猫と観るスポーツ

甲子園の「プロ部活」は悪か?

このエントリーをはてなブックマークに追加

甲子園の「プロ部活」は悪か?

さあ、甲子園開幕。 例年、甲子園の開幕と終了時に、「高校野球のここが問題」と言った記事がいくつか掲載される。今年は、いよいよ公立高校が甲子園に出場するのは困難になってきた、と言うのが 話題のようだ。今回、公立高校の出場は8校で、過去最低だとか。 この問題について考える。 ①何かを変革するとしても、「国」として、野球が世界の上位に位置する実力を維持しなければ無意味だ。世界中の国が、スポーツの強化に挙国体制で臨むのは、スポーツには「勝ち負け」があること、勝てば国の隆盛につながること(特に経済効果が大きい)、国民の豊かな体験や余暇の充実にもつながるからだろう。だから、その強化には税金が投入されるわけだ。 ②「高校野球」の場合、現状の「狂騒」状態を是正するための方法は意外と簡単で、まずはその報道を見直せばよい。「定岡投手フィーバー」が始まりだといわれているが、NHKによる「全試合完全生中継」を中止すればよい。私立高校が設備や人件費に億単位のお金を投入するのも、甲子園に出場すれば、その「経済効果」は莫大だから。監督の「教育」の宣伝、ユニフォームの校名は漢字にして宣伝効果アップ。NHKの「全試合完全生中継」という「狂行」がなくなれば、事態は沈静化するに違いない。 ③で、国際的な競争力をどう維持するか、だが、今こそ、すべての野球機構が一本の線になって、強化策を図るべきだと思う。ついこの間まで、「プロ野球経験者はアマ選手を指導してはいけない」という、信じられない「規則」があった。そのくらい、日本の野球界はバラバラだ。プロ野球から、少年野球までを「強化」の意味で一本化していけばよい。そうすれば、中学硬式や社会人で日陰にいる指導者たちも「日本の野球の強化」という大いなる野望に参加できるし、各段階での問題点も、オープンな議論になるだろうし。野球人気も間単には落ちないだろうし。 で、あるから、問題は「公立高校の低迷」ではないと思いますよ。 それを、センバツみたいに「21世紀枠」などという、不可思議な手段で救済しようなんて、バカな話です。「関東大会まで勝ち進んだ高校ではなく、県大会で負けた高校が出場できる甲子園」。これをまともな話だというならば、夏にも導入しない理由が不明。 考えることは、報道のあり方と世界レベルの野球の維持です。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
高校野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

第99回選手権・組み合わせと第1日の順延決まった【高校野球観戦日記】

甲子園大会でもサスペンデッドゲーム採用を!【サッカー天皇杯でもあった】【プロ野球浪漫派宣言】

2017年夏の広島県大会を振り返りつつ、代表の健闘を願う。【ライフ イズ リスペクト from ビッグアーチ】

ブロガープロフィール

profile-iconnekotooru

  • 昨日のページビュー:68
  • 累計のページビュー:314748

(11月05日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 本田真凜について、誰も言わないこと
  2. 「文武両道は有り得ない」下関国際の監督は「半人前」(6日目を前に)
  3. 甲子園、49代表「初戦」終了。大胆に優勝を予想する。
  4. 甲子園。ホームラン異常量産のわけ。
  5. NHKは高校野球中継で「滑る」
  6. 東海大菅生の松本投手と「清宮狂想曲」
  7. 仙台育英15-3、二松学舎大附14-2。大差の試合で考えた。
  8. 「事実」に基づく甲子園の予想(4日目)
  9. だから、素人は笑える!「ベンチにまだまだいたよね?(日本サッカーは国際級だ?)」
  10. レフェリーはこらえた、山中のタオル。

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月05日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss