青木寝具店のブログ。

今村だって失敗することはある。それよりも阪神の中継ぎ、抑えを打てなかったことが敗因だな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

第2戦の先発は、大瀬良と小野

大瀬良は、40球目(3イニングス目)からトップを作ったときに右肩が下がることが見られ始めた。

福留には、フィニッシュで三塁側に重心が残ったところを打たれた。

5回には、西岡、福留、ロジャースに四球。

伊藤隼太、鳥谷に対してはフィニッシュで右足を左足の上を通過させて、三振、左飛で乗り切った。

今村は、フィニッシュでの重心移動をしているものの、重心移動が弱い。

後ろが小さく、前を大きくして瞬発力を0から100への投げ方なのだが、

前も小さい。

ゴロは、フィニッシュした方向と反対の方向に飛んでいる。

投ゴロへの反応も右のふくらはぎ辺りを庇いながら走っている。

ゴロを処理する前から重心移動が弱いので脱水症状ではなく、故障しているのだと思う。

スライドステップのとき、左膝で弧を描いていないけれども、

下半身のタメ(左膝のこと)がなく、伸ばした膝を軸に一塁側へ回るのが次第に早くなってくる。

左膝が開くのが早く、頭がラインからズレる。

右腕がフリーになってボールが高低に外れる。

スリークウォーターに近いオーバースローなので、ボールを引っ掛けて外れる。

ボール球を振ってくれず歩かせる。

一死満塁から、ロジャースがスクエアスタンスからインハイを両肘を伸ばし、左肘で掃ってレフト前に落とす。

左肘が空いていないのでインサイドをさばける。

今村は、フィニッシュで右足を左足の上に通過させて重心移動しているが、一塁側に回るのが早いからシュート回転する。

打者は、リリースポイントが目線から遠くなるのでボールが遅く見える。

今村は、俊介のところでトップを作ったときに右肩が下がる。

鳥谷には、三角筋を使って胸を張りを作って投げファウルを打たせた球は良かったが、

それ以外は、頭がラインから外れ、アウトハイに外れ四球。

今村は、24球と球数を要したので、ヘーゲンズと交代。

ヘーゲンズは、スライドステップで、フィニッシュで膝が伸びているし、左足で弧を描いていないが、

一塁側に上体を倒しながら一塁側に回るのが早い。

今村もヘーゲンズも下半身のタメを作ってリリースしてから一塁側に上体を倒しながら回る必要がある(右のふくらはぎやハムストリングスを痛めている場合は尚更)。

今村は、事実上は今季初のセーブ失敗(記録上は2回目)。

チーム全体として見ても、エラーで負けたのではない。

クローザーが打たれたことが負けの原因の一つということだけ。

そんなに痛い負けではない。

今まで今村には散々助けられてきたんだ。

たった一回の失敗でとやかく言うことではない。

シーズンは長い。

球数が多くなれば途中交代もある。

投げられないほどの故障でない限り、これまでどおり、今村のクローザーでいいよ。

回の頭からギアを入れての三者三振なんて要らない。

そんなことしてたらシーズン持たない。

回の頭から投げる以上、これまでどおり、

先発同様、安打や四球は出してもいい。

一点差でランナー二、三塁でもない限りは、

リリースの瞬間だけにギアを入れ、後はフィニッシュをしっかりして

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

タイトルホルダー達の競演【博多の熱烈G党オジサン】

スターナイト、引き分け。 悪い流れが顕著に出た試合。【日々戯言 ~Road to invincible Baystars~】

8/2VS巨 連夜の二桁失点負け。【雄平よ大志を抱け!】

鹿児島の祖父へ声届けられず。 広島 3-4 阪神【二つの歓喜をもう一度!】

ストッパー独り相撲での敗戦はなんとも...【プロ野球好きのカープファンが思うこと】

負けない人は負けず、勝てない人は勝てなかった。ただ、それだけ。【きたへふ おおの かわくち つた゛】

● カープ 3-4 タイガース@マツダ【2017/08/02】【スライリィーと愉快な仲間たち ~広島カープ優勝までの軌跡~】

勝負の8月!!阪神の後ろは強力だ!!【人生広島カープと共に】

ブロガープロフィール

profile-iconnext42

ファン歴40年

元十流選手が投球技術、打撃技術を語ります。

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:4621952

(10月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 鈴木誠也は、何故、坂本勇人に勝てなかったのか。
  2. 田中広輔は、何故、高打率を維持できないのか。
  3. カープの人事問題ー石井、河田両コーチの件、清宮問題
  4. 来季の先発オーダーはこれだ
  5. 2017年ドラフト候補分析中間報告(投手編)
  6. 今季は、是が非でも4番は一人の選手に固定することです。
  7. 梵の自由契約と永川の去就
  8. 一岡竜司の来季の起用法
  9. クルーズの巨人入団が内定したこと
  10. 挑戦者から見た今年の巨人

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss