幕下相撲の知られざる世界

稀勢の里の綱取りを分けるのは、9日目と10日目である。過去の綱取り失敗事例から、今の稀勢の里の状況を検証してみた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

稀勢の里がここまで7勝1敗で来ている。

理想的とは言わない。優勝争いをするうえで、最強横綱たる白鵬が居るにもかかわらず序盤で1敗してしまったのだから。むしろ白鵬が1敗するという状況の中で、辛くも優勝争いに踏みとどまっていると評した方がいいだろう。

1敗するまでの稀勢の里は理想的な相撲を取っていた。受ける相撲は一つの完成形を見せているようにすら感じさせた。だが、敗れた相撲を含めてこの中盤戦は不安定であることは否めない。

先場所は終盤戦に向けて大いに期待させ、とはいえこれまでの経緯を考えると漠然とした不安を抱くという、稀勢の里に有りがちな伏線を張っていたのだが、今場所は少し違う。そう。そこに有るのは漠然とした不安ではなく、確固たる不安だ。

立合いの不安定感が付け入るスキを許し、腰が伸びて後退する。勝ちは拾うが、危ない印象しか抱かない。何故なら、それはこれまでの稀勢の里の負けパターンだからだ。

「負ける気がしない」という表現が有るが、稀勢の里の場合は負ける気しかしない。どこかで負ける稀勢の里の将来を思い浮かべながら、美しく塩を撒く稀勢の里を不安げに見つめる。

だが、私は少し考えてみた。綱取りに失敗する時、もっと早く負けが込むものではないだろうか。むしろ稀勢の里はここまで上手くやれている方なのではないだろうか。

そもそも先人達はいかに綱取りに挑み、いかに散っていったのだろうか。その傾向が分かれば、今の稀勢の里像が見えるのかもしれない。ひょっとしたらそれほど不安に思わなくてもいいのかもしれないし、まだまだ予断を許さないのかもしれない。

そこで私は2001年以降の綱取りについて検証してみようと思う。具体的には、大関たちがいつ脱落したかを敗戦日から検証する。1敗目、2敗目、そして大抵の場合綱取りが絶望的になる3敗目を喫したのは何日目なのか。これをまとめることで8日目に1敗の稀勢の里の現状を分析してみたい。

今回の検証はあくまでも脱落日が遅ければ遅いほど綱取りを継続するという意味で優秀だという考え方なので、最終成績と脱落日は連動していない。集中して優勝争いを継続することを一つの指標として評価しているため、このような検証をしているということをご理解いただきたい。ただ、絶望的になった後で切れることなく土俵に立ち続けることもまた一つの能力なので、最終成績も併記したいと思う。

図1: 2001年以降に綱取り失敗した力士の1敗目、2敗目3敗目を喫した日

tsunatorisippai

この図から、実に面白いことが判明した。

綱取りに失敗したものの、翌場所も綱取りを継続した力士も含めて先場所の稀勢の里を除いて全員が5日目までに1敗しているのである。誰もが序盤の入りに失敗している。むしろ序盤の1敗は失敗と言わないのではないかと思う程だ。

そして、やはり一定の割合でかなり早い段階で綱取りが絶望的になることが判明した。5日目までに綱取りが絶望になった力士は全体の17%、そして10日目までに絶望になった力士は68%だ。7割もの力士が早々と綱取りから脱落しているのが実情なのである。綱取りを賭けた力士といえどその重圧からは逃れられないことがお分かりいただけるだろう。

そういう実情を踏まえたうえで稀勢の里の今場所を見てみよう。彼はもう、8日目を終えている。早々と脱落すること無く、既に綱取り失敗した力士の中で上位3割に食い込もうとしてるのである。既に一定の水準で自分を保てているということが分かる。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
データ検証
タグ:
大関在位時勝率7割
名大関
横綱
綱取り
綱取り失敗
稀勢の里

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

稀勢の里の綱取りを分けるのは、9日目と10日目である。過去の綱取り失敗事例から、今の稀勢の里の状況を検証してみた。

今回は綱取り失敗した力士と比較することで、危ないと言われる稀勢の里のコンディションを測りたかったのですが・・・惜しくも失敗した力士との比較になる、ということは伝わると思うんですよ。このデータ。そして、そういう力士と比較して名大関としての過小評価が揺り戻されてきたということもポイントになるんです。

そういう稀勢の里の歴史を考えて、今回は成功例よりも伝わるんじゃないかと。

稀勢の里の綱取りを分けるのは、9日目と10日目である。過去の綱取り失敗事例から、今の稀勢の里の状況を検証してみた。

貴方の記事は中途半端である。
もし検証するのであれば成功事例も検証し
両面から検証すべきであります。

こんな記事も読みたい

やはり琴奨菊は横綱昇進してなくてよかった【スポーツ えっせい】

7・24(日)大日本プロレス 両国国技館大会 水道橋のチケット&トラベルT-1前売券販売状況【極上の“T-1二見激情”見参】

観戦記1158 東洋太平洋フライ級王座戦 アーデン・ディアレvs比嘉大吾【人生マイペンライ】

ブロガープロフィール

profile-iconnihiljapk

スポーツライター:西尾克洋が運営しております。相撲などのスポーツライティング、コラム、企画構成など手広く承っております。お気軽にお問合せ下さい。

【過去のお仕事】
・日本テレビ「超問!真実か?ウソか?」(2017年6月)
・テレビ朝日「サンデーステーション」(2017年5月)
・スポーツナビコラム:西岩親方インタビュー(2016年3月)
・現代ビジネス(2017年2月)
・ビジネスジャーナル(2017年9月)
・週刊Flash(2017年1月)
・Palm Magazine(2010年)
・大相撲ぴあ(2015年12月)
・静岡新聞(2015年10月)
・SBSラジオ(2017年3月)
 への寄稿など多数。

【Mail】
makushitasumo*gmail.com
*はアットマークです。

【Ustream】
http://www.ustream.tv/channel/makusearch
  • 昨日のページビュー:25950
  • 累計のページビュー:13269420

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?
  2. 序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。
  3. 史上最強の大関は誰か?歴代大関ランキング 後編
  4. 遠藤の新四股名が決定!「清水川」。この四股名が優れている理由とは?
  5. 土俵態度が物議を醸す白鵬。偉大過ぎる人間:白鵬の影が批判を許さぬ今、横綱審議委員会の真価が問われる。
  6. 琴欧洲の短期間での衰えは、肉体的なものだけではない。引退前に大砂嵐との対戦を希望する理由とは?
  7. 日馬富士への問題発言に見る、守屋氏が横綱審議委員に相応しくない理由。
  8. 稀勢の里は、麻薬だ。
  9. 舞の海さんの排外発言騒動。しかし、実は直後に真逆の発言をしている。どちらが真意か。各自観て判断頂きたい。
  10. 照ノ富士の変化と差別を結びつける前に、考えて欲しいこと。

月別アーカイブ

2017
11
10
09
07
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss