青木寝具店のブログ。

松山が発展途上の大瀬良の負けを消したね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

大瀬良は、登録抹消されていた間、試行錯誤していたようだね。

大瀬良は、初回、トップを作ったときに右肩、右肘が下がり、遠藤に先制打を打たれる。

中3日で投げたことも関係しているだろう。

しかし、福田に対しては、フィニシュで左膝を伸ばして壁を作り、右足を一塁側に送って一飛に打ち取る。

3回、先制打を打たれた遠藤に対し、フィニシュで左膝を伸ばして壁を作り、上体を一塁側に傾け、

一岡のように、右足を緩く蹴り上げて一塁側に回して三振。

5回大瀬良は、トップを作ったときに右肩は下がっているが、

京田に対し、フィニッシュで一塁側に左足でケンケンしながら、右足を一塁側に送って、インローの球で三振に取っている。

右足を緩く曲げ、左足を上げ下し、右足を捕手の方向にケンケンしながら投げると

右足を緩く曲げることで、右足がブレず制球はつくし、右足の伸縮運動により瞬発力が加速する。

左膝にタメができてバックスピンがかかる。回転数も増えると言われる。

瞬発力を付けて右足を強く蹴ると左足との着地と一緒に右肘でリリースしてしまい、左膝がつま先より前に出てしまい

瞬発力が指先に伝わらない。

また、頭が前に倒れると制球がボールを引っ掛ける。

大瀬良は、左打者に対し、一塁側にプレートを踏んで縦回転を作る。

一塁側にプレートを踏むことで、トップを作ったときに、右肘が捕手側に深く入って

前に倒れるのを防いでいる。

腰よりも前足を先に踏み出すことにより、テイクバックのときに右肩が下がること、トップを作ったときに右肩、右肘が下がること、

上体が倒れることを防いでいる。

左打者の目線とリリースポイントが近くなる。

ケンケンすることにより、左膝のタメ(緩く直角に曲げる)、股関節の二塁側への引っ張りの形を固めることはできるが、瞬発力も消耗してしまう。

構えたときに緩く膝を曲げ、瞬発力による体重の負荷を解いておけば、

左足を本塁側に向けてスライドステップしたときに全力疾走したときの右足の状態になり、緩く蹴れ、

着地したときに左膝にタメができる。

同様に、左足でケンケンすると右足を素早く加速させながら、一塁側にスイングできそうであるが、

ケンケンすることにより瞬発力を消耗する。

バックスピンがかかり、ボールの回転数が増えるのは、フィニッシュで左膝を伸ばして壁を作ることにより、

腰以下右足を一塁側に緩く速く回転させ、上体を一塁側に傾ける動作によるものである。

キンブレル、チャップマン、上原も試合中は、右足も左足もケンケンはしていないし、

フィニッシュで左膝(チャップマンは、右膝)を伸ばしている。

大瀬良の残念なところは、左膝が伸びていないところである。

大瀬良は、100球を超えた6回、三塁側に重心が残ったところ、高橋周平に安部の頭上を越えるヒットを三塁線に打たれ、

3点目を取られる。

竹山は、5回京田を三振に打ち取った投げ方で三振に打ち取る。

大瀬良は、6回3失点

トップを作ったときに右肩がへこむ投げ方の修正は、発展途上ながらも、QS達成といったところだ。

二番手の一岡は、緩く膝を曲げて構える。

一旦静止し瞬発力を消耗するときと静止しないときがある。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

松山が発展途上の大瀬良の負けを消したね。

>コメント有難うございます。

suiryu08様

中日との3連戦の3戦目は、コメント欄にて挙げられた4人がいないと、大幅にレベルダウンするでしょうね。実際、大きいのが打てるのは、福田しかいませんので。

何割かは差し引いて評価しなければならないでしょう。

日本シリーズで先発を5人で回すとすれば、大瀬良も先発に入ってくるかもしれませんが、大瀬良も含め、リリーフ投手が各試合3~4人投げることになりそうです。

ソフトバンクが相手ですから、藪田以外は、序盤で炎上することもあり得るでしょう。

先発4人中5日(5日間の内に1~2回ブルペン入り)で回すとすれば、中村祐太の方が内容がいいのと、大瀬良はリリーフ経験があるのでリリーフに回るかもしれません。

軟式野球があるのは、日本だけで(現地の日本人が伝えましたが、広まっていません)、世界各地で体ができていない小学生から硬式を使って投げるので、リハビリ、トレーニングの進歩や負担のかからない投げ方を教えても肩、肘へのダメージは大きいでしょう。

昭和~平成一桁ぐらいまでの高校生の中には、毎日ではありませんが、200~300球投げ込みをさせられていた人もいます。

現在でも、指導者の中には、勉強家の方もいますが、昔ながらの負担の大きい投げ方を強要している指導者もいます。

大瀬良は、中学のときに軟式で、高校になって硬式に転向したことも故障と関係しているかもしれません。

肩、肘を壊した後も投げ続けなければプロになれないのが現実です。

それは、日本だけではありません。

甲子園は、3回戦から中3日で準々決勝、中1日で準決勝、連投で決勝。

地区予選も東東京を例に取ると、中3日で準々決勝、中2日で準決勝、中1日で決勝です。

名門私立校では、投手が分業制になっていても、2~3人で賄うわけですから、各投手の負担は尋常ではありません。

現在でも、球団主催の野球アカデミーも小学生中心で、中学生、高校生の間に広がっていません。

松山が発展途上の大瀬良の負けを消したね。

いつもありがとうございます。大瀬良については一見ぎりぎりセーフの結果を残したような感じですが、ゲレーロ、ビシエド、大島、平田のいない打線ですから少し割り引いて考えないといけないような気がします。

next42さんも大丈夫なようなことを書かれていないのですが、やはりCSとか日本シリーズではこのままでは・・・という見方をされていますか。

あともう1つすみません。肩の状態が悪い投手が多いようですが、これは高校生までのトレーニング方法(投げ過ぎを含む)がよくないという問題でしょうか。それとも肘や肩を壊す寸前まで頑張らないとプロにはなれないようなイメージでいた方がいいのでしょうか。

理想的なトレーニング、コーチングを受け、プロで故障を気にせず投げられる投手がこれから出てきてほしいです。

こんな記事も読みたい

短期決戦の先発陣と来シーズンへの先発陣【プロ野球好きのカープファンが思うこと】

岡田くん、一年間お疲れだね。【青木寝具店のブログ。】

岩村明憲を追いかけて【ベイスターズを二軍中心に見守るブログ】

さぁ、忘れ物を取りにいこう。【カープニッキ。】

妄想対談 二岡智宏vs東出輝裕【カープファンの構想と妄想】

2017年、広島伝説終章【~常昇魂から真赤激~広島伝説】

松山竜平。【Carpe diem 野球はドラマ!】

【マツコ・デラックス】【カープ仁義 ~富永一朗に花束を~】

ブロガープロフィール

profile-iconnext42

ファン歴40年

元十流選手が投球技術、打撃技術を語ります。

  • 昨日のページビュー:4394
  • 累計のページビュー:4228514

(09月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 鈴木誠也は、何故、坂本勇人に勝てなかったのか。
  2. 田中広輔は、何故、高打率を維持できないのか。
  3. 来季の先発オーダーはこれだ
  4. 今季は、是が非でも4番は一人の選手に固定することです。
  5. クルーズの巨人入団が内定したこと
  6. 一岡竜司の来季の起用法
  7. 挑戦者から見た今年の巨人
  8. 福井優也は、何故、今一つ殻を破れないままでいるのか。
  9. きみたちは、カープの選手が好きなんじゃないんかい?
  10. 来季の4番は誰だ。

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss