青木寝具店のブログ。

丸佳浩は今季も引き続き結果を残すことができるか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

一昨年の不振から脱出し、打率3割には届かなかったものの、本塁打、打点は自己最高を記録し、優勝に貢献し、ベストナイン、ゴールデングラブ賞を受賞した。

今季も最も重要な打順の一つである3番を打つことが予想されるだけに、連覇をする上で鍵を握る選手の一人である。

2015年の丸は、オープンスタンスで立ち、グリップを真下にストンと落とした後、前足に体重移動する際に、グリップの位置をゾーン高めいっぱいのところまでしか戻さずない。インパクトの際、膝が伸び切り、多くの解説者が指摘したかかと体重になっていた。上体だけは開いてしまっており、打球に力が伝わらずに詰まらされた。

.310を打った2014年は、グリップの位置を高くしてバットを立ててオープンスタンスで構え、投手が腕を後ろ回転した辺りでスクエアスタンスにして2016年ほど大きくはないが、ヒッチして上げる打法をしていた。

2014年は、インハイが25-11 4本 7三振 .440(ボール球を含めると26-11 .423)。但し、14-3 1本 3三振 .214とインローは強くなかった。

2015年は、23-5 .217に大きく下落した。インハイのボール球を含めると37-6 0本 13三振 .162。左投手が投げたインハイは、12-2 .167ボール球を含めると19-2 10三振である。

2015年は、膝と手首を使って速度を評価できていないから、膝が伸び、「ヒッチして上げる」の「上げる」が足りていない。懐が狭い打撃になっていた。

2016年の丸は、同じくオープンスタンスであるが、バットを寝かせて揺らしながら、また、膝を使い、かかとを浮かせつま先に体重を置き、そして地面と水平に戻すという動作を繰り返し、速さと軌道を評価している。また、打席によっては、前後に膝を揺らして速度や軌道を評価している。

ストンとグリップを落とした後、つま先で着地する位置を探り着地するまでにグリップをゾーン高めいっぱいからボール2個分高いところまで戻している。膝も曲がって、ポイントを前に置いている。

膝がつま先より前に出てしまってないから、真ん中低めのコースを拾って安打にできる。

バットを回り道してボールの下に入れるのではなく、回り道することなくボールのサイドに入れてミートしているので、ストロークが短い。

前の手主導でも打つこともできる。

後ろの手手動で手首の下がりを抑えてヘッドを下げずに打つこともできる。

膝は開くが上体は開かずにミートしている。

手首と膝を使って速度を評価できるようになったので、トップが高く戻せ、つま先でステップの着地する位置を探れるようになり、膝が曲がって開く。上体は開かずに残り、割れができている。懐が深くなった。

インハイの打率も、17-5 1本 4三振 .294。ボール球を含めると26-8 1本 7三振 .308。

インローもゾーン内だけなら30-8 1本 7三振.267。ボール球を含めると41-8 13三振 .195なので課題は残す。

昨年の丸の打撃成績は、下記のとおりである。

143試合 557打数 162安打 .291 20本塁打 90打点 30二塁打 8三塁打 107三振 85四球 7四球 犠打1 犠飛3 9併殺 2失策

出塁率.389 長打率.481 OPS .870(2015年は.681)

全試合3番センターで出場した。

マルチ安打 43、3安打以上 11

5ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

Diamonds【カープ中心、日本酒ちびちび観戦記】

【阪神】☆今年は期待できますよ【amore-Tigers】

2017年2月22日 右腹斜筋筋挫傷の野間くんへ【カープのことが好きだから】

はばたけカープ\(^0^)/【まるごとCARP! ・:,。★~いつのまにかPart2~★,。・:・゚】

2017年2月25日オープン戦 対中日 塹江緊急登板も野手交錯の不運【カープのことが好きだから】

オープン戦雑感。 2/25 VS 中日  広島 1-4 中日【二つの歓喜をもう一度!】

カープのチケット買えないよ。【二つの歓喜をもう一度!】

* ん?早くも「加藤劇場」ってか(笑)【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

ブロガープロフィール

profile-iconnext42

ファン歴40年

元十流選手が投球技術、打撃技術を語ります。

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:4633569

(10月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 鈴木誠也は、何故、坂本勇人に勝てなかったのか。
  2. 田中広輔は、何故、高打率を維持できないのか。
  3. カープの人事問題ー石井、河田両コーチの件、清宮問題
  4. 来季の先発オーダーはこれだ
  5. 2017年ドラフト候補分析中間報告(投手編)
  6. 今季は、是が非でも4番は一人の選手に固定することです。
  7. 梵の自由契約と永川の去就
  8. 一岡竜司の来季の起用法
  9. クルーズの巨人入団が内定したこと
  10. 挑戦者から見た今年の巨人

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss