幕下相撲の知られざる世界

序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日私は、朝8時の相撲について記事を書いた。

相撲としては最弱かもしれないが、勝ちを目指す相撲は感じるものが有る。だから、一度は観ておくべきだという話をしていた。

強さと弱さを超えた、朝8時の相撲の知られざる世界。

だが、その数時間後に前代未聞の出来事が両国国技館で起こっていた。それも、他ならぬ朝8時の土俵で。

服部桜。

昨年11月にデビューした、180センチ70キロという力士だ。体格からも想像が付くかもしれないが、彼は11月から22連敗を記録していた。5月に初勝利を挙げた時は、少し話題になったほどである。

その彼が、信じられないような相撲を取った。

本来ならばこの話題は出したくなかったし、私の意図とは逆の方向で話が広まる恐れも有る。不名誉な話を拡散するのは不本意なのだが、不名誉と真逆の話を書いたばかりなので大相撲の名誉のためにもこの話題に触れることをお許し願いたい。

服部桜は、自ら敗れることを選んだのだ。それも、3度も。目撃情報も写真も相当な数で回っているので、残念ながらこれは事実だ。

一度目は、手を付いた後で掌を付いた。 二度目は、土俵にそのまま飛び込んだ。 三度目は、自ら尻もちを付いた。

行司もさすがにこれで決着は付けられなかったのだろう。だからこそ、このような行為が三度に亘って行われても、取り直しという裁定を下した。だが、四度目でも相撲らしい相撲が取られることが無いまま、服部桜は敗れた。

この行為に対して言葉の限りを尽くして批判したい気持ちも有る。ただ、今服部桜を批判することは何も産み出さないのである。

強さだけが評価の対象となる大相撲で、弱いのに現役を続けるという行為は受け止めることが非常に難しい。序ノ口序二段という最下層から抜け出すどころか、そこですら勝てない。それでも、引退を勧告されても自らの意志で現役を続行する。そういう相撲には、誠実さが有る。だから感じるものが有る。

そして、最弱とまではいかないが、少しだけ上の地位で相撲を取り続ける力士も居る。このような地位の現役力士と話す機会が有ったのだが、共通しているのが燃え尽きることが出来ないことだった。相撲に誠実になれず、だからと言って次の道に進む踏ん切りが付く訳でもない。自らの弱さに絶望しながら、自分を見切る決断も出来ない。そういう相撲には感じるものが全く無いが、一方でその迷いには感じるものが有る。

一生懸命になれることも、一生懸命になれないことも、相撲の一部だ。そして、生きることの一部だ。だが、自ら敗退を選ぶことを生きることの一部として認める気にはとてもなれない。

最弱力士という話題は、誤解を産みやすい。だが、最強が居れば最弱も居るのが勝負の世界だ。たとえ最弱であってもそこに甘んじることなく、強さを希求するからこそ最弱力士に名誉が有ると私は思う。それもまた、大相撲の一部だ。弱さにチャーミングさが有るのはそういうことだ。

たとえ弱くても、力士は強さを求めるからこそ力士だ。そして、強さを求め切れない弱さが有ることも、多くの力士が抱えるジレンマだ。 強さを求めなくなった瞬間に、力士は人に戻っていく。

服部桜は力士ではない。 もはや只の人である。

大相撲は人気を回復したからといって、今も尚大変誤解されやすい競技であることは間違いない。数年前の問題から誤解や偏見は更に深まり、ポジティブに評価することは大変難しくなった。手軽に感動することを求め、また、手軽に面白いことを求める時代だ。珍妙な敗退行為を続ける最弱力士の存在など、すぐに拡散されて、面白おかしく伝えられることは容易に想像が付く。それはこのような時代だから、仕方が無いことだ。私だって別ジャンルでこのような突拍子の無い話題が有れば、喰い付くことだと思う。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
三段目以下の力士
タグ:
序二段
序ノ口
敗退行為
最弱力士

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。

厳しい処分を求めるお気持ち、分かります。ただ、どうやら今のところそういう処分が下る様子は有りません。

服部桜としては土俵で取り戻すチャンスを得た訳ですが、このようなことも大相撲は起き得るということが知れてしまったために、大相撲としての打撃はかなり有ると思います。

大相撲の活況が続けば、いずれは忘れられることだと思います。ただ、服部桜本人としては苦しいですね。この十字架をどうやって背負っていくか。また、大相撲というのは十字架を背負わせかねない競技とも言えるので、弟子の見極めは大事だと感じました。

序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。

大相撲の根幹を揺るがす行為で、序の口だから許されるなんてことはない
最悪な一番と言ってもいいんじゃないと思います。
服部桜が行った行為は、土俵に上がる者として絶対にしてはいけない行為
相撲の歴史を汚す行為だと思います。
八百長で相撲界を去った力士同様に、相撲界を去るべきだと思います。
同時に式秀親方にもなんらかの処罰を求めます。

序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。

とりあえず、よく分かんないんですよね。明日の取組にもたぶん出てこないと思います。これで出てきたら逆に凄いです。本来ならば何も言わずに辞めていったほうが色んな意味で良いと思うのですが、その後のストーリーが有るならば気にはなりますね。

序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。

動画見ましたが悲しくなるというより心配になる感じでしたね…
むしろ裏に何もなく、本人の気持ちで単に敗退行為を行ってるだけならいいんじゃないかと思うくらいです

こんな記事も読みたい

もはや稀勢の里の横綱昇進に期待するべきでない【スポーツ えっせい】

観戦記1196 WBOウェルター級王座決定戦 サダム・アリvsジェシー・バルガス【人生マイペンライ】

鶴竜関に初金星の隠岐の海関。3日目日馬富士関を破れば、一躍今場所の主役となる可能性もある【独断と偏見の相撲ランキング】

ブロガープロフィール

profile-iconnihiljapk

スポーツライター:西尾克洋が運営しております。相撲などのスポーツライティング、コラム、企画構成など手広く承っております。お気軽にお問合せ下さい。

【過去のお仕事】
・日本テレビ「超問!真実か?ウソか?」(2017年6月)
・テレビ朝日「サンデーステーション」(2017年5月)
・スポーツナビコラム:西岩親方インタビュー(2016年3月)
・現代ビジネス(2017年2月)
・ビジネスジャーナル(2017年9月)
・週刊Flash(2017年1月)
・Palm Magazine(2010年)
・大相撲ぴあ(2015年12月)
・静岡新聞(2015年10月)
・SBSラジオ(2017年3月)
 への寄稿など多数。

【Mail】
makushitasumo*gmail.com
*はアットマークです。

【Ustream】
http://www.ustream.tv/channel/makusearch
  • 昨日のページビュー:477
  • 累計のページビュー:13045456

(10月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?
  2. 序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。
  3. 史上最強の大関は誰か?歴代大関ランキング 後編
  4. 遠藤の新四股名が決定!「清水川」。この四股名が優れている理由とは?
  5. 土俵態度が物議を醸す白鵬。偉大過ぎる人間:白鵬の影が批判を許さぬ今、横綱審議委員会の真価が問われる。
  6. 琴欧洲の短期間での衰えは、肉体的なものだけではない。引退前に大砂嵐との対戦を希望する理由とは?
  7. 日馬富士への問題発言に見る、守屋氏が横綱審議委員に相応しくない理由。
  8. 稀勢の里は、麻薬だ。
  9. 舞の海さんの排外発言騒動。しかし、実は直後に真逆の発言をしている。どちらが真意か。各自観て判断頂きたい。
  10. 照ノ富士の変化と差別を結びつける前に、考えて欲しいこと。

月別アーカイブ

2017
09
07
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss