日本大学駅伝部を応援しています!

日体大記録会5000m、世田谷246ハーフマラソン(2017年11月12日)結果

このエントリーをはてなブックマークに追加

11月12日(月)に開催された日体大記録会5000mに主力を中心に18名の選手が出場しました。日差しも弱く、風もほとんどない絶好のコンディション。レース内容、タイムともによく、6名の選手が自己記録を更新しました。

-5000m23組-(トップ 14:52.34)

09位 14:59.65 岡田慶一郎(3年) PB

1000mを2分59秒、3000mを9分02秒で通過。岡田選手は集団後方のインコースでレースを進めます。前が詰まりやや走りづらい場面もありましたが、外へ出ると3000mでは先頭集団の後ろまで位置を上げます。4000m手前で集団から遅れてしまい、今回も15分の壁に阻まれるか・・・と思いましたが、ラスト200mでスパート。自己ベストを6秒更新し、わずか0.35秒ですが、大きな壁を乗り越えました。

-5000m29組-(トップ 14:29.17)

07位 14:33.32 関沼 和曉(1年) 11位 14:35.19 大平 健太(2年) PB 21位 14:41.53 萩原  海(1年) 26位 14:50.36 遠田光太郎(1年) 32位 15:05.01 宮崎 佑喜(1年)

1000mを2分54秒、3000mを8分43秒で通過。宮崎選手がスタート直後から3000m手前までレースを引っ張ります。3番手くらいに萩原選手、その他の選手は集団の真ん中あたりからレースを進めます。チームトップは関沼選手。今回はスタートからフィニッシュまで走りが安定しており、余力を残しての14分33秒。復活の兆しを見せてくれたと思います。この秋、好調な走りを見せる大平選手が10月の日大競技会に続いて自己ベスト更新。さらに9秒タイムを縮めました。夏前と比べて体のキレが増しているように感じます。

前半は3番手くらいを走っていた萩原選手ですが、4000m前で集団から遅れてしまいます。しかし、今回はここから踏ん張り自己ベストに4秒と迫るシーズンベスト。遠田選手も3000m前に集団から遅れましたが、ベストまであとわずか。2人ともによい粘りだったと思います。宮崎選手は3000m付近まで先頭を引っ張っていましたが、そこからペースダウン。15分超でのフィニッシュとなりました。ペースメーカー的な役割だったのか、引っ張る走りを試したのかはわかりません。次走に注目したいと思います。

-5000m31組-(トップ 14:32.08)

04位 14:34.09 伊藤 直輝(2年) PB 06位 14:34.87 齋藤 拓海(2年) 08位 14:35.64 佐藤 玲偉(3年) PB 21位 14:52.61 高橋 佐介(1年)  27位 14:55.48 西尾 成世(2年) 32位 15:00.02 成田 悠汰(2年)

1000mを2分54秒、3000mを8分48秒で通過。日大勢は集団の真ん中あたりからレースを進めます。チームトップの伊藤選手は4000m過ぎに先頭集団から遅れると、一度は佐藤選手にも抜かれてしまいます。しかし、ラスト1周でペースアップ。一気に順位を上げると、自己ベストを1秒更新。見事なラストスパートでした。齋藤選手も高校2年時のベストに迫るタイム。動きは非常によく、ロード向きの選手だと思いますので、次の上尾ハーフが楽しみです。

また、佐藤選手もよい内容でした。4000mでは先頭集団から4秒ほど遅れましたが、そこからロングスパート。長くいい脚を使って、自己ベストを3秒更新しました。着実に実力をつけています。高橋選手、西尾選手は少し物足りない走りだと感じました。次に期待したいです。苦戦が続く成田選手ですが、今回は遅れてからも粘れていたと思います。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
記録会その他
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

第94回箱根駅伝の戦い方~神奈川大学~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

第94回箱根駅伝の戦い方~順天堂大学~【愛下哲久の「駅伝野郎、らぶりん」】

健康に楽しく走り続ける ~フォーエバーサブ4~【TeamAOYAMAブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconnichidai-ekiden

  • 昨日のページビュー:226
  • 累計のページビュー:1138036

(01月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 2017年度新入生情報(3月18日修正)
  2. 全日本大学駅伝予選会2017 エントリー選手紹介
  3. 箱根駅伝予選会2016展望(選手紹介)
  4. 世田谷競技会・男鹿駅伝結果(2017年7月1日)
  5. 箱根駅伝2017エントリー選手紹介③(1年生)
  6. 2017年箱根駅伝予選会展望①(9月23日日体大記録会)
  7. 日体大記録会10000m(2017年9月23日)結果
  8. 全日本大学駅伝予選会結果(2016年)
  9. 12/5 日体大記録会総評
  10. 全日本大学駅伝2016(メンバー紹介)

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2016
12
11
10
08
06
05
01
2015
12
11
10
09
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss