猫と観るスポーツ

岡崎も落選?(サッカー日本代表)

このエントリーをはてなブックマークに追加

岡崎も落選?(サッカー日本代表)

劣化した司令塔は不要かもしれないが、ケガを恐れぬプレーが信条の選手は、使うべきだと、私は思うが。 ゴール前の混戦でも低いヘッドを決める。 ああいう、怪我を恐れぬプレーが期待できるのは岡崎だけではないか? 長友のサイドへの切り込み 岡崎の決死のヘッド 長谷部のキャプテンシー この3つはいまだ代わりはいないのではないだろうか。 ここ数試合、確かに岡崎は目立たず、決定力に不安があったかもしれない。 けれど、井野口、原口、浅野らの、「走って、走って、まだまだ走って!」という部分は、まさに中山ゴン、岡崎という、這い上がってきたヒーローのプレースタイルだと、私は思う。 南アフリカW杯のコートジボワール戦、コロンビア戦でみせつけられた技術と集中力の差。 4年後の日本サッカーは、とこまで追いついているのか? あの予選3連敗が、「何かへの序章」だと信じたい私の中では、 岡崎は絶対に必要だと思えてならない、のですよ。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

加茂&岡田ジャパンのW杯アジア最終予選から20年・Part3【スポーツ えっせい】

地方から見る日本サッカーの現在位置【かぼすシュートの蹴球アラカルト】

ハリルのサッカーは日本の未来になりえるか【鹿野苑】

ブロガープロフィール

profile-iconnekotooru

  • 昨日のページビュー:439
  • 累計のページビュー:295384

(10月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 本田真凜について、誰も言わないこと
  2. 「文武両道は有り得ない」下関国際の監督は「半人前」(6日目を前に)
  3. 甲子園、49代表「初戦」終了。大胆に優勝を予想する。
  4. 甲子園。ホームラン異常量産のわけ。
  5. NHKは高校野球中継で「滑る」
  6. 東海大菅生の松本投手と「清宮狂想曲」
  7. 仙台育英15-3、二松学舎大附14-2。大差の試合で考えた。
  8. 「事実」に基づく甲子園の予想(4日目)
  9. だから、素人は笑える!「ベンチにまだまだいたよね?(日本サッカーは国際級だ?)」
  10. レフェリーはこらえた、山中のタオル。

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss