猫と観るスポーツ

清宮のベスト進路は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

清宮のベスト進路は?

はじめに、私の清宮評価を書く。打撃はプロ即戦力だと思う。理由は、今夏の西東京大会の2本の左中間へのホームランを観て、だ。予選であることを考えても、左打者で左中間へ強烈な打球で放り込める選手は多くない。大袈裟でなく、東海大相模時代の原辰徳が甲子園で放った左中間へのホームランを髣髴とさせたと言ってもいいのではないか。内角はライト場外へ、外角は左中間スタンドへ運ばれては、止めようがない。 問題は守備だが、「一塁手以外の経験が少ない。あんこ型の体型」で、プロで大成した高校球児はそんなにいないのか?残念ながら、本当にいない。「当時話題になった」選手ならば、今井(松山商)や中村(岡山理大附の捕手)などがあがるが。中村剛也(西武)が大阪桐蔭の一塁手だったくらいだろうか。 しかしながら、清宮が進路をどう決めるかの意味は、「打てるか、守れるか」といった議論を超えたところにあると思うのだが、いかがだろうか? 我々は、なぜ、「清宮フィーバー」という「史上最高の過熱報道」を楽しんできたのか?練習試合までがテレビのニュースで報道されることなど、桑田、清原のPL学園、松阪の横浜 でさえ、あり得なかった。 そこには、「リトルリーグからの実績」、「ラグビー清宮監督の息子」、「早実進学」という、報道する理由と報道のしやすさが背景にあったと思う。そして、そんな環境の中、堂々と結果を残すのは、やはり、ただ者ではない。 ならば、スーパースター清宮に期待したいことは、「打てるか、守れるか」ということにこだわることではなく、「高卒、メジャー挑戦」しかない! 日本の高校野球のスーパースターが、メジャーでどこまで戦えるのか?見せるときが来たんじゃないか?こう思うのだ。 すでに清宮フィーバーは次の段階が来ており、ここまでの過熱報道を利用して経済効果を狙う大人たちの駆け引きに入っている。普通に考えれば、「早大進学」によって、大きな波及効果に期待することになるのだろう。 だが、それじゃあ、「普通」だし、大谷がメジャーへのカウントダウンをしながらプレーしているような日本のプロ野球のためにもならない。 決断に期待したい。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

公立勢、東北勢の躍進は!?!17年甲子園(夏)大会予想&希望 清宮不在の寂しさは吹き飛ぶだろう!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

夏の甲子園49代表校決まっての印象だけの勝手な予想(2017年)【スポーツ24/7 1日24時間・週7日間スポーツ!】

第99回選手権・出場校決まった【高校野球観戦日記】

ブロガープロフィール

profile-iconnekotooru

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:256622

(09月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 本田真凜について、誰も言わないこと
  2. 「文武両道は有り得ない」下関国際の監督は「半人前」(6日目を前に)
  3. 甲子園、49代表「初戦」終了。大胆に優勝を予想する。
  4. 甲子園。ホームラン異常量産のわけ。
  5. NHKは高校野球中継で「滑る」
  6. 東海大菅生の松本投手と「清宮狂想曲」
  7. 仙台育英15-3、二松学舎大附14-2。大差の試合で考えた。
  8. 「事実」に基づく甲子園の予想(4日目)
  9. だから、素人は笑える!「ベンチにまだまだいたよね?(日本サッカーは国際級だ?)」
  10. レフェリーはこらえた、山中のタオル。

月別アーカイブ

2017
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss