青木寝具店のブログ。

アレが最後じゃなかった岩本の晴れ舞台。

このエントリーをはてなブックマークに追加

“不恰好なヒットじゃったが、よう粘ったな。”

逆転打を含む3打点

38打数17安打 .447 1本 12打点 OPS.1,094

直近3年間で69-27 .391

移動中、ラーメン屋の看板を見ないようにしてして歩いて通る成果(どうせならダッシュしろや)?が出たかな。

アンチが聞いたら諸データを持ち出されて失笑されるだろうが、

俺は、打撃の動作を最も重きを置いているので、個人的には、カープの左打者で最も評価している打者。

もはや一瞬ではない、打撃の動作が維持できているということだ。

岩ちゃん、来季は一塁のレギュラー取るかもな。

中村祐太は、セットポジションからの投球。

セットポジションは、リリース前の体の捻りで瞬発力を消耗しないので瞬発力がボールに伝わる。

中村祐太は、再登録されてから、リリース前に瞬発力による体重の負荷を解いて投げられるようになっていたが、

この試合は、リリース前から肩甲骨周辺と両足に負荷がかかっていた。

新しい投球動作が完全に自分のものになっていないのだろう。

セットでリリース前に脱力して投げられるようにしないとな。

中村祐太は、この試合も三角筋を使って緩く胸の張りを作っていた。

フィニッシュで一塁側に右足を送って重心移動ができていた。

フィニッシュで左膝が伸びて高めの球にキレがあった。

初回、スライドステップのときにつま先が開いて投げていることがあった。

筒香、ロペスに連続安打の後、宮﨑に右中間、フェンス直撃の二塁打に2点を取られる。

中村祐太は、39,67,70,71球目でトップを作ったときに右肩が下がる。

右肩が下がるのと、前にやや倒れてトップが捕手寄りに深く入ると(後ろが大きい)、カットボール、スライダー回転をする。

中村祐太の場合は、後者のケース。

ボールを動かす場合には、トップを作ったときに右肩、右肘を上げて手のひらを外側に向けた上で投げる必要がある。

そうでないと、バックスピンのかかり方が悪く、手元で失速する。

トップを作ったときの右肩の下がりは、一塁側にプレートを踏むことで修正できる。

筒香は、中村の目線から遠いフォークを呼び込んでポイントを前でセンター前へ。ボールを長く見れているということだ。

ロペスは、真ん中高めのストレートを左肘で掃ってライナーでレフト前。

宮﨑に対しては、真ん中高めのカーブを打たれる。

スライドステップのときに左足で弧を描き、三塁側に重心が残っているので、山なりなだけでブレーキのかかりが悪い。

中村は、3回73球3失点で降板。

これは止むを得ないだろう。

二番手九里は、3,4,5,6,9,14,27,29,31,32,33,38,39球目でフィニッシュで右足を送ったり、

緩く蹴り上げて一塁側に右足をひねっていた。

8球目もフィニッシュで左膝が伸びている。

出来としてはいい部類だ。

11球目でトップを作ったときに右肩が下がっていた。

野手のいないところに落ちるヒットに偶然はない。不運ではない。

桑原は、アウトコースベルトの高さのカットボールを打って二ゴロ。

しかし、桑原の重心は後ろ足に残っており、頭も骨盤からは外れているが、後ろの足の方に残ってる。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

アレが最後じゃなかった岩本の晴れ舞台。

>コメント有難うございます。

中原様

岩本は、特に膝の使い方が柔らかいので、前後に懐の深い打撃ができます。

左であんなに引っ張れる打者は、中々いません。

投手出身なので肩も強いです。

今からでも遅くないので、代打と言わず、レギュラーに定着してもらいたいです。




「アレが最後じゃなかった岩本の晴れ舞台。」へのコメント

度々失礼します。
私も岩本大好きです。柔らかいと評される松山よりもさらに柔らかい印象があります。肩の強さも魅力です。
故障等でしばらく沈んでいたのに、それでも今後主力になれる可能性を持てるのはカープの良さですね。

アレが最後じゃなかった岩本の晴れ舞台。

>コメント有難うございます。

kazuhaya様

2014年頃は、岩本もオープンスタンスで打っていましたので、若干共通する部分もあったように思います。

その頃も岩本は、緩く前傾し、その頃は、松山は直立に近く立ち、

その頃も、松山の方がトップが浅く、トップを作ったときのヘッドも少し寝ていて、岩本が長距離打者、松山が中距離打者で、体が前に出されるところは共通しますが、松山の方が後ろに重心を残していたように記憶しています。

「アレが最後じゃなかった岩本の晴れ舞台。」へのコメント

岩本と松山は数年前の打撃スタイルは似てた気がしますな。
ボール球でも打ちに行く調子の波が激しい左打者という意味合いで。
見た目(打撃フォームも)はそんなに似てないと思います。

こんな記事も読みたい

ロッテの球団広報の梶原紀章さんが伊東勤監督について書いたコラムを読んで思ったこと 結婚式編【チュート・ハンパーのレッツゴープロ野球!】

飯塚悟史のお勉強タイムはまだまだ続く問題【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

得たものは何か【Straight-Outside-Low】

今年も、警官ですらハイタッチする映像が見られるかな。【忘れ物を全員で取りに行くぞ!Carp2017】

マヌーバー。【Carpe diem 野球はドラマ!】

「優勝前夜」セリーグMVPは誰の手に!?【カープファンの構想と妄想】

カープ愛【カープファン初心者が勝手なことを言います】

* カープの岩本選手、知っている?(笑)【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

ブロガープロフィール

profile-iconnext42

ファン歴40年

元十流選手が投球技術、打撃技術を語ります。

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:4224121

(09月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 鈴木誠也は、何故、坂本勇人に勝てなかったのか。
  2. 田中広輔は、何故、高打率を維持できないのか。
  3. 来季の先発オーダーはこれだ
  4. 今季は、是が非でも4番は一人の選手に固定することです。
  5. クルーズの巨人入団が内定したこと
  6. 一岡竜司の来季の起用法
  7. 挑戦者から見た今年の巨人
  8. 福井優也は、何故、今一つ殻を破れないままでいるのか。
  9. きみたちは、カープの選手が好きなんじゃないんかい?
  10. 来季の4番は誰だ。

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss