青木寝具店のブログ。

岡田の今後の起用法。

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の岡田も、立ち上がりからテイクバックのときに右肩が下がる。

38球目に筒香に打たれたときに、トップを作ったときに、右肩がへこんで、体が前に倒れている。

宮﨑に打たれたところを始め、今日の岡田は、少し左足で弧を描く。

膝の開きが早いからシュート回転する。

筒香と宮﨑打たれた球は、三塁側に重心が残っている。

岡田の投球動作も疲労につながっているのだ。

甘いところに投げるのはいい。

甘いところに投げなければ、アウトを積み重ねることができないからだ。

きわどいところを投げていたら、球数がかさむからだ。

投げている球にキレがない、遅く見えるのが問題なのだ。

5回 88球 10安打 2奪三振 1四球 自責3

岡田は、先発ローテーションの中では、大瀬良の次に肩の限界がくるのが早い。

岡田も大瀬良も第一回目の肩の限界がくるまでは、キレのある球を投げる。

大瀬良のステップは、一旦静止するステップの仕方で、岡田は、スライドステップ。

左足で弧を描かなければ、岡田の方が瞬発力を消耗しない投げ方で、岡田は、チーム内では、藪田、Jacksonに次ぐタフな投手。

リリーフでも結果を残すだろう。

しかし、試合終盤の1点も許されない場面で、左足で弧を描いたら、打者の餌食になる。

大瀬良は左足で弧を描くことがないが、岡田は、左足で弧を描くことがある。

今シーズン始まる前までは、筆者の構想としては、岡田は、昨年の投球動作を見て、リリーフの一角として考えていたが、

開幕カードの阪神戦での投球動作を見て、筆者は、岡田を、藪田、大瀬良をリリーフに回してもリリーフが足りないということがない限り、

先発投手陣の一人にすることに構想を改めた。

緒方監督は、岡田について、次からは考えるとコメント

緒方監督は、連戦で後ろを投げる投手がいないと語る。

個人的な希望としては、後ろに回すのは、藪田、大瀬良で、

九里先発復帰、岡田は、オールスターのどこかで登板せざるを得ないものの、

球宴休みの間に、投球動作の修正、先発据え置きなのだが、

昔から、広島は、先発で結果の出なかった投手を後ろに回してきた。

今年の九里もリリーフでの実績を買って後ろに回したというが、

後付けの方便だ。

実際には、先発からの降格だ。

昨日のDeNA戦を終えて、今季の岡田は、15試合で、7勝4敗 94回 88安打 2被本塁打 与四死球40 自責37 防御率 3.54

中村祐太は、岡田の成績に関係なく、また、投球動作や投げている球そのものに問題がなければ、ファームの成績に関係なく、

球宴後、先発要員として一軍に戻ってくるだろう。

バティスタは、結果を出しているので降格はしない。

Jacksonも戻る兆しを見せつつある。

枠の関係でヘーゲンズの昇格、先発起用も現実にはあまり考えられない。

同様に、ブレイシアの昇格、リリーフ起用も現実にはあまり考えられない。

落合監督であれば、岡田の現在の成績、内容では、二軍降格もあり得るが、

加藤や福井を投げさせるよりは益しなので、二軍降格はないと思う。

四死球を出すのが全く悪いというわけではない。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

岡田の今後の起用法。

>コメント有難うございます。

emachan7622様

オールスターは、二軍選手でも出場できるので、岡田は、一度登録抹消されるかもしれませんが、中継ぎが薄いチームの状況から、後半戦始まってすぐに一軍に戻ってくると思います。

岡田は、下半身のタメ、フィニッシュまでの膝の使い方、重心移動を作り直して、テイクバックのときの右肩の下がり→ステップの始動のときの右肩の上げ戻し→トップを作ったときの右肩の下がりという一連の動作を修正する必要があります。

一軍に帯同しながら、投球動作の修正と並行しながら、まずは、3~4点ビハインドのところから登板させ、その後、勝ち継投に組入れていくのではないでしょうか。

投球動作が修正されれば、ブルペンは強化され、チームにとってもプラスになります。


岡田の今後の起用法。

>コメント有難うございます。

carp_red_28様

鈴木誠也は、一時期、昨年の春とは別の方の足のハムストリングスを軽度の故障をしていたという話を聞いたことがありますが、ネタ元は明らかでなく、その後は人並みに走れていたので、事実かどうかはわかりません。

今年は、ライト線の打球を後逸したり、ステップするときに、頭を始め、体全体が前に出ていってボールを握り損ねたりするエラーが多いです。

ライト線付近の打球処理、送球に難があるので、他球団の走者は、積極的に二塁ベースを回り、鈴木誠也は、今年は、既に7捕殺を記録しています。

岡田の今後の起用法。

next42様
私は岡田を一度抹消して調整させたのち、リリーフとして起用した方が良いと思います。
岡田には指摘しておられる課題もあるでしょうが、彼のストレートは魅力的ですし、今のブルペンに欲しいタイプではないでしょうか。
先発は仰る通り中村祐太や九里がいますし、福井も昨日2軍で投げていたようです。もっとも2軍は0点に抑えること以上に、投球内容が問われますが。

岡田の今後の起用法。

next42様

昨年の失策数は2と平均的な外野手でしたが今年はnext42さんが指摘されるように
前半戦だけで守備難とされているバレンティンと同じ5つとやらかしが多いですが
原因は何だと考えられておりますでしょうか?

こんな記事も読みたい

ラミレス監督のアクロバット采配問題【横浜DeNAは本当に優勝できるのだろうか】

大敗続く【春夏秋冬ドラ応援】

セリーグ公式戦・阪神v中日13回戦【高校野球観戦日記】

完敗でした。 広島 2-5 横浜【二つの歓喜をもう一度!】

● カープ 2-5 ベイスターズ@マツダ【2017/07/11】【スライリィーと愉快な仲間たち ~広島カープ優勝までの軌跡~】

ベイスターズに完敗&岩本の出番は・・・【プロ野球好きのカープファンが思うこと】

○ カープ 5-1 ベイスターズ@マツダ【2017/07/10】【スライリィーと愉快な仲間たち ~広島カープ優勝までの軌跡~】

守備の人 松山竜平【きたへふ おおの かわくち つた゛】

ブロガープロフィール

profile-iconnext42

ファン歴40年

元十流選手が投球技術、打撃技術を語ります。

  • 昨日のページビュー:19847
  • 累計のページビュー:4621952

(10月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 鈴木誠也は、何故、坂本勇人に勝てなかったのか。
  2. 田中広輔は、何故、高打率を維持できないのか。
  3. カープの人事問題ー石井、河田両コーチの件、清宮問題
  4. 来季の先発オーダーはこれだ
  5. 2017年ドラフト候補分析中間報告(投手編)
  6. 今季は、是が非でも4番は一人の選手に固定することです。
  7. 梵の自由契約と永川の去就
  8. 一岡竜司の来季の起用法
  9. クルーズの巨人入団が内定したこと
  10. 挑戦者から見た今年の巨人

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss