青木寝具店のブログ。

一岡竜司の来季の起用法

このエントリーをはてなブックマークに追加

一岡は、移籍一年目の2014年防御率0点台(0.58)で序盤のチーム首位の原動力となって貢献したが、右肩の故障で離脱(終盤に復帰)、今季も右腕の故障で出遅れ、6月17日に復帰後も7月25日に登録抹消、8月9日に再登録された後は、防御率を良化させ、優勝に貢献。

一岡の来季の起用法は、どのようにしたらよいであろうか。

先ずは、一岡の投球動作から見て見ることとする。

一岡は、セットのとき、軸足を直立で構える。

骨盤よりも高く左足を上げ、そこから一度下げる。

軸足の膝をぐっと曲げる。軸足が伸びばしたときに軸足に力が伝わり、軸足を蹴った後、ボールにも力が伝わるが、肩を故障しやすい。

左足のつま先を使って三塁線及び軸足より後方に蹴った後、左膝をL字型にし、膝頭の脇を天井に向けて、地を這うように本塁方向に真っ直ぐ伸ばす。

右足の膝に泥が付きそうなくらい「入り」ラインができている。

骨盤よりも高く左足を上げて下すという無駄な動きも、膝の割れを全く無くし、ボールに力を伝えることの援けにしてしまっている。

テイクバックが大きく、テイクバックの際に、一岡の場合は、右肩の方がやや上がる。左肩甲骨周辺の筋肉を使って左腕の先が本塁又は三塁寄りの方向に向く。

プレートに直角に交わる線を引いたと仮定すると、その線と両肩が平行になる、すなわち、軸足から頭までのラインが出来上がる。

左腕で強く掻き、グラブをラインに沿わせながら、強く引く。軸回転の始動の後なのでボールの力が逃げず、横振りにならず、肘が伸びて高目に外れたりしない。

肩を後回転させ、肘から先の部分を遅らせて出すことでしなりを作っている。しかし、この後ろ回転が尋常でないことにより肩に負荷をかけるので、肩を故障しやすい。

このしなりが出来ずボールを押し込んでいるだけのときの一岡の真っ直ぐは、すっぽ抜けないフォークのような棒球になる。肩を痛め、リリースポイントを一定させたことにより、しなりが作れず、2015年がこのような球であった。又、セットのときの構えを「く」の字に修正したが、この頃は、若干、左足が弧を描いていて、力が逃げていた。「く」の字がルーズな頃の方がキレがあった。投げた後も左足がきちんと突っ立っていなかった。一岡は、この構えでは、体を稼動させてボールに力を伝えることはできなかった。

内転筋を伸ばし、肩甲骨を内側に回転させ、右肩を本塁方向に向け、右肘~右肩~左肩のラインが一直線になるが、左肩が大きく下がっている。打者に、低目の真っ直ぐの伸びが尋常でないと錯覚させられるが、内転筋の使い方も尋常でないから、肩が吹っ飛ぶような投げ方になり、故障のしやすい動作でもある。

リリースのときも、上体は立っている。

投げ終わった後も、左膝が伸び、左足が突っ立っている。

スピンをかけた後の右腕の先も真下に向いている。

尋常でない真っ直ぐの切れを生み出す要素が余すことなく採り入れられた投球動作である反面、全身をフルに使い、負荷のかかり方も尋常でない投球動作である。

2016年二度目に一軍登録されて以降は、2014年の前述の投球動作で投げている。球速も147~148位までに戻っている。

8月、9月は、14回1/3で1自責 16奪三振 防御率0.63

次に、今季の成績を見てみることとする。

今季は、

27試合 24回2/3 16安打 21奪三振 10四死球(死球0) 被本塁打0 犠飛0 1勝1敗 5ホールド(HP 6)1SP  防御率 1.82

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

スカウト・デイズ 本城 雅人・著 (PHP文芸文庫) 【今日も神宮】

* ジャイアンツのフロント陣よ、このオフの補強をもって、高橋クンへの“懺悔”や“詰め腹”はナシね(笑)【ブラッサム・ウェイダーの戯言。】

歴代3年目以上新人王の面子【僕の中の大投手 諭】

カープファンが選ぶ!「2016年カープMVP、M渋Pは誰?」~久々のアンケートレース。【関東鯉人、ブログ始めました。】

「流行語大賞」及び「報ステ」における”野球ごり押し”について【でぷスポ13号館】

2017シーズンに向けて不安要素を考える【投手編】【ネガティブ鯉党】

流行語大賞【~常昇魂から真赤激~広島伝説】

流行語大賞受賞!【カープ一筋40年の独り言】

ブロガープロフィール

profile-iconnext42

ファン歴40年

元十流選手が投球技術、打撃技術を語ります。

  • 昨日のページビュー:20768
  • 累計のページビュー:3808685

(08月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 鈴木誠也は、何故、坂本勇人に勝てなかったのか。
  2. 田中広輔は、何故、高打率を維持できないのか。
  3. 来季の先発オーダーはこれだ
  4. 今季は、是が非でも4番は一人の選手に固定することです。
  5. クルーズの巨人入団が内定したこと
  6. 一岡竜司の来季の起用法
  7. 挑戦者から見た今年の巨人
  8. 来季の4番は誰だ。
  9. 福井優也は、何故、今一つ殻を破れないままでいるのか。
  10. 対阪神3回戦,今のところ、混戦の4球団脱落するのはどこか。

月別アーカイブ

2017
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss