猫と観るスポーツ

やはり、本田真凛の作戦なのか?SP曲目変更。

このエントリーをはてなブックマークに追加

やはり、本田真凛の作戦なのか?SP曲目変更。

確かに、話題が先行しすぎている。 まだ、シニアでは大したことはしていない、16歳だ。 「潰れないかな?」みんなの心配だ。 男子の宇野昌磨のときと比較してみる。 想像だが、宇野がシニアデビューして、羽生を脅かす存在になる過程は、まさに、あれよあれよという感じだった。 もちろん、本人には苦難の道だったにしても。 みんなが羽生を見ていた。 試合前の練習で他の選手と激突しても、流血をおして滑る。 世界最高記録で優勝する。 今だって、最大の関心は「羽生のオリンピック連覇」だし。その中で、じっくり自分を見つめて、着実に登りつめてきたのが宇野だと思う。 そして、本田真凛の場合。天才・浅田真央は、客観的に見ても、何かに「押しつぶされて」オリンピックで納得のいくような結果が出せなかった。 「次」を、みんなが渇望している。 そこへ、セクシー16歳・本田だ。みんなが見つめている。 けれど、オリンピックの枠は「2」だ。 宮原、三原、樋口…。女子は拮抗している。 そう、戦いはもう始まっているんじゃないのかな、と思う。 「実戦披露なしのSP」に注目が集まる、他陣営に動揺が走る。 力を出し切ればかなり有利な本田が、その曲で存分に舞ったら。 ものすごいアドバンテージだろう。 とは、下衆の勘繰りか? だといいが。 そういえば、浅田真央のオリンピック最後の滑りに感動した人が必ず言った言葉がある。 「メダル以上のものを見せてくれて感動した」 本田真凛は愛されているのに、どこか危なっかしい。最終的には、メダルはいいから、浅田真央を超えて欲しいと思うのです。オジサン達は。 話題性やメダルだけじゃないんだよ、ね。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
フィギアスケート
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

フィギュアスケート Road To 平昌 女子金メダリストロシアの二人が平昌断念【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

開幕に向けラストスパート!!【「夢へ翔け上がれ!」東北フリーブレイズ】

アジアンオープントロフィー2017@香港【だいたいフィギュアスケート、ときどきその他】

ブロガープロフィール

profile-iconnekotooru

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:314850

(11月08日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 本田真凜について、誰も言わないこと
  2. 「文武両道は有り得ない」下関国際の監督は「半人前」(6日目を前に)
  3. 甲子園、49代表「初戦」終了。大胆に優勝を予想する。
  4. 甲子園。ホームラン異常量産のわけ。
  5. NHKは高校野球中継で「滑る」
  6. 東海大菅生の松本投手と「清宮狂想曲」
  7. 仙台育英15-3、二松学舎大附14-2。大差の試合で考えた。
  8. 「事実」に基づく甲子園の予想(4日目)
  9. だから、素人は笑える!「ベンチにまだまだいたよね?(日本サッカーは国際級だ?)」
  10. レフェリーはこらえた、山中のタオル。

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月08日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss