青木寝具店のブログ。

後半戦スタート。采配云々よりも打てなかったことに尽きるな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、采配云々よりも、クリーンアップが阪神の先発、中継ぎ、抑えを打てなかったことに尽きる。

四球を取るだけじゃ、勝てないよ。

フルスイングできなけりゃ負けるってことよ。

アウェイの試合は、同点止まりはダメで、勝ち越さないと勝てないから、

投手にアウトを一つくれてやるバントが適切でないというのはわかる。

そんなことは、監督もわかっている。

菊池は、腰、及び膝の状態が良くないんだろうな。

最近の試合でも内野ゴロを打ったときに

ヘッドスライディングをしていたから、全力疾走できないんだろうな。

監督は、作戦として、内野ゴロを打っての併殺を回避したんだろうな。

鈴木誠也は、外のベルトより高いところとアウトロー

いずれも、始動が遅れてヘッドが遅れている。

オールスターのホームランダービーでは、

構えたときに、バットの握りといい、肩から下といい、

体重による負荷から解放し、

ステップの始動も股関節をルーズにして骨盤より下から

スライドステップしていたんだけどな。

公式戦が再開すると、始動前から手首に負荷がかかっているんだな。

今日の桑原も膝の開きが早くそんなに良くなかったんだが、

それ以上に、鈴木の状態が良くなかった。

常にやってるだろうけど、地道にロングティーで緩い球を打って調整することだな。

そうすることで、外の球をフルスイングして引っ張れるようにならないとな。

代打で出たバティスタは、メッセンジャーのストライクゾーン内のインハイ真っすぐ系をファウルしたが、

左肘で掃えていたので、それほどインコースが打てない打者ということではない。

メッセンジャーは、今日も膝を曲げ下してのステップもスライドステップも問題なくできていた。

カーブを投げるときもフィニッシュまできちんと重心移動ができていた。

メッセンジャーは、コーナーを突くピッチングをしてしまったことが球数を要した原因だ。

最終回のドリスに対し、天谷、田中、菊池が3者連続三振

目線から近いインハイを振るのは止むを得ないとして

目線から遠い低めのボール球のフォークを振って空振りするというのは、

体が前に出されて、フルスイングできていないということ。

野村は、今日は、左膝で弧を描いてシュート回転した球を阪神打線に悉く打たれたな。

コースとしては、糸原には、インハイを、梅野には、目線から遠い骨盤の回転で作った瞬発力が伝わるインローを打たれた。

梅野を歩かせて投手を打ち取ったところで、次の回は上位打線だ。

梅野で打線を切れば、次の回(5回)は投手から打順が始まる。

監督の采配は、手段としては間違っていない。

点差以上に完敗だったな。

勝敗とは関係ないけど、アキレス腱断絶から復帰した西岡が左打席で

アウトローのチェンジアップを壁を作って(手首を返さずに)センター前への当たりは、

ナイスバッティングだったな。

得点圏で打てた、打てなかったということが勝敗を分けたということで、

一ファンとしては割り切れる試合だな。



にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

正念場【ドラゴンズ 時々 グランパス】

【2017-83】代わり映えがないなぁ・・・【ツバメの舞い上がる夢日記】

西岡がもたらした新しい風、糸井を失うかもしれないという現実。【ぷかちょの、野球はツーアウトから。】

ノムスケで落とした【カープ大好き高校生の野球観戦】

後半戦も黒星スタート。 広島 1-2 阪神【二つの歓喜をもう一度!】

後半戦初戦敗北と明日のスタメン【プロ野球好きのカープファンが思うこと】

野村の続投【カープ道】

【パブロフ犬の宴】『とりあえずバント。そこに意思はあるのかい?』【©カープ狂の宴】

ブロガープロフィール

profile-iconnext42

ファン歴40年

元十流選手が投球技術、打撃技術を語ります。

  • 昨日のページビュー:9127
  • 累計のページビュー:3551461

(07月28日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 鈴木誠也は、何故、坂本勇人に勝てなかったのか。
  2. 田中広輔は、何故、高打率を維持できないのか。
  3. 来季の先発オーダーはこれだ
  4. 今季は、是が非でも4番は一人の選手に固定することです。
  5. クルーズの巨人入団が内定したこと
  6. 一岡竜司の来季の起用法
  7. 挑戦者から見た今年の巨人
  8. 来季の4番は誰だ。
  9. 福井優也は、何故、今一つ殻を破れないままでいるのか。
  10. 対阪神3回戦,今のところ、混戦の4球団脱落するのはどこか。

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss