青木寝具店のブログ。

今夜は、そっとしておいてあげましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の6回の広島打線の点の取り方は、機動力野球を掲げながら、他球団にやられていた点の取られ方。

最初の2点は相手のミスによるものだ。

しかし、その後は、二塁走者がワンヒットで還る。

打者走者は本塁送球の間に二塁に走るという基本が板についてきた。

6-1と点差を拡げる。

大瀬良は、ステップするとき、膝を曲げたまま下して一旦静止してから着地していたのを、

左膝を伸ばしたまま、静止せずに着地する投げ方にマイナーチェンジした。

フィニッシュのときの重心移動は、一塁側に移すことができていたのがわずかで、大半は、三塁側に残っていた。

トップを作ったときの右肩の下がりも、彼の平均よりは少なかった。

6回終わって89球1失点。

過去の試合では、100球に達するまでに、再び、右肩が下がり始める。

7回の頭から中﨑を投入するものと思っていた。

7回に真ん中高め真っすぐ145キロをロメロに本塁打された。

真ん中高めに投げるのはいい。

けど、フィニッシュのときに三塁側に重心が残っているから、球にキレがないんだよ。

マレーロには、重心が最もバットに伝わりやすいインローの飛ぶコースに投げた。

トップを作ったときに、右肩が下がっている。

これで6-3。

中﨑が回の途中から登板して追加点を許さなかった。

Jacksonは、カットボールで先頭打者を三振に取るが、

その後は、テイクバックした後に頭が先行して、

肩肘が上がらないが故に、腕が横振りになった。

打者はボールが見やすくなった。

疲労が蓄積されている。登板過多なのだ。

横振りだから、インローのボールが飛ぶコースにキレのない球が行く。

ロメロは割れを作りながらスムーズに対応した。

今季、一番悪い内容だが、責められない。

9回は、今村は、スライダー、フォークの他に、久々にシュートを交えて0に抑える。

延長10回、11回は、中田廉、一岡が0に抑える。

広島打線も6回より先は点が入らない。

丸のセーフティ

この前も試みていたけど、それ要らない。

野間であっても、セーフティは不要。

セーフティバントは、成功してもMaxでシングルヒット。

投手目線で言わせてもらえば、プゲラだよ。

あなたは、振り抜いた方が1,000倍怖いよ。

12回は、九里が登板。

一塁側に重心移動して投げられていたのが、2球。

それ以外の大半の球は大人しい。

巨人打線を8回を0に抑えた投手が1イニング0で抑えただけで騒ぐところではない。

あなたの投げる場所はそこじゃない。

ローテに復帰しようぜ。

延長12回に鈴木誠也が佐藤達也から本塁打して決着。

昨年は、佐藤達也から真ん中高めのゾーンよりボール2個分高いところを振ってスピードを評価して

そのまま三振したが、

今年は、真ん中高めのボール球を振って速度を評価した後、

その次の若干外寄りだが、同じような軌道の真っすぐ153キロを

肋骨付近の筋肉をスライドさせて左中間に運んだ。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

今夜は、そっとしておいてあげましょう。

>コメント有難うございます。

emachan7622様

ロメロは、両肘をルーズにバットを担ぎ、両脇を開けています。

マレーロや中島宏之は、左肩が内に入りますが、ロメロは左肩が内に入らず、トップを作るのとステップから着地までが速いです。

両脇を開けることでルーズにスイングできています。

中島宏之のは左足で弧を描きますが、ロメロはそれがなく、ステップから着地までが速いので、キレのない球であったとはいえ、目線から近い球を差されずに打つことができました。

手ごわい打者だと思います。

鈴木誠也の昨日の守りは、上体を立てることで後逸を防ぎ、グラブの出し方もあれでいいです。

照明をよけきれずに落球できなかったのは、いつもプレーしている本拠地なだけに言い訳できないかなと思います。

しかし、それをバットで取り返しました。


今夜は、そっとしておいてあげましょう。

next42様
コメント失礼します。
ロメロは今日本にいる外国人打者では抜きんでたものを持っていますね。彼がパ・リーグの打者で良かったなと思いました。
なので、鈴木誠也の拙守もありジャクソンには気の毒なマウンドになったな、という印象でした。
仰っておられるように疲労があるのでしょう。

先般DeNA戦のおり、鈴木誠也が後逸して負けてしまった試合の後、解説の長内さんが「野手のミスはバットでしか返せんのです」と言われていましたが、昨日はその通りバットで返してくれました。
本人も反省材料を感じながらの昨日の試合だったと思われるので、まだまだ続いていく試合での彼のバッティングが楽しみです。

九里はロメロに回すと嫌な流れになりそうな所を、3人で片づけて終えたのが何より良かったと思います。やはり先発の彼を見たいですね。

今日は岡田。
ロメロにどんな投球をしてくれるかが楽しみです。

こんな記事も読みたい

クリーンアップの差【トラコ好きの虎男】

4番にドッシリと座る事に意味がある【妻を虎党にさせる-おっさんのブログ】

【神を信じたい】【カープ仁義 ~富永一朗に花束を~】

オリックス戦にはこの男がいる! 広島 7x-6 オリックス【二つの歓喜をもう一度!】

【点灯の宴】『九里亜蓮、咆哮』【©カープ狂の宴】

最高で~す!!!!! 2017【きたへふ おおの かわくち つた゛】

○ カープ 7-6 オリックス@マツダ【2017/06/14】【スライリィーと愉快な仲間たち ~広島カープ優勝までの軌跡~】

本当に今年も打ってしまいました【カープ一筋40年の独り言】

ブロガープロフィール

profile-iconnext42

ファン歴40年

元十流選手が投球技術、打撃技術を語ります。

  • 昨日のページビュー:18215
  • 累計のページビュー:4602106

(10月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 鈴木誠也は、何故、坂本勇人に勝てなかったのか。
  2. 田中広輔は、何故、高打率を維持できないのか。
  3. カープの人事問題ー石井、河田両コーチの件、清宮問題
  4. 来季の先発オーダーはこれだ
  5. 今季は、是が非でも4番は一人の選手に固定することです。
  6. 2017年ドラフト候補分析中間報告(投手編)
  7. 梵の自由契約と永川の去就
  8. 一岡竜司の来季の起用法
  9. クルーズの巨人入団が内定したこと
  10. 挑戦者から見た今年の巨人

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss