青木寝具店のブログ。

広島3-3。加藤が試合を作り、終盤の攻撃で追いつく。

このエントリーをはてなブックマークに追加

オープン戦、今日からは、オリックスとの対戦。

先発は、加藤と山岡の新人同士の投げ合い。

加藤は、グラブを上げ、胸の辺りに構えます。

腕の先を大きく上げ始動します。

テイクバックのときの右肩の下がるところは大分修正されてきました。

腰を後ろに引いて本塁方向に腰から先に、続いて左足を真っすぐ、ステップ幅を広く踏み出す。

それにより、左膝がつま先よりも前に出ない。

それにより球に力が伝わる。

加藤は、左足を着地したときに右股関節を二塁方向に引き込んで「く」の字を作っている。

足の長く背の高い選手は、膝が体重と股関節にかけた負荷を支えられません。

加藤は、上背もなく、足も手足も長くありません。

加藤は、反動をつけて大きくステップすることと両股関節を外側に一旦捻って「く」の字を作ることにより左膝が開かない。

すなわち弧を描かない。

前傾姿勢を作れ、アームを長くすることができ、球に力を伝えることができます。

昨年の中﨑は、足は長いですが、股関節を「く」の字にできていました。

しかし、昨日は、左足で弧こそ描いていませんが、股関節を「く」の字にできていませんでした。

加藤は、グラブを肋骨に沿わせて引き、胸で畳みます。

加藤は三角筋をねじって(いわゆる右肩の後ろ回転)右胸と左胸の張り、壁を作っている。

ここまでの投球動作はサファテ(発音はサフォーテ)に共通する。

着地するまでの過程で背筋が伸びていると背筋を消耗します。

球数を投げられません。

加藤もサファテも背筋に負担のかからない投げ方。

サファテに先発ができるかとおっしゃる方がいましたが、

サファテも加藤も先発できます。

肘を押し出すように投げる。

加藤は、真下に腕をねじることにより肘を高く上げています。

右肘~右肩~左肩のライン(0ポジションと言います)がきれいに出来ています。

肘を押し出すところ、アームを長くしているところ、腕をしならせているところは、若い頃の黒田を思い出します。

一岡同様、加藤もヘソを重心にした円周が大きいので、打者には手元で伸びているように感じられます。

股関節を使えているので投げ終わった後も、左足の膝がきちんと伸びています。

T-岡田をは始め、オリックスの打者はステップする方の足の膝が伸びて真っすぐ系に刺されていました。

しかし、三角筋のねじりが不十分のときは、右肘が伸びて高めに外れます。

一塁側に傾くのが早くなり、制球ができない。

三角筋のねじるのが強すぎると、加藤の場合、右肘が右肩よりも下がります。

トップの位置を高くし、左足が着地するまでに膝が割れないので横振りになるのは避けられています。

上体が前に倒れすぎて低めに外れる。

これが2球あった。

肘が上がってリリースのとき、手首が立っているときは、チェンジアップのようなフォークも抜けて懸河のように落ち、縦のスライダーもよく落ち、スプリットも叩きつけられていました。

左打者のバックドアとなる小さく曲がり落ちるスライダー、小谷野に投げた右打者のフロントドアとなるスプリットもあります。

リリースのときに手首が立っていないときには、ボールを引っかけて、低めに暴投したり(石原は捕球していますが)、外に大きく外れます。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

闘う意思【百万の綺羅星】

3/20鎌ヶ谷開幕戦&20周年を見て(育成の重要性)【BMWハム】

* 緒方監督の「ある、ある」ってのは、実際「ない」だろ?(笑)【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

“捨て”の「4番・丸」構想【きたへふ おおの かわくち つた゛】

広島9-3日本ハム。主力3人を欠きながらも、甘い球を見逃さず大勝。【青木寝具店のブログ。】

2017開幕1軍予想【きたへふ おおの かわくち つた゛】

快勝!!と言いたいが・・・【カープファンの日常日記】

さあ準決勝!(WBC雑感)【まるごとCARP! ・:,。★~いつのまにかPart2~★,。・:・゚】

ブロガープロフィール

profile-iconnext42

カープファン歴35年の東京人。 

ここでは、専ら、技術論、方法論、作戦面について書いていきます。
  • 昨日のページビュー:17220
  • 累計のページビュー:2801205

(05月01日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 鈴木誠也は、何故、坂本勇人に勝てなかったのか。
  2. 田中広輔は、何故、高打率を維持できないのか。
  3. 来季の先発オーダーはこれだ
  4. 今季は、是が非でも4番は一人の選手に固定することです。
  5. クルーズの巨人入団が内定したこと
  6. 一岡竜司の来季の起用法
  7. 挑戦者から見た今年の巨人
  8. 来季の4番は誰だ。
  9. 福井優也は、何故、今一つ殻を破れないままでいるのか。
  10. 対阪神3回戦,今のところ、混戦の4球団脱落するのはどこか。

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月01日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss