青木寝具店のブログ。

菊池涼介は、連続して高打率を記録することができるか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨シーズンは、2年ぶりに打率3割、最多安打のタイトルを獲得し、守備だけでなく打撃でも優勝に貢献。

私もMVP候補として推していました。MVPこそ獲れませんでしたが、4年連続ゴールデングラブ賞を受賞。

8月7日に澤村から同点本塁打を打つなど随所にチームを救うプレーが見られました。

誰も追いつけない打球に追いつくだけでなく、一塁転送のスピードも12球団一速い守備については何度も取り上げてきました。

攻走守において、菊池がいかに凄いかは、度々、これまでも書いてきましたが、個別に一本記事を建てて書くのは今回が初めて。

あらゆるライターが取り上げる守備よりも今回は打撃を中心に書いてみたいと思います。

菊池は、オープンスタンスで右打席に立ちます。

バットを担いで、ヘッドを揺らしながらボールを待つ。

右足をもの凄く柔らかくしてボールを待ち、両足を交互に踏んで高低の速度、軌道、

両膝を前後に揺らして速度、軌道を評価している。

足を上げてクロスステップする。

打つポイントに来たら、トップが高い位置に定まり、右足がカチっと止まる。

左足で着地の位置を探る。

緩い球を大勢を崩されながらも前で拾って打つことができる。

右肩が下がるが右の腰を中に入れて壁を作って打つのでインコースも引っ張れる。

ヘッドは下げても手首が下がらない。

ボールの下にバットをくぐらせて左方向に本塁打を打ったり、

ストロークを短くしてボールの内側を叩いて右方向にも打てる。

打ち終わった後、左膝が伸びるので左方向の打球も飛ぶ。

それでは、打撃動作を踏まえながら、2016年の菊池の打撃成績を見てみることとする。

141試合 574打数 181安打 .315 13本 56打点 二塁打22 三塁打3 四球40 死球0 犠打23 犠飛3

盗塁13 盗塁死5(成功率72.2%) 併殺打3 三振106 4失策

出塁率が.358 長打率.432 OPS .790

打順は、2番が140試合、7番が1試合

本塁打以外のフィールドに飛んだ打球が安打になった割合が.367。よく振り切れている。

対右投手が、323-97 .300 8本 20四球 62三振

対左投手が、251-84 .335 5本 20四球 44三振

カウント別の安打は、下記のとおりである。

初球        44-18 .409 2本 

1ボール0ストライク 23-6 .261 1本

2ボール0ストライク 11-3 .273

3ボール0ストライク 0-0

0ボール1ストライク 60-16 .267

1ボール1ストライク  69-30 .435 5本

2ボール1ストライク  34-14 .412 2本

3ボール1ストライク  13-5 .385  1本

0ボール2ストライク  51-10 .196

1ボール2ストライク  113-37 .327 1本

2ボール2ストライク  115-28 .243 0本

3ボール2ストライク  41-14 .341 1本

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

菊池涼介は、連続して高打率を記録することができるか。

>コメント有難うございます。

fight様

打球方向は、本文に挙げたとおり、鈴木誠也ほど極端に引っ張りませんが、特段右方向に打つことを試みてしませんが、右方向の打率が高く、結果としては広角に安打を打っています。

本文にも挙げましたが、ランナー1塁など、ケースに応じて右に打ったりはしています。

菊池の2016年の内野安打は、25本。

手足が短いので俊敏に回転でき、右打者でありながら、振り切っているので、一塁到達のスピードは最速で3.7秒台。

速いだけでなく、スタートを遅らせたり、横歩きしたりして一塁走者の進塁を助けたりもします。

菊池は、柔らかく左足を着地させます。野手の動きを見て、膝の開きを変え、ステップの幅(右に打つときの方が広い。)によって、打球方向をコントロールをしています。

ここまでは、プロの選手なら大抵やっていますが、インパクトの際に中指をスライドさせたり、振り切る際にグリップを落として、スライスさせたり、打球を殺したりしています。最後の最後まで細工をして打球のコース、スピードをコントロールしています。

このようなことは、東出が現役時代やっていたことで、東出が助言し、菊池が実践しているのだと思います。

菊池涼介は、連続して高打率を記録することができるか。

>コメント有難うございます。

宮本明様

2,3番の役割は、ランナーをためることではなく、ランナーを還すこと、少なくとも、進塁打を打つことだと考えます。

菊池も丸もどんどん振っていくことが大切だと思います。

確かに、四球を増やすことにより、打率は、今より上がりますが、安打数は増えません。

菊池は三振率は高いですが、空振り率は5.45%と低いので、現在のように振っていけば、進塁打、打点とも数字を伸ばせると思います。

野手のいないところに落とすのも、菊池がフィジカルとバットを使って打球をコントロールすることによって産み出したもので、運、不運によるものではないと考えます。

体の近くからグリップを出し、後ろの手を手動で打ち、振り切れていないと、ベルトの高さ~コース別打率の47-15のゾーンは、強いライナーの打球になります。

そこから打球の軌道、スピードを評価して正面になるように相手野手は守備位置を変えます。

膝をルーズに使って打つポイントを前にしたり、後ろにしたり、ヘッドを下げてバットのストロークを長くしたり、短くしたりして、野手のいないところに落とします。

膝をルーズに使えていないと、膝が伸びて打球が詰まったり、膝がつま先より前に出て緩いフライになります。

バットコントロールの精度を高めることでBABIPも向上してくると思います。

左つま先で着地の位置をさぐる~着地、その際トップを作る、右足を静止するという動作が安定してくることによって、空振り三振、見逃し三振を減らし打率もアップすることができます。

但し、空振り三振は盗塁をアシストしたり、熟練していない相手バッテリーが三振暴投、三振捕逸をしてくれることもありますが、見逃し三振はそうではありません。

見逃し三振を減らすことにより、低いBB/kを改善する方向で行けば、全く進塁させられずにアウトだけくれてやるということがなくなり、得点打、少なくとも、進塁打による貢献を増すことができると思います。

菊池涼介は、連続して高打率を記録することができるか。

>>fight様

その収束した結果が現在のBABIPなのでは?もう2800打席ですよ。.326は十二分に高い数値です。
高BABIPに収束するであろうとする根拠①一塁到達タイム②打球方向のパーセンテージ③打球速度
これらを示す客観的なデータはおもちですか?
イメージ的にも①②についてはまあそうなんだろうなと思えるのですが、
③に関してもしデータがあるのなら是非知りたいです。他の選手のデータもあれば教えてほしいです。
BABIPを上げるのに最も大事なことは打球速度とラインドライブ率だと思っています。
野手の動きの逆を狙った打球、というのはややオカルトチックかなと。

菊池はもちろん優れた選手ですし、打者だしてもやや優れていますが、もうすこし我慢強くならないと、
2015と2016の成績を行ったり来たりしながらキャリアを終えていってしまうのではないかな、と思います。
イチローやマット・ケンプみたいに低いBB/Kを補うツールを持っているわけではないですから。

「菊池涼介は、連続して高打率を記録することができるか。」へのコメント

BABIPについてですが、
菊池の収束値は高いか低いか?

私は高めの値になると思います。私の独断的な素人考えですが、

①足の速さ

②打球方向が広い。

③球足が速い

菊池はこれらの要因があり高目で収束すると思います。

そして、真意は本人しかわからないですが、野手の動きの逆を狙ったような打球。
たまたまなのか意識して狙ったのか?
菊池は狙った打球があるように思います。

こんな記事も読みたい

大嶺翔【モヤモヤ、まり~んず。】

ジャイアンツ、4日・日本ハム戦からオープン戦の長期遠征が始まる【頑張れ!ジャイアンツ 2017】

2017 タイガース 沖縄キャンプ総括【curaduría Los deportes】

WBC 緊張感の準備【蛙の背中のお姫様】

2017カープ開幕ローテ予想【きたへふ おおの かわくち つた゛】

鈴木誠也日本代表背番号51【カープ大好き15年】

カープの今季を展望する③【カープファンの日常日記】

弥生3月・・・『野球』の季節!いや『カープ』の季節かの~(広島弁ver.)【広島カープがんぼう主義!】

ブロガープロフィール

profile-iconnext42

ファン歴40年

元十流選手が投球技術、打撃技術を語ります。

  • 昨日のページビュー:5233
  • 累計のページビュー:3833905

(08月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 鈴木誠也は、何故、坂本勇人に勝てなかったのか。
  2. 田中広輔は、何故、高打率を維持できないのか。
  3. 来季の先発オーダーはこれだ
  4. 今季は、是が非でも4番は一人の選手に固定することです。
  5. クルーズの巨人入団が内定したこと
  6. 一岡竜司の来季の起用法
  7. 挑戦者から見た今年の巨人
  8. 福井優也は、何故、今一つ殻を破れないままでいるのか。
  9. 来季の4番は誰だ。
  10. 対阪神3回戦,今のところ、混戦の4球団脱落するのはどこか。

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss