猫と観るスポーツ

本田真凜について、誰も言わないこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

本田真凜について、誰も言わないこと

今度は、ピカチューで滑った。 フィギアスケートの本田真凜、だ。 昨年だったか、航空会社がスポンサーについた際には、CAの衣装で滑ってしまった(なぜ、「滑ってしまった」と言わざるを得ないかは、普通の成年男子ならばわかるだろう)。 ところで、私の心を筆頭に、男心をつかんでしまって離さない本田だが、真剣な話が、次世代ののエースであることは間違いない。 なぜか? 生まれ持ったものとしか言えないような、その「表現力」は、努力して得られるものではない。だけど、もう、いいんじゃないか、と思う。 「表現力」は、優等生的な評価だ。 そう、本田真凜は、日本女子フィギアスケート界にやっと現れた、「セクシーな」メダル候補だということ。 申し訳ないが、銀盤の上で、外国人選手に劣らぬ「セクシーな」魅力を放つ女子選手は、初だと断言する。 言葉は悪いかもしれないが、「男好きのする顔」、「スリムな身体」、から放たれる魅力は、過去の日本人女子にはない魅力だ。 まさに、世界に通じる逸材だと思う。 まあ、誰がセクシーかは、人それぞれの好みだが、客観的な世の評価を得るならば誰も文句は言わないだろうと思う。 そして、CAとピカチューだ。 そう、格式張って、悔し泣きの選手ばかりだった日本女子フィギアスケート界への挑戦にも思えるのは、私だけだろうか。 が、歴史を振返ると、時代を変えるようなセクシーさを持つ女性は世の中から抹殺されがちだ。モンロー、ダイアナ、クレオパトラ…。 それからつけ加えると、浅田真央や村上佳奈子の、はじけるような笑顔を奪ったのはなんだったのかということかもしれない。 本田真凜のあの生き生きとしたセクシーさを、応援したい! きっと、時代を変える!



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フィギアスケート
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

本田真凜について、誰も言わないこと

コメント、ありがとうございます。
おっしゃる通りだと思います。
しかしながら、本田の場合、同期や下に、既に世界レベルの日本人女子ライバルが何人もいて、しのぎを削っています。
これは、本人にとっては、幸せなこと、そう思います。

本田真凜について、誰も言わないこと

今の所、見た目の妖艶さでピックアップされていますが、真の意味で笑顔になるには結果が必要だと思います
悲しい顔になるかはじけるような笑顔になるのかは結果次第
チヤホヤされている現状に甘えないで勝利を渇望するそういう心を持って欲しいです
それがより笑顔に繋がるから

こんな記事も読みたい

ネイマールに立ちはだかったメッシの壁…バルサは今が原点回帰の時!【野球とサッカーを語ろう。】

平和の祭典は先行き不安【Armar know Jack Bigwild】

稲葉篤紀、日本代表監督就任【スポーツ えっせい】

新国立競技場を球技専用にするのは当然【スポーツ えっせい】

T2ルールを卓球団体戦の公式ルールにしてほしい【Eleven Nine ~日本卓球応援ブログ~】

【PIW】PIW東京感想ハイライト【面白き 事もなき世を 面白く】

梅雨の猛暑【アルペンスキー撮影記】

Welcome to FREEBLADES!! パート2【「夢へ翔け上がれ!」東北フリーブレイズ】

ブロガープロフィール

profile-iconnekotooru

  • 昨日のページビュー:3651
  • 累計のページビュー:152230

(08月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 本田真凜について、誰も言わないこと
  2. 「文武両道は有り得ない」下関国際の監督は「半人前」(6日目を前に)
  3. 甲子園、49代表「初戦」終了。大胆に優勝を予想する。
  4. 甲子園。ホームラン異常量産のわけ。
  5. NHKは高校野球中継で「滑る」
  6. 東海大菅生の松本投手と「清宮狂想曲」
  7. 仙台育英15-3、二松学舎大附14-2。大差の試合で考えた。
  8. 「事実」に基づく甲子園の予想(4日目)
  9. レフェリーはこらえた、山中のタオル。
  10. 桑田真澄氏の提言への?

月別アーカイブ

2017
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年08月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss