幕下相撲の知られざる世界

白鵬休場で改めて考える、日本出身力士優勝の可能性。数値的にも心情的にも期待を寄せられる稀勢の里の凄さとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

白鵬休場。

言葉を並べてみても、どうにも「白鵬」と「休場」が結び付かない。今日もテレビでこのニュースが報じられ、白鵬の写真と休場という言葉が躍っても、そういうアナウンスが流れても、信じ難いものが有った。結局15時40分になったら例の土俵入りを見せて、2秒で取組を終えて悠然と帰ってくるような気がしていた。

だが、結局白鵬が現れることは無かった。 前代未聞の9月場所が、始まったのだ。

朝青龍引退後は白鵬が優勝争いの中心に居て、「白鵬か、それ以外か」という構図が数年続いた。2010年3月以降の32場所で23回の優勝。この間の白鵬以外の優勝の内訳は、日馬富士5回、把瑠都1回、旭天鵬1回、鶴竜1回、照ノ富士1回。

優勝経験の有る力士さ2名しか居ない、新時代の9月場所。そして鶴竜と豪栄道、琴奨菊に既に土が付いた。果たしてこれから何が起きるのか。予測不能としか言いようが無い。等しく優勝の可能性が有る中で、議論を呼び続けてきた例の言葉がまた浮上しつつある。

「日本出身力士の優勝は?」

外国人力士が支え続けてきた最近の大相撲。相撲の精神を体現してきたのは他ならぬ外国人力士だった。日本出身力士はそこに向き合い、過大な期待を背負いながら期待に殉じ続けてきた。外国人力士達に対して感謝しながらも、日本出身力士に対して期待してしまうのは失礼という概念が最近では支配的で、話題を口に出すことすらタブー視されつつあるところではあるが、相撲中継では定期的に話題になる。

個人的にはそこに差別意識が有る訳ではなく、単にそれは郷土力士の延長線上に有る概念だと思うので、期待を寄せることそのものがごく自然なことだと捉えている。だからこそ話しづらい話題ではあると思うが、この視点で相撲を観ることは止められないと思う。

さてそれでは少し考えてみたいのだが、仮に日本出身力士が優勝するとしたら、それは果たして誰なのか。優勝ラインは、この異常な状況なので恐らく12~13勝といったところだろう。つまり、白鵬が居ない条件下で最低12勝出来ることが条件となる。

そこで「白鵬が居なかったら」という視点を考慮し、過去3年で11勝したことが有る日本出身力士を洗い出してみようと思う。実力者の奮闘の可能性を考慮して過去3年、平幕優勝の可能性を考慮し幕内での11勝以上の経験を、そして最もモノを言うであろう、過去1年の実績をそれぞれまとめた。

■幕内で3年以内に11勝以上したことが有る日本出身力士■

力士 過去3年 過去1年 上位総当たり圏内 ========================== 稀勢の里:8    3    8  琴奨菊 :2    0    2  豪栄道 :4    0    4  栃煌山 :2    1    1 妙義龍 :2    0    1 隠岐の海:3    1    0 嘉風  :1    1    0 高安  :2    0    0 宝富士 :1    0    0 徳勝龍 :1    1    0 遠藤  :1    0    0 豊ノ島 :1    0    0 千代大龍:1    0    0 勢   :2    0    0 千代鳳 :1    1    0 ==========================

幕内総合優勝はほぼ三役以上であることを考慮すると総当たり圏内での実績と、過去1年での実績を加味してこの表を見てみると、この中で可能性が高いのは稀勢の里と言わざるを得ない。

稀勢の里に対する期待というのは難しいもので、これもまた議論の対象になりやすい。力の及ばぬ力士に対して過大な期待を抱くことを諌めたい気持ちも分かるし、稀勢の里に想いを寄せるがために他の力士、特に外国出身力士に対してリスペクトが無いように映りやすいということもその理由として挙げられるのは重々承知している。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
データ検証
タグ:
照ノ富士
鶴竜
稀勢の里
幕内総合優勝
優勝
日本出身力士優勝

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

私は相変わらず稀勢の里を諦めていません。今場所の優勝を切望しています。

ブログ拝見しました。久し振りにコメントさせていただきます。

稀勢の里は数字上でも日本出身力士の優勝候補の筆頭ということがよくわかる記事でした。
私自身は今日の碧山戦を観てからブログを更新するつもりですが、
確かに白鵬の存在が優勝ラインを大きく引き上げていたことは否めません。

逆に言えば白鵬がいない今場所はおっしゃる通り優勝ラインが下がることも予想されます。
ただでさえ3日目終わって全勝が4人しかいないという緊急事態なのです。
終盤のそれぞれの星の潰し合いを考えれば優勝ラインは下がる可能性が高いでしょう。

鶴竜はクセである引きで既に1敗、今の状況では恐らく照ノ富士が最有力というのが大方の見方だと思います。
しかし同時に今場所は日本出身力士の優勝が切望される場所であることもまた確かであり、
そうなるとやはり稀勢の里の名前が最初に挙がることに異論を挟むつもりもありません。

稀勢の里は大関としては概ね10勝以上をコンスタントに上げている力士です。
大関になって1場所も2ケタ勝てていない豪栄道とは真逆に位置していると思います。
そして最近は日馬富士にはとことん勝てない場所が続いていました。
白鵬との勝負については白鵬が圧倒していてもどこかで必ず年一度はやってくれるのがこの男でした。

言い換えればこの2人との対戦がなくなるというのは稀勢の里にとっても有利に動く要素になると思います。照ノ富士は日馬富士と同部屋で対戦がないため、この2人が同時に場所に出場している場合は他の力士より実質一番ずつ有利になるのですが、それも今回はありません。

私も自分のブログで書いていますが、今場所は千載一遇のチャンスであり、白鵬優勝・稀勢の里準優勝という構図が何度も訪れていた中で彼に与えられたものだと思っています。
確かに日本出身力士であれば誰でもいいという考え方はありますし、私もその点については同意せざるを得ません。栃煌山・妙義龍も全勝できていることから期待できそうな部分もあると思います。
ですがまだ序盤も序盤。5日目終わって4勝1敗が「指定席」の稀勢の里にとって今日の碧山戦がカギになると思います。私は今場所の調子なら充分勝てると踏んでいますが、そこを裏切ってくれるのが稀勢の里でもあることを重々承知しています。それを受け入れなければ稀勢の里のファンを続けていくことはできないのですから。

でもだからこそ今場所全勝ターンで中日を迎えてほしいと思います。白鵬が、日馬富士がいたとしても優勝できたんじゃないかと言われるだけの結果を出してほしいのです。

おっしゃる通り稀勢の里を応援するのは期待して裏切られての繰り返しであり、それでも応援したくなる気持ちが尽きない、正に筆舌尽くしがたい魅力を持った力士だと思います。
私は自分のブログでも書いていますが外国人力士全てをリスペクトしていますし、旭天鵬の優勝も日本人の優勝だと思っています。ですのでよく言われることですが、日本人力士と日本出身力士の言葉の使い方を間違えないように気をつけているつもりです。

今回日本人が優勝すれば、NHKの解説でも日本人の優勝は旭天鵬に続きこの10年で2人目であるというような言い方を来年にはされることになるかもしれないという思いもあります。旭天鵬へのリスペクトもあるからこそ今場所は日本人に、一番期待の寄せられる稀勢の里に優勝してほしいという気持ちもあるのです。
旭天鵬が帰化した後に優勝したことにより発生していた「日本人力士優勝」という言葉の持つ意味を変えるためにも今場所は日本人に優勝してもらいたいのです。

その最先方におり、白鵬と鎬を削って優勝争いを演じたこともある稀勢の里が、この与えられたチャンスを掴み、優勝することを心から祈っています。

最後に、私は今でも稀勢の里を諦めたことは一度もありません。

長文失礼いたしました。本日は現地観戦のご様子。楽しんできてください。


soboyuzu こと 祖母譲りの大相撲好きより。

こんな記事も読みたい

9/14 VKFプロレス試合結果~VKF矢郷良明総帥の天声人語【VKF4Life】

メイウェザー、ラスト・マッチ?ベルト戦@パンチ力を失った訳と最後に感じた信者の落胆【雨の日の日曜日は・・・スポーツ別館】

観戦記962 La Leyenda Continua 復帰戦 フリオ・セサール・チャべスJRvsマルコス・レイエス【人生マイペンライ】

ブロガープロフィール

profile-iconnihiljapk

スポーツライター:西尾克洋が運営しております。相撲などのスポーツライティング、コラム、企画構成など手広く承っております。お気軽にお問合せ下さい。

【過去のお仕事】
・日本テレビ「超問!真実か?ウソか?」(2017年6月)
・テレビ朝日「サンデーステーション」(2017年5月)
・スポーツナビコラム:西岩親方インタビュー(2016年3月)
・現代ビジネス(2017年2月)
・ビジネスジャーナル(2017年9月)
・週刊Flash(2017年1月)
・Palm Magazine(2010年)
・大相撲ぴあ(2015年12月)
・静岡新聞(2015年10月)
・SBSラジオ(2017年3月)
 への寄稿など多数。

【Mail】
makushitasumo*gmail.com
*はアットマークです。

【Ustream】
http://www.ustream.tv/channel/makusearch
  • 昨日のページビュー:25950
  • 累計のページビュー:13269420

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?
  2. 序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。
  3. 史上最強の大関は誰か?歴代大関ランキング 後編
  4. 遠藤の新四股名が決定!「清水川」。この四股名が優れている理由とは?
  5. 土俵態度が物議を醸す白鵬。偉大過ぎる人間:白鵬の影が批判を許さぬ今、横綱審議委員会の真価が問われる。
  6. 琴欧洲の短期間での衰えは、肉体的なものだけではない。引退前に大砂嵐との対戦を希望する理由とは?
  7. 日馬富士への問題発言に見る、守屋氏が横綱審議委員に相応しくない理由。
  8. 稀勢の里は、麻薬だ。
  9. 舞の海さんの排外発言騒動。しかし、実は直後に真逆の発言をしている。どちらが真意か。各自観て判断頂きたい。
  10. 照ノ富士の変化と差別を結びつける前に、考えて欲しいこと。

月別アーカイブ

2017
11
10
09
07
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss