青木寝具店のブログ。

対阪神3連勝。リリーフ陣の登板過多を緩和できるといいけどな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

今シーズンのジョンスンには、中5日はやっぱり無理だったな。

フィニッシュで三塁側に左足を送れたのは、29、37、55球目と数えるほど。

大半の球を投げたとき、Johnsonは、フィニッシュで一塁側に重心が残っている。

故障が完治していないし、新しい投げ方も完成していないんだな。

続いて、九里は、3球ほどトップを作ったときに右肩が下がり、肩の状態は良くない。

重心も三塁側に残っている。

しかし、1イニングス目の3アウト目のカーブ、2イニングス目の中谷の二球目真っすぐ、4球目のシュート、

上本への4球目のシュートを投げたときは、フィニッシュで右足を一塁側に送っている。

右足も緩く(≠弱く)蹴れている。

先発のときもこの投げ方をしてくれよ。

コーナーピッチングをしなければ抑えられることがわかったかな?

一方の先発秋山は、以前よりリリース前に瞬発力を体にかけず脱力している。

テイクバックしたときに右腕と両足~骨盤~頭のラインの間に空間ができるので制球がいい。

しかし、膝を曲げたままのステップは、着地する前に静止する。

ステップのときに左膝が三塁側に伸びてロックされている。

左膝が伸びているときは、弧を描くことになる。

瞬発力がリリース前に消耗してしまう。

弧を描いていなくても膝が開く。

ボールがシュート回転して失速する。

打者の目線が遠くなる。

秋山は、真っすぐ投げるときは、概ね、フィニッシュで右足を一塁側に移動しているが、

半速球を投げるときは、一塁側に重心移動できているときと、三塁側に重心が残ることがある。

緩い変化球を投げるときは、三塁側に重心が残る。

右肩が開いてシュート回転する。

これらの動作は制球のいい投手に見られる。

それと、秋山はテイクバックのときに両肩がM字になる。

これは、肩に瞬発力により体重がかかって肩を損耗するからやめた方がいい。

カープ打線は、秋山に0で抑えられることはないだろう。

秋山は、71球目、73球目(5回)でトップを作ったときに右肩が下がり、ボールを引っ掛ける。

秋山の肩は限界に達した。

広島打線はそこを捕えた。

會澤は、ヘッドを残して、重心を後ろに残して右中間へ二塁打。

菊池のところで、再度、トップを作ったときに右肩が下がり、ボールを引っ掛ける。

ボールは目線から遠いインロー。

ここは、振らないね。

丸は、右足をスライドステップしたとき、ヒッチして上げてトップを作りグリップが高く上がっていた。

始動は遅れていないね。

ヘッドは少し寝ていたが、インローの球を肘で掃ってライト線へ。

松山はヘッドを遅らせて壁を作って犠飛

安部の左中間の当たりは、トップが浅く始動が遅れてているが、秋山の左足首が弧を描いている分、始動の遅れを最小限に留められた。

安部は前の打席では、右膝が右のつま先より前に出されながらも重心が後ろに残し、壁を作って(手首の返しをこらえて)ライト前へ打っている。

西川は、インハイのカットボールを右肘で上手く掃ってライト線へ持っていった。

結果は、5回6失点。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

金本監督あっぱれ!【猛虎偏愛話ともろもろ】

中崎どん【赤バカ日誌】

道半ば【トラコ好きの虎男】

行けるか?首位打者安部【プロ野球好きのカープファンが思うこと】

6連勝でマジック8【カープ一筋40年の独り言】

素直に喜べない勝利【酔竜の館 スポーツナビ別館 カープの間】

カープの強さが際立った3連戦、最高の3連勝でM8。 広島 6-4 阪神【二つの歓喜をもう一度!】

最後の首位攻防ラウンドで3連勝!!!!!!! そして「中5日」と3連投【きたへふ おおの かわくち つた゛】

ブロガープロフィール

profile-iconnext42

ファン歴40年

元十流選手が投球技術、打撃技術を語ります。

  • 昨日のページビュー:7933
  • 累計のページビュー:4224121

(09月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 鈴木誠也は、何故、坂本勇人に勝てなかったのか。
  2. 田中広輔は、何故、高打率を維持できないのか。
  3. 来季の先発オーダーはこれだ
  4. 今季は、是が非でも4番は一人の選手に固定することです。
  5. クルーズの巨人入団が内定したこと
  6. 一岡竜司の来季の起用法
  7. 挑戦者から見た今年の巨人
  8. 福井優也は、何故、今一つ殻を破れないままでいるのか。
  9. きみたちは、カープの選手が好きなんじゃないんかい?
  10. 来季の4番は誰だ。

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss