日本大学駅伝部を応援しています!

陸上・駅伝マニアです。母校・日本大学駅伝部を応援しています。

nichidai-ekiden

  • 昨日のページビュー:13929
  • 累計のページビュー:1007594
  • (11月19日現在)

最新の記事

上尾ハーフマラソン見どころ紹介(2017年11月19日)

明日、開催される上尾ハーフマラソンに34名の選手がエントリーしています。ほぼ平坦なコースであり、記録が狙えるレースです。エントリーが早かったため、怪我人や4年生も多くエントリーされていますが、実際には半数くらいの出走になりそうです。 4年生が引退すると、ハーフのチーム最高タイムは小坂選手の65分23秒。箱根駅伝を見すえるならば、64分台以下の選手を何名輩出できるかが鍵となります。本レースにエントリ......続きを読む»

日体大記録会5000m、世田谷246ハーフマラソン(2017年11月12日)結果

11月12日(月)に開催された日体大記録会5000mに主力を中心に18名の選手が出場しました。日差しも弱く、風もほとんどない絶好のコンディション。レース内容、タイムともによく、6名の選手が自己記録を更新しました。 -5000m23組-(トップ 14:52.34) 09位 14:59.65 岡田慶一郎(3年) PB 1000mを2分59秒、3000mを9分02秒で通過。岡田選手は集団後方の......続きを読む»

世田谷246ハーフマラソン見どころ紹介(2017年11月12日)

明日、開催される世田谷246ハーフマラソンに28名の選手がエントリーしています。駒沢オリンピック公園陸上競技場をスタート、フィニッシュするコースで国道246号線を通るため、このレース名になっています。ほぼ平坦な上尾ハーフマラソンと比べ、レース後半の15km過ぎから登りとなるきついコースです。 主力は同日の日体大記録会5000mと次週の上尾ハーフマラソンにエントリーしており、今大会に出場する選手は自......続きを読む»

日体大記録会5000m見どころ紹介(2017年11月12日)

今週末に開催される日体大記録会5000mに24名の選手がエントリーしています。1週間後に上尾ハーフマラソンがあるため、主力の出場はないと思っていましたが、学生連合で箱根出場を狙う阿部選手を除き、1~3年生の主力の多くがエントリー。楽しみな記録会になりました。 目標タイムが低い早い組にエントリーした選手も多く、調整目的もあると思いますが、自己ベスト更新を一つの目標に頑張って欲しいと思います。今回......続きを読む»

日大競技会5000m(2017年10月15日)結果

本日15日、日大競技会5000mに31名の選手が出場しました。予選会敗退の翌日という精神的に厳しいコンディションのなか、3名の選手が自己ベストを更新しました。 トップの選手でも14分40秒台ですが、春と比べると全体的にタイムは伸びています。チームを支えてきた4年生が抜ける来年度。3大駅伝に復帰するためには選手一人ひとりのレベルアップが不可欠です。日々の練習の積み重ねが自己記録の更新につながり、チー......続きを読む»

2017箱根駅伝予選会結果

箱根駅伝予選会が終わりました。結果は10時間12分05秒で総合11位と、次点で本戦出場を逃してしまいました。厳しいレースになることは覚悟していましたが、いざ予選落ちとなると悔しいですね。何より、1年時から記録会等で見てきて思い入れの強い4年生を箱根で見ることができないことが非常に残念です。 -総合順位- 01位 10:04:58 帝京大学 02位 10:05:45 大東文化大学 03位 10:......続きを読む»

2017年箱根駅伝予選会エントリー選手紹介

箱根駅伝予選会(2017年10月14日)まであと1週間となりました。不安と期待でいっぱいですが、やっぱり箱根を走る選手たちが見たいです。今年の前半戦は思うような結果を残せませんでしたが、夏合宿を経て、秋の記録会では自己ベストを更新する選手が続いています。予選会に向けてチーム状態は上向いてきました。この勢いで、なんとか予選を通過して欲しいと思います。 それでは、予選会にエントリーした14名を学年・名......続きを読む»

世田谷競技会5000m(2017年9月30日)結果

9月30日(土)に開催された世田谷競技会5000mに25名の選手が出場しました。観戦には行けませんでしたが、全体的に速いタイムが出ており、走りやすいコンディションだったのではないかと思います。各組の結果と感想を簡単にまとめました。 -5000m9組-(トップ  14:59.04) 14位 15:24.88 海瀬 大介(1年) PB 先週の日体大5000mから連戦の海瀬選手が自己ベストを約1......続きを読む»

日体大記録会10000m(2017年9月23日)結果

9月23日(土)に開催された日体大記録会10000mに31名の選手が出場しました。この時期としては気温も低く(横浜の最高気温22.6度)、日差しや風も穏やかで走りやすいコンディションのなか、11名の選手が自己記録を更新しました。 -10000m4組-(トップ  30:24.26) 10位 31:19.33 大平 健太(2年) PB 23位 32:03.20 六川恵二郎(2年) 31位 32:......続きを読む»

2017年箱根駅伝予選会展望①(9月23日日体大記録会)

夏合宿も終わり、いよいよ秋の記録会・駅伝シーズンが始まります。出雲、全日本は出場権を逃しているだけに、箱根駅伝には何としても出場してほしいと思います。 さて、今週末の23日(土)、24(日)に日体大記録会が開催されます。なかでも23日(土)の10000m9組には18名がエントリー。箱根予選のメンバー入り(14名)をかけた選考レースになりそうです。記録会を前に、注目の9組にエントリーした選手を紹介し......続きを読む»

2017年前半戦まとめ

2017年も前半戦のトラックシーズンが終わり、選手たちは厳しい夏合宿の真っ最中だと思います。全日本大学駅伝予選会の敗退など残念な結果も多かったですが、前半戦を5000m、10000mのタイムを中心に振り返ってみたいと思います。 1.自己ベスト更新 以下の表1・表2は2017年3月~7月に自己ベストを更新した選手の一覧です。5000mでは7名、10000mでは5名の選手がベストを更新しています。......続きを読む»

2017年成績まとめ(4年生・8月14日現在)

遅くなりましたが、2017年前半戦の5000m、10000m、ハーフマラソンの成績をまとめました。学年別に紹介します。もし、間違いがあれば記事下部のTwitterまでご連絡をいただけるとありがたいです。 石井健登(神奈川・鎌倉学園高) (5000m 14:02.97(大3)/10000m 29:43.32(大2)/ハーフ 66:33(大2)) <5000m>  05/28 15:47.52 ......続きを読む»

2017年成績まとめ(3年生・8月14日現在)

遅くなりましたが、2017年前半戦の5000m、10000m、ハーフマラソンの成績をまとめました。学年別に紹介します。もし、間違いがあれば記事下部のTwitterまでご連絡をいただけるとありがたいです。 梅津颯人(長崎・長崎日大高) (5000m 14:37.78(大2)/10000m 30:06.95(大1)/ハーフ 65:54(大1)) <5000m>  06/04 15:05.03 (......続きを読む»

2017年成績まとめ(2年生・8月14日現在)

遅くなりましたが、2017年前半戦の5000m、10000m、ハーフマラソンの成績をまとめました。学年別に紹介します。もし、間違いがあれば記事下部のTwitterまでご連絡をいただけるとありがたいです。 阿部 涼(福島・学法石川高) (5000m 14:37.50(大1)/10000m 30:19.34(大2)/ハーフ 66:52(大1)) <5000m>  04/08 14:47.47 (......続きを読む»

2017年成績まとめ(1年生・8月14日現在)

遅くなりましたが、2017年前半戦の5000m、10000m、ハーフマラソンの成績をまとめました。学年別に紹介します。もし、間違いがあれば記事下部のTwitterまでご連絡をいただけるとありがたいです。 池田 亜久里(高知・高知農高) (5000m 14:40.94(高3)/10000m タイムなし) <5000m>  04/22 15:02.86 (東海大対抗戦)  04/23 15:06......続きを読む»

世田谷競技会・男鹿駅伝結果(2017年7月1日)

7月1日(土)に開催された世田谷競技会5000mに23名の選手が出場しました。また、同日行われた男鹿駅伝にも日本大学チームとして出場しています。※コメント追記しました。 <世田谷競技会> 15時現在のグラウンドコンディションは、気温23.5度、湿度87%、風はほとんどありません。夕方に少し日差しがありましたが、1日を通して、この季節としては走りやすいコンディションだったと思います。 -50......続きを読む»

全日本大学駅伝予選会結果分析

さて、総合16位という結果に終わった全日本大学駅伝予選会ですが、どこに敗因があったのでしょうか。陸上経験がなく素人の私に専門的な分析はできないため、持ちタイムなどのデータをもとに敗因と今後の対策を探っていきたいと思います。 1.持ちタイム・調整力 表1は、左から28分59秒以下、29分前半(29分00秒~29分29秒)、29分後半(29分30秒~29分59秒)、(合計)の人数です。なお、陸上競......続きを読む»

全日本大学駅伝予選会結果(2017年)

6月18日(日)に全日本大学駅伝の予選会が浦和駒場スタジアムで開催されました。日本大学は総合16位となり、全日本大学駅伝の出場権を逃しました。トップの神奈川大とは4分30秒、通過圏内の城西大とは約2分の差が開きました。一桁順位はワンブィ選手しかおらず、その他の選手は26位以下と完全に「力負け」ですね。 各組の結果は以下のとおりです。 -1組- 01位 29:40.69 小松 陽平(東海大) ......続きを読む»

日体大記録会(2017年6月3日・4日)結果

6月3日(土)、4日(日)に日本体育大学長距離競技会が開催され、5000mと10000mに計42名の選手が出場しました。前回の平成国際大学記録会と比べると暑さもそこまでではなく、この時期の記録会としてはまずまずのコンディションだったと思います。今回の嬉しいニュースは、山崎選手、梅津選手、松木選手らが復帰したこと。この時期に復帰できれば夏合宿でトレーニングをつめますので、秋の活躍に期待したいですね。全......続きを読む»

全日本大学駅伝予選会2017 エントリー選手紹介

来週6月18日(日)に全日本大学駅伝の出場権をかけた予選会が、浦和駒場スタジアムで開催されます。選考方法は、以下のとおりです。 1)1チーム10名のエントリーを行い、8名の出場とする。 2)1校2名ずつ、10000m4組でレースを行い、合計タイム上位9校が出場権を得る。 過去2年は2位通過を決めていますが、3年前には予選落ちも経験しています。エントリーメンバーを見る限り、現状でベストの布......続きを読む»

関東インカレ5000m、男女3000mSC、男女競歩結果

関東インカレ2日目から最終日の日大選手が出場した中長距離の競技結果を紹介します。 関東インカレハーフマラソン(2017年5月28日) 01位 1:03:22 ドミニク ニャイロ(山梨学院大学3年) 02位 1:04:33 山本 修二 (東洋大学3年) 03位 1:04:34 城越 勇星 (日本体育大学4年) ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐......続きを読む»

関東インカレ1500m、10000m(2017年5月25日)結果

関東インカレ1日目の午後の競技を観戦してきました。日大選手が出場した中長距離の競技結果を紹介します。 関東インカレ10000m(2017年5月25日) 01位 28:21.65 パトリック マゼンゲ ワンブィ(日本大学3年) 02位 28:23.90 ドミニク ニャイロ(山梨学院大学 3年) 03位 28:35.44 塩尻 和也(順天堂大学3年) ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐......続きを読む»

平成国際大記録会(2017年5月20日)結果

5月19日(土)に平成国際大学長距離競技会が開催されました。当日は日差しも強く、15時現在で33度を記録するなど選手たちにとっては厳しいコンディションとなりました。全体的にタイムは10~20秒遅かった印象です。自己ベスト更新はありませんでしたが、待ちに待った加藤選手の復帰など、嬉しいニュースもありました。 各組の結果とレース内容は以下のとおりです。なお、出場選手の多い組の短評は一部選手のみとなりま......続きを読む»

2017年成績まとめ(4年生・5月13日現在)

2017年5月13日現在の選手たちのレース出場状況をまとめました。主に5000m、10000m、ハーフマラソンの成績を掲載しています。もし、間違いがあれば記事下部のTwitterまでご連絡をいただけるとありがたいです。 石井健登(神奈川・鎌倉学園高) (5000m 14:02.97(大3)/10000m 29:43.32(大2)/ハーフ 66:33(大2)) <5000m>  出場なし <......続きを読む»

2017年成績まとめ(3年生・5月13日現在)

2017年5月13日現在の選手たちのレース出場状況をまとめました。主に5000m、10000m、ハーフマラソンの成績を掲載しています。もし、間違いがあれば記事下部のTwitterまでご連絡をいただけるとありがたいです。 梅津颯人(長崎・長崎日大高) (5000m 14:37.78(大2)/10000m 30:06.95(大1)/ハーフ 65:54(大1)) <5000m>  出場なし <1......続きを読む»

2017年成績まとめ(2年生・5月13日現在)

2017年5月13日現在の選手たちのレース出場状況をまとめました。主に5000m、10000m、ハーフマラソンの成績を掲載しています。もし、間違いがあれば記事下部のTwitterまでご連絡をいただけるとありがたいです。 阿部 涼(福島・学法石川高) (5000m 14:37.50(大1)/10000m 30:19.34(大2)/ハーフ 66:52(大1)) <5000m>  04/08 14......続きを読む»

2017年成績まとめ(1年生・5月13日現在)

2017年5月13日現在の選手たちのレース出場状況をまとめました。主に5000m、10000m、ハーフマラソンの成績を掲載しています。もし、間違いがあれば記事下部のTwitterまでご連絡をいただけるとありがたいです。 池田 亜久里(高知・高知農高) (5000m 14:40.94(高3)/10000m タイムなし) <5000m>  04/22 15:02.86 (東海大対抗戦)  04/......続きを読む»

国士舘大記録会5000m(2017年5月7日)結果

5月7日(日)に開催された国士舘大記録会5000mに33名の選手が出場しました。速報してくれたピンクの襷Nファンさんによれば、15時現在で23.9度という気温高めのコンディション。自己ベストを更新した選手はいませんでしたが、組上位争いに絡めたことは次に繋がる内容だったと思います。この日も観戦できていないので、各組の結果と感想を簡単にまとめています。 国士舘大記録会5000m -3組-(トップ ......続きを読む»

4月の大会、記録会成績まとめ

既に記事にした世田谷競技会、日体大記録会以外の4月のレース、記録会の成績をまとめました。 -日大競技会5000m(2017年4月16日)- 14:11.97 パトリック・マゼンゲ・ワンブィ(3年) 14:34.12 宮崎 佑喜(1年)PB 14:40.98 高野 千尋(4年) 14:44.50 阿部  涼(2年) 14:48.82 武田悠太郎(1年) 14:51.97 川口 賢人(......続きを読む»

日体大記録会5000m(2017年4月23日)結果

4月23日(日)に開催された日体大記録会5000mに26名の選手が出場しました。日差しもあり、気温も高いコンディションだったようですね。1年生が続々デビューするなか、新関選手と金森選手の4年生2人が好走してくれたのはうれしいニュースです。当日は観戦できていないので、各組の結果と感想を簡単にまとめています。 日体大記録会5000m -10組-(トップ  14:56.82) 18位 15:28......続きを読む»

1 3

このブログの記事ランキング

  1. 2017年度新入生情報(3月18日修正)
  2. 全日本大学駅伝予選会2017 エントリー選手紹介
  3. 箱根駅伝予選会2016展望(選手紹介)
  4. 世田谷競技会・男鹿駅伝結果(2017年7月1日)
  5. 箱根駅伝2017エントリー選手紹介③(1年生)
  6. 2017年箱根駅伝予選会展望①(9月23日日体大記録会)
  7. 日体大記録会10000m(2017年9月23日)結果
  8. 全日本大学駅伝予選会結果(2016年)
  9. 12/5 日体大記録会総評
  10. 全日本大学駅伝2016(メンバー紹介)

このブログを検索

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2016
12
11
10
08
06
05
01
2015
12
11
10
09
06

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss