観戦態度に関する苦言を知っていただけに、目当て以外に対してもリスペクトを払い、全力で楽しむ姿勢に当時私は感銘を受けた。そして、彼らが愛する川崎フロンターレというチームに興味を抱き、ゴール裏に潜入し、更にはユニフォームを作った。今でも時間ある限り結果を追い掛け、等々力競技場にも足を運んでいる。

そんな彼らが、また来ている。

春日山部屋はこの1年で騒動が有り、そもそも存続の危機に瀕していた。そういう状況の中で以前と同じように存続し、そしてファンレベルでの交流が続いている。そのことが相撲ファンとして嬉しかった。

1年経てば、今の常識が非常識になることも有る。ツアーを組んで、数十人が来ている。それだけで特別なのである。見慣れた日常も、実は非日常なのかもしれない。そんなことを考えていると、春日山部屋の水口の取組が行われた。勝ち名乗りを受ける水口。

そこで、私は一つの変化に気付いた。 川崎フロンターレのサポーターは、ただ拍手をしていたのである。

実は彼らは春日山部屋の力士が勝つと、声を揃えて一つの応援を行っていた。コールや手拍子のような、いわゆる集団応援に類するものである。サッカーで言えば、それは当然の行いだ。むしろ集団で応援することこそ、彼らの流儀である。

川崎から応援しに来ている。そのことを伝えたいのであれば、川崎フロンターレのやり方で伝えるのが一番早い。自分を応援してくれる人が居る。力士達もそれに気付くだろうし、その行為は嬉しいはずだ。

だが、ここは両国国技館だ。集団応援は観戦約款に於ける禁止事項である。更には、集団応援に関しては相撲観戦の粋を逸脱する行為という見方をする方も多く存在している。私自身、そう感じている一人だ。

出来ることならそう伝えたい。丁度サポーターの方との交流が出来たので、機を見てそれを伝えようと心に決めていた。だが、彼らの口から出たのは、意外な言葉だった。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
番外編
タグ:
春日山部屋
集団応援
観戦マナー
サポーター
川崎フロンターレ

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

川崎フロンターレサポーターの大相撲観戦に、再度感銘を受ける。

おはようございます。以前からこちらのブログ、吐合関への記事から読ませていただいています。
思えば昭和の家庭では野球と相撲が見られていて、ほとんどの小学生はある程度の野球選手と力士は言えた時代でしたね(父親がテレビのチャンネル権を握っていたので)
横綱 千代の富士 隆の里 大関 琴風 若島津 朝潮 北天佑 関脇 出羽の花
とノスタルジックな話も良いのですが、昔話はこれくらいで、

問1:公傷制度は必要か。またそれは何故か。
→必要 土俵の作り的に怪我をするなと言うのがおかしいので。

問2:問1で必要と答えた方は、どのような制度にすべきと考えているか。
→公傷で休む間は、本場所間も巡業中も給料全額0
 あと回数を設け、二回目以降は罰金+勧告等のペナルティ回数を科す。

問3:怪我を抑止し、発生後も復帰できるようにするためには、どうすれば良いか。
→土俵を作り変える。
 ・形的に台形で高さがあり、そこに両者体重300kgを超える人間が絡み合って落ちれば怪我をしない方がおかしい。そこで平地に縄で囲んだだけの土俵とし、その土俵内と周りは緩衝の為の柔らかい素材を敷き詰める。

これからも管理人さんの唯一無二のブログ、楽しみにしています。

公傷制度をつくるべき

問1:公傷制度は必要か。またそれは何故か。
→必要。ケガした力士の相撲は金をとる価値がない
  
問2:問1で必要と答えた方は、どのような制度にすべきと考えているか。
→休場による番付落下の下限を設ける(例:幕内力士はいくら休んでも十両に落ちない)
 ・どのケガが公傷に値するか、審判部が基準を明確にする
 ・親方が医師の診断書とともに審判部に申請し、公傷と認めるのは審判部
 ・公傷で休んだ場合はその分の力士の給料は減額
 ・大関はカド番にしない
  
問3:怪我を抑止し、発生後も復帰できるようにするためには、どうすれば良いか。
→本場所を年4場所にする
 ・名古屋・九州は本場所をやめ、巡業地にする
 ・巡業を増やす(稽古を増やすという意味で)
→本場所に休養日を設ける
 ・初日を土曜にし、10日目終了後の火曜を1日休養日にする

こんな記事も読みたい

観戦記1199 WBC米大陸ヘビー級王座決定戦 ドミニク・ブリージールvsアミール・マンスール【人生マイペンライ】

どうした照ノ富士関?調子を上げる上位陣のなかで一人4敗目を喫する【独断と偏見の相撲ランキング】

大久保が試合を壊し監督(の采配)が止めを刺す【ダブルボギーの憂鬱】

民放キー局の限界を示した山中慎介&長谷川穂積の名試合@オタクの時代の放映は【雨の日の日曜日は・・・スポーツ別館】

2016年Jリーグ2nd第11節vs福岡【◇ ぼくとフロンターレ ◇】

今さらながら2失点に絡む大島について【ダブルボギーの憂鬱】

【川崎×柏】完勝するか、完敗するかの一戦。結果は後者だった。【Jリーグ好き大学生のつぶやき】

タイ戦前に読んでほしい記事と、昨日発表のW杯最終予選予備登録メンバー89名をクラブ別に見ていく【【図解で分析】サッカーアナライザーの戦術分析ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconnihiljapk

スポーツライター:西尾克洋が運営しております。相撲などのスポーツライティング、コラム、企画構成など手広く承っております。お気軽にお問合せ下さい。

【過去のお仕事】
・日本テレビ「超問!真実か?ウソか?」(2017年6月)
・テレビ朝日「サンデーステーション」(2017年5月)
・スポーツナビコラム:西岩親方インタビュー(2016年3月)
・現代ビジネス(2017年2月)
・ビジネスジャーナル(2017年9月)
・週刊Flash(2017年1月)
・Palm Magazine(2010年)
・大相撲ぴあ(2015年12月)
・静岡新聞(2015年10月)
・SBSラジオ(2017年3月)
 への寄稿など多数。

【Mail】
makushitasumo*gmail.com
*はアットマークです。

【Ustream】
http://www.ustream.tv/channel/makusearch
  • 昨日のページビュー:396
  • 累計のページビュー:13044980

(10月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?
  2. 序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。
  3. 史上最強の大関は誰か?歴代大関ランキング 後編
  4. 遠藤の新四股名が決定!「清水川」。この四股名が優れている理由とは?
  5. 土俵態度が物議を醸す白鵬。偉大過ぎる人間:白鵬の影が批判を許さぬ今、横綱審議委員会の真価が問われる。
  6. 琴欧洲の短期間での衰えは、肉体的なものだけではない。引退前に大砂嵐との対戦を希望する理由とは?
  7. 日馬富士への問題発言に見る、守屋氏が横綱審議委員に相応しくない理由。
  8. 稀勢の里は、麻薬だ。
  9. 舞の海さんの排外発言騒動。しかし、実は直後に真逆の発言をしている。どちらが真意か。各自観て判断頂きたい。
  10. 照ノ富士の変化と差別を結びつける前に、考えて欲しいこと。

月別アーカイブ

2017
09
07
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss