幕下相撲の知られざる世界

「相撲界は2年先が闇」はもう古い?今の十両は、かつての幕内下位?激化しつつある競争を、昨年の番付と比較して考える。

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日名古屋場所を観戦してきたのだが、 当然のように朝から可能な限り目を通してきた。

大熱戦は少なかった、という意見も多かったが 初日とはそんなものではないだろうかとも感じた。 むしろ初日の取組がどのような影響をもたらすのか、 そこからどのように修正するのか、 15日をトータルで観た時に鍵となるのが 序盤戦なのではないかと思うのだ。

さて、初日の取組自体に対する感想については 一つ一つ検証したいところではあるのだが、 ざっくりと相撲を観た感想として一番の驚きが有った。

十両。 これ、幕内の下位じゃないの?

取組内容について、レベル的には1年前の幕内下位と そんなに変わらないように思えてならない。 十両には十両のレベルが存在し、幕内から落ちてくる力士は そこに達していないからだと認識していた。

だが、それにしてはどうも違う。 そんな想いをモヤモヤと抱いた状態で、愛知県体育館を後にした。

そして改めて考える。 番付表に目をやる。

これ、幕内下位の力士が十両に居るのでは? そう思った私は、検証してみることにした。

似たデータを検証した際、幕内・十両で実は2年でおよそ25%。 4人に1人が入れ替わっているというデータを掘り起こしたことが有った。 1年前と比較して、一体どれだけの力士が入れ替わったのか。 それにしては、少し様子が変わったのかもしれない。

そして私は、このような記事を書いたことが有る。 「把瑠都引退。遠藤の台頭。白鵬独裁政権。相撲界は、2年先が闇。」

すると、新たなトレンドが判明した。

なんと、昨年と比較すると幕内の顔ぶれは12人が入れ替わっているのだ。 数字にすると、28%。 つまり、4人に1人。

その入れ替わった12人は、以下の通り。

【引退した力士】 琴欧洲 把瑠都 阿覧

【幕内からの降格組】 富士東 佐田の富士 千代の国 栃ノ心 琴勇輝 玉飛鳥 翔天狼 舛ノ山 大道

十両に居る、昨年幕内だった力士達は9人。 しかも、加齢などの衰えが顕著な力士は確かに居ない。

ちなみに2013年の場合は6人、 2012年の際は7人。

入れ替わった力士の数は、実に2倍。 そして問題は、誰が昇進したか。

【十両以下からの昇進】 豊真将 大砂嵐 千代鳳 照ノ富士 栃乃若 佐田の海 鏡桜 荒鷲 遠藤 旭秀鵬 東龍 千代丸

これを見て気付くのは、元々幕内と十両の ボーダーラインに居た力士ではなく、 幕内に定着するべき力士が上って来たということ。

大砂嵐、千代鳳、遠藤、照ノ富士といった 次代を担うスター候補生も居れば、 鏡桜、荒鷲、東龍といった地道に力を付けたモンゴル人力士も居る。 そして、怪我から復調した豊真将、栃乃若。

幕内は、どうやら1年前と比較して競争が熾烈になってきたようだ。

同じ幕内でも、例えば隠岐の海や豊ノ島、そして高安は 上位から下位に地位を落している。 彼らもさほど内容が変化しているようには思えない。

そう考えると、これだけ大変な争いが展開されている 幕内に復帰した若の里というのは、我々が想像した以上に 偉業を成し遂げているのかもしれない。

1年で変化した、大相撲の潮流。 もはや人材の入替は2年周期ですらない、競争社会のリアル。 来年は誰が昇進してくるのだろうか。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
データ検証
タグ:
相撲界は2年先が闇
若の里
荒鷲
佐田の海
幕内下位
十両

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

亀田和毅指名挑戦者をクリアして2度目の防衛【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

「WWE ロウ #1103【英語版】」キャッチアッププレビュー【J SPORTS WWE NAVI】

大相撲名古屋場所初日テレビ観戦雑感・照ノ富士ってえらく貫録ありますね。【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

ブロガープロフィール

profile-iconnihiljapk

スポーツライター:西尾克洋が運営しております。相撲などのスポーツライティング、コラム、企画構成など手広く承っております。お気軽にお問合せ下さい。

【過去のお仕事】
・日本テレビ「超問!真実か?ウソか?」(2017年6月)
・テレビ朝日「サンデーステーション」(2017年5月)
・スポーツナビコラム:西岩親方インタビュー(2016年3月)
・現代ビジネス(2017年2月)
・ビジネスジャーナル(2017年9月)
・週刊Flash(2017年1月)
・Palm Magazine(2010年)
・大相撲ぴあ(2015年12月)
・静岡新聞(2015年10月)
・SBSラジオ(2017年3月)
 への寄稿など多数。

【Mail】
makushitasumo*gmail.com
*はアットマークです。

【Ustream】
http://www.ustream.tv/channel/makusearch
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:13304533

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは?
  2. 序ノ口力士:服部桜の3度に亘る敗退行為に、深い悲しみを覚える。
  3. 史上最強の大関は誰か?歴代大関ランキング 後編
  4. 遠藤の新四股名が決定!「清水川」。この四股名が優れている理由とは?
  5. 土俵態度が物議を醸す白鵬。偉大過ぎる人間:白鵬の影が批判を許さぬ今、横綱審議委員会の真価が問われる。
  6. 琴欧洲の短期間での衰えは、肉体的なものだけではない。引退前に大砂嵐との対戦を希望する理由とは?
  7. 日馬富士への問題発言に見る、守屋氏が横綱審議委員に相応しくない理由。
  8. 稀勢の里は、麻薬だ。
  9. 舞の海さんの排外発言騒動。しかし、実は直後に真逆の発言をしている。どちらが真意か。各自観て判断頂きたい。
  10. 照ノ富士の変化と差別を結びつける前に、考えて欲しいこと。

月別アーカイブ

2017
11
10
09
07
05
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
03
02
01
2011
12
11
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss