日本大学駅伝部を応援しています!

陸上・駅伝マニアです。母校・日本大学駅伝部を応援しています。

nichidai-ekiden

  • 昨日のページビュー:2950
  • 累計のページビュー:678593
  • (04月25日現在)

最新の記事

日体大記録会10000m(2017年4月22日)結果

4月22日(土)に開催された日体大記録会10000mに22名の選手が出場しました。総評や短評は後ほど追記しますので、取り急ぎ結果のみ掲載します。 日体大記録会10000m -2組-(トップ  30:22.66) 19位 31:29.95 岡田慶一郎(3年) -3組-(トップ  30:17.91) 01位 30:17.91 武田悠太郎(1年) PB 02位 30:31.01 宮崎 佑喜......続きを読む»

世田谷陸上競技会(2017年4月8日)結果

4月8日(土)に平成29年度第1回世田谷陸上競技会が開催されました。いよいよトラックシーズンの開幕です。1年生はエントリーされておらず、2年生から4年生の計33名の選手が出場しました。 各組の結果とレース内容は以下のとおりです。 -4組-(トップ  14:44.12) 16位 15:33.91 藤井 達也(2年) 32位 16:06.17 松原 雄太(2年) <総評> レース直前の気温は......続きを読む»

ハーフマラソン結果(丸亀、神奈川、印西、鹿島祐徳、新潟)

先日紹介した日本学生ハーフ(立川ハーフ)の他、1月-3月に開催された5レースに選手たちが参加しました。簡単に結果を振り返ります。 2017/2/5 丸亀ハーフマラソン 66:46 川口 賢人(3年) 15:29-15:48-15:51-16:07-3:31 69:18 石垣 陽介(1年) 15:08-15:55-16:49-17:50-3:36 DNF  高野 千尋(3年) 川口選手は最......続きを読む»

2017年度新入生情報(3月18日修正)

本記事では、高校駅伝での成績を中心に新入生を紹介します。10000mのタイムなど十分に調べきれなかったため、間違っていたらすみません。もし、間違いがあれば記事下部のTwitterまでご連絡をいただけるとありがたいです。(1月23日:都道府県男子駅伝の結果を追記しました。3月18日:月間陸上競技の記事にあった5選手を追記しました。) 14:17.53 竹元 亮太(福岡・大牟田) 14:20.87......続きを読む»

日本学生ハーフ(立川ハーフ)2017結果

本日行われた日本学生ハーフ(立川ハーフ)の結果です。34名が出場し、32名が完走。100位以内は一人もおらず、かなり厳しい結果になりましたが、5kmごとのラップからレースを振り返ってみたいと思います。 <5km地点> 01位 15:04 川口賢人 02位 15:07 岡野佑輝 03位 15:11 小坂太我 04位 15:18 阿部涼 05位 15:19 斎藤拓海 06位 15:19 新関涼介......続きを読む»

2016年成績まとめ(3年生)

2016年の選手たちの成績を学年ごとにまとめてみました。紹介するのは5000m、10000m、ハーフマラソンのタイム。あいうえお順で掲載しています。なお、NEWは当該距離で初めてのタイム。PBはその時点での自己ベスト更新です。また、1年間でどれだけ自己記録を更新したかを記載しています。最後に3年生です。 ※ もし、間違いがあれば記事下部のTwitterまでご連絡をいただけるとありがたいです。 ......続きを読む»

2016年成績まとめ(2年生)

2016年の選手たちの成績を学年ごとにまとめてみました。紹介するのは5000m、10000m、ハーフマラソンのタイム。あいうえお順で掲載しています。なお、NEWは当該距離で初めてのタイム。PBはその時点での自己ベスト更新です。また、1年間でどれだけ自己記録を更新したかを記載しています。続いて2年生です。 ※ もし、間違いがあれば記事下部のTwitterまでご連絡をいただけるとありがたいです。 ......続きを読む»

2016年成績まとめ(1年生)

2016年の選手たちの成績を学年ごとにまとめてみました。紹介するのは5000m、10000m、ハーフマラソンのタイム。あいうえお順で掲載しています。なお、NEWは当該距離で初めてのタイム。PBはその時点での自己ベスト更新です。また、1年間でどれだけ自己記録を更新したかを記載しています。まずは1年生から。 ※ もし、間違いがあれば記事下部のTwitterまでご連絡をいただけるとありがたいです。 ......続きを読む»

箱根駅伝2017総合結果

2017年の箱根駅伝が終わりました。往路を終わって10位。復路でどれだけ勝負できるか・・・と期待しましたが、7区から9区の3区間連続最下位で順位を下げ、総合19位と厳しく悔しい結果となりました。10位東海大との差は13分38秒と、この差を詰めるのは容易ではありません。何が足りないのかをしっかり学んで、新たな1年に生かしてほしいと思います。 もともと駅伝・陸上ファンでしたが、本格的に記録会などを見に......続きを読む»

箱根駅伝2017往路結果

箱根駅伝往路が終了しました。相変わらず私の予想は全く当たりません。1区、2区のWエースでスタートダッシュを決め、そのリードを守りきれるかというレース展開を予想していましたが、全く異なる結果に。2区を終わって9位と出遅れたかたちになりましたが、3区、4区で粘り、山上りの川口選手の激走でシード圏内10位で往路を終えることができました。 6位の神奈川大まで1分44秒差、16位の山梨学院大まで2分1差と4......続きを読む»

箱根駅伝2017区間エントリー・レース予想

箱根駅伝の区間エントリーが発表されましたね。日大は新聞などの予想どおり、石川選手-ワンブィ選手のWエースを1区-2区に配置し、スタートダッシュを狙うオーダーとなりました。そこから襷を繋ぐのは、スピードがあり復調気配にあるという高野選手。昨年同コースを経験しており、安定感のある清水目選手が4区に続きます。そして、注目の5区山登りには主力へと成長した川口選手。往路終了時点で、シード圏外の11位以降にどれ......続きを読む»

箱根駅伝2017エントリー選手紹介③(1年生)

最後に1年生6名の紹介です。上級生の不調・アクシデントもありましたが、1年生から最多の6名がエントリー。また、エントリー外の選手も多くが5000mの自己ベストを更新しており、来年以降に期待がもてる学年です。 石垣 陽介(1年)秋田県・秋田工高出身 (5000m 14:22.15/10000m 29:48.48/ハーフ 1:05:38) <5000m>  04/24 14:27.50 (日体大......続きを読む»

箱根駅伝2017エントリー選手紹介②(2年生・3年生)

続いて、3年生と2年生の紹介です。 昨年もエントリーされた5人が順調に選ばれましたが、3年生では石井選手、岡野選手、2年生では加藤選手と主力3人がエントリー漏れ。怪我や体調不良が原因だと思いますが、これは大きな誤算です。その穴を今年急成長の川口選手、復活を期す高野選手らで埋めることが出来るでしょうか。 パトリック・マテンゲ・ワンブィ(2年)ケニア・エリート高出身 (5000m 13:2......続きを読む»

箱根駅伝2017エントリー選手紹介①(4年生)

箱根駅伝まであと1週間と少し。見事にエントリーを果たした16名の選手を、今季の成績から振り返ってみたいと思います。 まずは4年生の5名です。主将としてチームをまとめてくれた上野選手は世田谷ハーフ以降の記録会に出場しておらず、エントリーされませんでした。残念ですね。しかし、昨年の3名に加えて畔柳選手、村田選手がエントリー入りを果たしました。 石川 颯真(4年)栃木県・佐野日大高出身 (5000m......続きを読む»

平成国際大学記録会10000m(12月18日)結果

12月18日(日)に行われた平成国際大学記録会の結果です。箱根駅伝エントリーメンバーも数名登録していましたが、さすがに回避。それ以外で怪我などのない選手たちが年内最後の記録会に挑みました。全体的に集団の後方に位置し、早くに遅れてしまうレースが目立ちました。今回の選手たちのレベルアップがチーム全体の底上げにつながるだけに頑張って欲しいと思います。 -2組-(トップ: 30:05.87) ※PBの(......続きを読む»

日体大記録会10000m(12月3日)結果

遅くなりましたが、12月3日に行われた日体大記録会10000mの結果です。記録更新が期待されましたが、箱根主力組は出場回避。気温も例年より高く、思ったようにタイムは伸びませんでした。そのなかで1年生が好走を見せてくれたのは収穫ですね。今回の出場者からは、清水目、村田、山崎和麻、高野、石垣、金子、小坂、成田、廣田、松木の10選手が箱根駅伝エントリーメンバーに選ばれました。 -4組-(トップ: 30......続きを読む»

日体大記録会(5000m、10000m)エントリー

12月3日、4日の日体大記録会のエントリーが発表されました。箱根駅伝のメンバー選考を兼ねたレースであり、4年生にとっては引退レースとなる選手もいます。1年のなかで最も楽しみなレースの一つです。 主力選手では石川選手(4年)、町井宏行選手(3年)、加藤選手(2年)、阿部選手(1年)がエントリーしていません。石川選手は11/26の八王子ロングディスタンスで自己ベストを更新(28:43.11)、山下り......続きを読む»

八王子ロングディスタンス、学連記録会、ふくしま駅伝

11月26日(土)に開催された記録会(+ふくしま駅伝)の結果です。 八王子ロングディスタンス(2016/11/26) 28:43.11 石川 颯真(4年) PB 石川選手がわずかに自己ベストを更新。ラスト1週のスパートが本当に強くなりました。結果論ですが、後ろの4組で走っていればもっといいタイムだった思います。日体大記録会にはエントリーしていないため、これが学生最後の記録会。その瞬間に立ち会......続きを読む»

上尾ハーフ・世田谷ハーフマラソン結果

11月20日に開催された上尾ハーフマラソンに20名の選手が出場。初めて観戦に行ってきました。当時は朝から霧が濃く、スタート時点ではかなり肌寒い天候で風もなく、走りやすいコンディションだったと思います。結果はこちら。 上尾シティハーフマラソン(11月20日) 清水目大貴 (4年) 64:21 ( 15:10 - 15:09 - 15:14 - 15:31 - 3:17 ) PB 村田 誠......続きを読む»

全日本大学駅伝2016(順位予想)

区間変更が発表されましたね。2区は予想通りワンブィ選手でしたが、7区は松木選手がそのまま出場です。高野選手が走れないのは残念ですが、松木選手がどんな走りを見せてくれるか楽しみです。最終エントリーはこちら。 2016年11月5日 最終エントリー 1区(14.6km) 石川 颯真(4年) 2区(13.2km) パトリック・マテンゲ・ワンブィ(2年)  3区(09.5km) 岡野 佑輝(3年......続きを読む»

全日本大学駅伝2016(メンバー紹介)

全日本大学駅伝(11月6日)の区間エントリーが発表されました。色々バタバタしており、記事のアップが遅くなり申し訳ございません。展開予想は5日夜に掲載しますので、まずは簡単にメンバー紹介をどうぞ。 2016年11月4日 午後2時現在 メンバーエントリー 1区(14.6km) 石川 颯真(4年) 2区(13.2km) 加藤 拓海(2年)  3区(09.5km) 岡野 佑輝(3年) ......続きを読む»

箱根駅伝予選会2016結果

箱根駅伝予選会の結果です。トップ通過は難しくとも余裕をもって通過できると予想していましたが、10位ギリギリでの通過と予想外に厳しい結果となってしまいました。各選手の結果は以下のとおりです。なお、今までパトリック選手と表記していましたが、中継では「ワンブィ選手」と呼んでいたので今回の記事から表記を変更します。 001  0:58:15  パトリック・マテンゲ・ワンブィ(2年)  0:14:2......続きを読む»

箱根駅伝予選会2016展望(順位予想)

箱根駅伝予選会まであと2日。順位予想を明日行おうと思ってましたが、急きょ用事が入ってしまったため、簡単な予想を本日掲載します。私の予想はほとんど当たりませんので、ご了承ください。 さて、展開としては、パトリック選手、石川選手、川口選手、岡野選手がフリー。他の選手は集団走と予想します。加藤選手は5kmを過ぎて余裕があれば前を追う昨年と同じ展開になるかもしれません。フリーの選手がしっかりと走りきり、......続きを読む»

日体大記録会(9月24日)・世田谷競技会(10月1日)結果

いよいよ駅伝シーズンが開幕しました。青山学院大学のみなさん、出雲駅伝優勝おめでとうございます。他にも高い総合力を示した山梨学院大学、1年生トリオに驚かされた東海大学、中央学院大、日体大の躍進など見どころたっぷりのレースでした。もし、日大が出場していたら区間配置はこんな感じ(石川-岡野-川口-加藤-高野-パトリック)でしょうか。来年こそは日大もここで戦いたいですね。 さて、遅くなりましたが日体大記......続きを読む»

箱根駅伝予選会2016展望(選手紹介)

箱根駅伝の予選会(10/15)まで1週間を切りました。パトリック選手を除き、先日の日体大記録会(12組)がメンバー選考だったのでしょう。概ね予想通りのメンバーが14名のエントリーに名を連ねています。4年生の東選手がチーム11番手で走りましたが、ハーフ66分台が影響してかエントリー漏れ。65分台を持つ村田選手が選ばれています。東選手は上尾ハーフでの巻き返しに期待したいところ。また、主力では石井選手が外......続きを読む»

2016春シーズン振り返り

お久しぶりです。夏合宿もまもなく終わり、来週末には全日本インカレが開催されます。勝負の秋がスタートする前に、今シーズンの前半戦を5000mの記録から振り返ってみたいと思います。 <1年生>◎は自己ベスト 14:22.15 石垣 陽介(1年)◎ 14:32.12 金子 智哉(1年) 14:37.50 阿部 涼 (1年)◎ 14:42.54 松木 之衣(1年) 14:46.85 伊藤 直輝(1年)......続きを読む»

全日本大学駅伝予選会結果(2016年)

2016年6月18日(土)に浦和駒場スタジアムで開催された全日本大学駅伝予選会。日本大学は4:05:20.92で総合2位となり、2年連続で本戦への出場を決めました。おめでとうございます。 とにかく暑い予選会でした。さいたま市の最高気温はまさかの33度。1位のタイムも3組まで30分を超え、最終組では2人が途中棄権となるなど厳しいコンディションとなりました。そんななか粘りの走りを見せ、見事に予選通過......続きを読む»

全日本大学駅伝予選会展望(2016年)

今週末には全日本大学駅伝(11月6日開催)の予選会が開催されます。上位9チームに本戦への出場権が与えられる前半戦の集大成といえる大会です。本学は2014年予選落ち、2015年は2位通過と明暗ともに体験しています。箱根のシード落ちにより出雲駅伝の出場権を逃しているだけに、何としても突破してほしいと思います。 箱根予選会との大きな違いは4組8名の合計タイムで争い、失敗が許されないという点。昨年はキト......続きを読む»

世田谷競技会5000m(5/28)結果まとめ

5月28日(土)に行われた世田谷陸上競技会を観戦してきました。6月18日(土)の全日本大学駅伝予選会の“最終メンバー選考”という位置づけの大会だと思います。関東インカレ出場メンバーを除く多くの選手(36名)が出場しました。 天候は薄曇りで、半袖では肌寒いくらいです。風もなく良いコンディションだと思いましが、なぜか各組タイムが伸びません。素晴らしい走りを見せた14組の新迫選手(早大)が14分01秒、......続きを読む»

関東インカレ最終日

関東インカレ最終日のハーフマラソンと5000mを観戦してきました。日本大学5連覇おめでとうございます。駅伝チームでは、パトリック・山崎和麻がポイントを上げ優勝に貢献することができました。それでは、今日の2レースを振り返ってみましょう。 男子1部5000m決勝(トップ 13:47.18) 13:47.18 パトリック・マテンゲ・ワンブィ(2年)☆1位 14:14.26 石川 颯真(4年) 1......続きを読む»

1

このブログの記事ランキング

  1. 2017年度新入生情報(3月18日修正)
  2. 箱根駅伝予選会2016展望(選手紹介)
  3. 箱根駅伝2017エントリー選手紹介③(1年生)
  4. 全日本大学駅伝予選会結果(2016年)
  5. 12/5 日体大記録会総評
  6. 全日本大学駅伝2016(メンバー紹介)
  7. 上尾ハーフ・世田谷ハーフマラソン結果
  8. 箱根駅伝エントリー選手紹介②(3年生・1年生)
  9. 箱根駅伝エントリー選手紹介①(4年生)
  10. 箱根駅伝予選会展望①

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
04
03
01
2016
12
11
10
08
06
05
01
2015
12
11
10
09
06

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss