青木寝具店のブログ。

二軍投手の内、中継ぎ投手として誰をテストするか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

オールスターの期間、ファームの試合の絵を沢山見させていただきました。

今現在、また、今後のことを踏まえると、先発は足りていますが、後ろを投げる投手が不足しています。

筆者は、8月に入ったら、藪田、大瀬良のリリーフ転向を提案しています。

監督も、岡田のリリーフ転向を示唆するような発言をしています。

それでも、故障歴のある投手がほとんど全てなので、やはり未だもう一人中継ぎは不足でしょう。

7月いっぱいは、ギリギリ”若手”を試すことができます。

特に、今は、先発投手が何人か抹消されていて、登板日に即登録なので、

数日間ではあるものの若手投手を試すことができます。

筆者は、先発、リリーフ共、レベルの低い左投手を投げさせるぐらいなら、

レベルの低くない右投手に投げさせた方が益しという考え方です。

只、一軍で通用する左投手がいれば、登録して起用してもいいと思います。

左投手は、右投手に比べ数が少ないので、若手とは言えない投手もいますが、

議題に上ることが多い投手について書いてみたいと思います。

塹江敦哉(3年目 20歳)は、ファームで、10試合 43回1/3を投げて48安打、31奪三振 31四球、防御率4.98で、

主に先発での調整をしています。

塹江は、右足を曲げたままノンストップで、右足で弧を描かずに本塁方向に、ステップ、着地。

スライドステップでも右足で弧を描かずにノンストップで本塁方向にステップ、着地する。

フィニッシュのときに、右膝が真上に伸びて骨盤を使って左足を右足の上を通過させて三塁側に重心移動させて投げた球は、

目を見張るものがある。

フィニッシュのときに、一塁側に重心が残って、一塁線方向に左足を着地したときは、右膝が体の中心線方向に斜めに伸び、

股関節下が台形になっているか、右膝が緩く曲がっている。

確かに、このような一塁線に重心が残っているときは、低めに制球でき、ファームの打者を三振に取ってはいる。

しかし、ファームの打者だから抑えられたのであって、一軍の打者には、打たれるだろう。

塹江は、右足をステップしたとき、頭が三塁側斜め下に倒れることがある。

左肩付近の空間が広くなり、左腕が制御できなくなり、手首が寝てボールを引っ掛けて低めに外れて四球を出すことがある。

しかし、頭が残っているときは、ベルトより高低に伸びがあるように錯覚させるストレートが投げられている。

佐藤祥万は、ファームで22試合、22回1/3 15安打 15奪三振 3四球 4自責 防御率1.59 

佐藤祥万は、ステップするときに、右足で大きく弧を描く。

打者はボールが見やすい。

大差リードの試合や敗戦処理は、試合を完結させるのが仕事。

点差を詰められて、中﨑、Jackson、今村に準備をさせてしまったら役割を果たしたことにならない。

ファームで結果を出したが、一軍で全く使われなかったのは、この投球動作も原因だろう。

Nakaoshi Oscar Masaki(オスカル)は、ファームで23試合 23回2/3 19安打 17奪三振 10四球 7自責 防御率2.66

オスカルも佐藤祥万ほどではないが、ステップするときに右足で弧を描く。

一軍では、2試合の登板があり、1回2/3 1安打 防御率5.40

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

英雄の帰還……?【虎処「サービスえいり庵『たかおか』」】

前半戦成績(1):打撃成績【夢をもう一度、Re:Get the flag!】

* 続・赤松クン、頑張れ。【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

妄想密談 江藤智vs前田智徳【カープファンの構想と妄想】

明日から阪神戦【カープ大好き高校生の野球観戦】

先発6番手候補と中継ぎ左腕候補【大阪に住んでいてカープファンになった】

カープロス【カープ道】

カープ女子の功績【まるごとCARP! ・:,。★~いつのまにかPart2~★,。・:・゚】

ブロガープロフィール

profile-iconnext42

ファン歴40年

元十流選手が投球技術、打撃技術を語ります。

  • 昨日のページビュー:19487
  • 累計のページビュー:3519622

(07月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 鈴木誠也は、何故、坂本勇人に勝てなかったのか。
  2. 田中広輔は、何故、高打率を維持できないのか。
  3. 来季の先発オーダーはこれだ
  4. 今季は、是が非でも4番は一人の選手に固定することです。
  5. クルーズの巨人入団が内定したこと
  6. 一岡竜司の来季の起用法
  7. 挑戦者から見た今年の巨人
  8. 来季の4番は誰だ。
  9. 福井優也は、何故、今一つ殻を破れないままでいるのか。
  10. 対阪神3回戦,今のところ、混戦の4球団脱落するのはどこか。

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss