猫と観るスポーツ

甲子園。「強いチーム」とはどんなチームか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

甲子園。「強いチーム」とはどんなチームか?

昨日の明豊対神村学園。延長12回裏、明豊が3点差を逆転サヨナラ勝ち。 そして、本日の大阪桐蔭対仙台育英9回裏二死から逆転サヨナラ勝ち。 強いチームとは、どんなチームか、に明確な答えをだしてくれた2日間だったと思う。 「強いチームとは、最後まで試合を捨てないチーム」であると言える。 言い換えれば、最後の最後まで、自分たちの力が出せるチームと言えるかもしれない。 仙台育英は、9回裏二死から、一塁走者が2盗に成功。ここが大きなポイントだろうと思う。 「絶対にアウトに熟なれい」場面で、盗塁を成功させることが、どれだけ困難なことか。まさに土壇場で力を出し切ったことが、大阪桐蔭の動揺を誘ったと言える。 さらに言うと、やはり、野球というスポーツの特性を考えた場合、「どうしても出塁したければ、ゴロを打て」のセオリーが、怖いほど大阪桐蔭を苦しめたのではないか。 フライは捕ればいい。 ゴロは、捕って、いい送球をして、一塁手が捕球して、触塁をして、初めてアウトが成立する。 ゴロをアウトにする方が何倍も難かしい。 この試合でも、試合終了かと思ったが、一塁手がまさかの触塁でのとまどいでセーフ。 8番打者のサヨナラヒットでサヨナラ。という展開だ。 ホームランの異常量産が話題の今大会。 豪快な打撃戦に目がいくが、こういう僅差の身震いするような試合を用意してくれているという。 野球の神様はまだまだご健在だと言うしかない。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

全国高校野球選手権大会 明日からベスト8が激突【Kaipopo】

1点を争う拮抗した白熱の好ゲームは、大事に行き過ぎた守備力が勝負のアヤを生んだのか?【ぷかちょの、野球はツーアウトから。】

ちょっと昭和っぽい投球が王者を苦しめる 【今日も神宮】

ブロガープロフィール

profile-iconnekotooru

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:314748

(11月06日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 本田真凜について、誰も言わないこと
  2. 「文武両道は有り得ない」下関国際の監督は「半人前」(6日目を前に)
  3. 甲子園、49代表「初戦」終了。大胆に優勝を予想する。
  4. 甲子園。ホームラン異常量産のわけ。
  5. NHKは高校野球中継で「滑る」
  6. 東海大菅生の松本投手と「清宮狂想曲」
  7. 仙台育英15-3、二松学舎大附14-2。大差の試合で考えた。
  8. 「事実」に基づく甲子園の予想(4日目)
  9. だから、素人は笑える!「ベンチにまだまだいたよね?(日本サッカーは国際級だ?)」
  10. レフェリーはこらえた、山中のタオル。

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月06日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss