新使徒の『なんでや!は・・・ん関係ないやろ!』

2020東京五輪の展望

このエントリーをはてなブックマークに追加

おっと久しぶり!

44歳の誕生日はまさかの緊急入院だったけど、まもなく社会復帰できそうで。 当ブログも復帰しようかと思ったんだけど、ちょうどリオ五輪直後でいい機会だ。 (パラリンピックはあるが・・・)

改めて、リオ五輪の日本のメダル数は、金12・銀8・銅21の合計41。 この内容について、韓国とも交えて2020年東京五輪への展望を見ていこうと思う。

お隣、韓国では、金メダルの内容を巡って『銃弓剣道杖』なんてニュアンスの自己ディス報道があったけど・・・ (報道では直接の表現がない『杖』これはウッドと読み、ゴルフを示す)

そんなことを言ったら、日本だって『道泳操』の世界(日本では『道』にレスリングが含まれる)である。 大惨敗した、かのソウル五輪だって『道と泳』で4つすべての金を確保している。 ・・・ここに来て日本では『庭』が加わった。 テニス並びに卓球・バドミントンである。 この条件で改めて日本のメダルの内容。

金メダル12・・・うち『道泳操庭』12 銀メダル 8・・・うち『道泳操庭』7 銅メダル21・・・うち『道泳操庭』18

残り・・・ 銀メダルは陸上の男子4×100mリレー。 銅メダルは陸上の男子50km競歩(荒井広宙)重量挙げ女子48kg級(三宅宏実)カヌー男子スラロームカナディアンシングル(羽根田卓也)

【総評】現況を温めるが吉。帰ってくる野球・ソフトボールに期待 かつてのお家芸・マラソンが大惨敗の評(猫に負けるという致命傷は避けられたが・・・最後に言及)だが、これは後進国が経済的な支援を受けて育った証で、非難してはいけない。 それより何より、2020では野球・ソフトボールが帰ってくる。 メダルの個数は『1個』でも、現物はしっかり『9個』あるんだから、ここで取れればやはり大きい。 リオで総数19個取れた柔道・レスリングは、総数ではほぼMAX・・・色が銅8つというところは気になるが、そもそも柔道・レスリングが、銅が2倍あることを考えれば悲観材料ではなく、あくまで色の向上が目標となるだろう。

量産すべきは水泳と体操の種目別だろう。 ここはメダルの個数も多く、取れれば見栄えもいい。 ただし・・・韓国における最重要課題と予想されることには激・注意してほしい。 取れれば見栄えがいい、といえば陸上競技に注目したい。 リレーで銀、そして競歩で銅が『発掘』された一方、槍で敗北し、ハンマーでは主力がいなくなった。 やはりマラソンの復活が切望されるが、他の種目もチャンスは小さくない。 2020での躍進のカギとなるだろう。

大穴が重量挙げ。 とかく重量挙げと言うと、どうしてもドーピングが避けられそうにもない(他種目のように『カネ・政治』だけでは済まされない要素が強い)ところはある。 ・・・が、ロシアが実質永久追放の大粛清が入った今の状況では大チャンス。 勝負どころは軽量級だろう。 もちろん重量級だとさすがにドーピングの臭いは消せそうにないというのはある。 しかしここでは、人間1人ではハンドリング困難という点に着目。 軽量級なら100kgクラスが直接リソースに向かえる・・・という点で、ここでは特注に推した。

以上が2020の展望であるが・・・最後に猫ひろし(カンボジア・滝崎邦明)選手の件について。 下から2番目とはいえ、最下位を『争う』形でフィニッシュした姿は、彼を直接追うべき『超サブスリーランナー』に大いなる夢を与えたことだろう。 だが逆に捉えると・・・もし日本選手が間違っても『完走敗北』を喫してしまったらその瞬間、超サブスリーランナーは『外国へGO』が決定的となり、日本マラソン界は無残にも永眠を喫する(逆に言えば『棄権』という形でこれを阻止せねばならない状況になる)わけだから痛し痒し。 なんらかの事情で難民となる選手ともまた違うわけだが、こういった不毛とも捉えかねない『逃げ』行為については、別次元の問題として考えていきたい。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
五輪
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

福原愛「君は薔薇より美しい」【黒髪のかねろの整理場所】

五輪ロス (派生スポーツのススメ)【プロ野球哀愁劇場】

男子4×100メートルリレー銀メダルの快挙によって、日本の運動会よ、さらに盛り上がれ!!【スポ感の記憶】

リオ五輪男子マラソン予想通りの大惨敗【スポーツ えっせい】

【NBA】2016' リオ五輪 8/22 決勝 USA○96-66●セルビア。#Rio2016 #USABMNT【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

リオ・オリンピック 選手インタビューへの軽さ【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

399†TBSベイのドラフトを振り返る・2008年【Maybeな日々~ Deベイ成分多めにスポネタ書き~】

第98回選手権・いよいよ明日は決勝戦【高校野球観戦日記】

ブロガープロフィール

profile-iconnicebirdie

川口 威。

持ち競技は、ボートと競技かるた。
競技かるたの方は、今や高校選手権9連覇という暁星の、初年度メンバー。
ところが結成直後、これまた日本選手団派遣初年度の『数学オリンピック』出場のチャンスを迎え、半生が書き換わった。

現在はスポーツはスポーツでも『競技ポーカー』に向かっている。
今も100kgを超え、最近は心臓病の一頓挫もあったが、ここで絶えるわけにいかない44歳。

タイトルの由来ですが・・・隠してる以上『阪神』ではなくって。
もっとも、NHKではあるけれどw
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:160808

(10月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 座高が高い=短足という意味ではない
  2. 【今日は体育の日】子どもの体力低下の本当の原因は?
  3. 2020東京五輪の展望
  4. ガトリン選手も屈した『オリンピック』という名のルール
  5. ローレル指数「100」の持つ重要な意味
  6. 【絶対負けられない戦いがある】エターナルナイツ編
  7. 【全日本大学駅伝】モグスによる残酷物語・・・
  8. 【白馬の奇跡】避難区域のボーダーはこうして通せ
  9. 【DDD】あまりにも残酷な武将末裔への仕打ち
  10. アンガールズ、早くもリタイア説が出ているが・・・!?

月別アーカイブ

2016
08
2012
02
2011
12
11
2010
02
2009
08
06
05
04
03
2008
06
05
02
01
2007
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2006
12
11
10
09
08
07
06

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年10月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss