猫と観るスポーツ

グラチャンバレー。アイドル がいなくて本当に良かったこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

グラチャンバレー。アイドルがいなくて本当に良かったこと

バレーボールの試合の前に、ジャニーズが歌を歌うという不思議な演出が長い間行われていたのは、グラチャンではなかったですか? そのへんはどうでもいいのですが、今回のグラチャンには、いない。 ジャニーズ目当てのバレーボールは素人の観客の騒ぎ方が目障りだった? それはもちろんあるが、よかったのはそれだけではない。 会場の雰囲気が、本当の意味で選手の背中を押している、そんな声援になっている。 スポーツの観客というのは、どうあるのがよいのか、考えてみる。 「どうてもいいさ、楽しければ」という声がが、聞こえてきそうだが、そうもいかないのではないかな?なにが「楽しいか」は人それぞれで違うから。 例えば、よく言われることに、日本人の野球の応援は、メリハリがないと。チャンスでもピンチでも、応援歌を順番通りみんなで歌う。「その1球」の緊張感と、エラーや凡走塁へのブーイングなどが同居していない。 そのヘンのメリハリとでもいうものが、今年のグラチャンからは感じ取れる。 いいことだと思う。メジャーとプロ野球の雰囲気の最も大きな違いもそこにある。個人的にのんびり観戦したい人は、それで良い。けれど、ラッキー7だけには、その場の伝統に従って、「わたしを野球場へつれてって」を歌う。 そういうのが、イカしてると思います。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【最新記事】U23世界2日本CUB、WGCC日程、WGCC順位賞 2017-09-11【排球博客】

グラチャン後の女子への期待。【観戦のすゝめ】

【最新記事】U23世界1日本BUL、WGCC5日本CHN、天皇杯中国、関東大学2 2017-09-10【排球博客】

ブロガープロフィール

profile-iconnekotooru

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:315378

(11月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 本田真凜について、誰も言わないこと
  2. 「文武両道は有り得ない」下関国際の監督は「半人前」(6日目を前に)
  3. 甲子園、49代表「初戦」終了。大胆に優勝を予想する。
  4. 甲子園。ホームラン異常量産のわけ。
  5. NHKは高校野球中継で「滑る」
  6. 東海大菅生の松本投手と「清宮狂想曲」
  7. 仙台育英15-3、二松学舎大附14-2。大差の試合で考えた。
  8. 「事実」に基づく甲子園の予想(4日目)
  9. だから、素人は笑える!「ベンチにまだまだいたよね?(日本サッカーは国際級だ?)」
  10. レフェリーはこらえた、山中のタオル。

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss