猫に小判

❝清水エスパルス❞のサッカー/"清水のサッカー"という幻想を追い求めた大榎克己と幻想に悩まされた田坂和昭

このエントリーをはてなブックマークに追加

話を始める前に、まずこの記事を読んでいるエスパルスサポの方に質問します。

「清水のサッカー」って何ですか?

では、この記事を読むエスパルス以外のサポ、他サポの方に聞きます。

あなたの応援しているチームのサッカーって何ですか?

何が言いたいかというと、まず「清水、静岡」にとってのサッカーとは何か。「清水エスパルス」にとってのサッカーとは何か。またこの2つに違いはあるのか。

例えば「ガンバ大阪のサッカー」はあっても、「大阪、吹田のサッカー」はあるだろうか。マリノスのサッカーはあっても、横浜や神奈川のサッカーって言われて、あなたは答えられるだろうか。

「清水のサッカー」と聞かれて何を思い浮かべるか。テクニックに優れた選手が集まり、華麗でブラジルのようなサッカーと思い浮かべる人が多いと思う。第29回のフットボールサミット内では、「パスサッカーとサイド攻撃」と書かれている。サッカーにおいて清水という地域は、サッカーの価値観や環境、スタイルが存在する特別な場所なのだ。しかし、今回の降格はこの「”かつての”清水のサッカー」が幻影となり、悩ましてきた。


■追い求めた大榎克己 大榎克己が求めた「清水エスパルスのサッカー」 かつて高校サッカーの頂点に君臨した清水のテクニカルなスタイルは、大榎自身がプレーヤーとして体現し、成功を収めたものだ。しかし、そのスタイルは”かつての”スタイルであり、三羽烏が頂点に立ってから30年以上もたっている。これまでデータを用いて、現代サッカーの特徴は非常に革新的であると表された。つい2,3年前のスタイルでさえ時代遅れとされるのだから、30年も前のスタイルなどもはや論外である。

では、大榎の目指したスタイルは何か。そこをじっくり解き明かしていきたい。

大榎の掲げたサッカーが理想に近く映し出されたゲームは、1stステージ14節川崎戦(5-2)やナビスコカップの神戸戦(2-1)、敗れはしたもののナビスコカップ名古屋戦の前半(1-2)が挙げられる。いずれの試合も、崩しにおいてはパスとドリブルといった個人技が中心である。 この3試合のシステムは3-5-2であり、中盤は逆三角形の形だ。

この形において重要になるのは、中盤のトライアングル。前の2人は2トップと連動して崩しに全力を尽くす。そしてアンカーには前線の4人にボールを配給するパサーが控える。特に竹内が入ったときは、主にセンターサークル内でプレーし、3バックと前線を繋ぐリンクマンとして振る舞う。かつてのグアルディオラを彷彿させた。「ボールを保持している限り、守備をする必要はない」という考えの持ち主であった大榎なら、理に適う起用法である。

大榎にとっての理想のサッカーでは、前の4人と、中盤のトライアングルの2つのユニットが常に連動して成り立つスタイルである。ここの秩序が保たれていなければ、チームそのものが決壊する。

ナビスコの2試合では、前線のカルテットにはアイデアと機動力に優れる選手の起用だった。例えば、中盤にはドリブラーの金子や、水谷という機動力を併せ持つ選手を起用している。このポジションはトップ下ではない。あくまでセンターハーフだ。しかし大榎がこのポジションにそういったタイプの選手を置くというのは、攻撃において、特に崩しには選手の創造性をフルに生かしたいという意向が表れていた。

7ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
S-pulse : 15season
タグ:
エスパルス
田坂和昭
大榎克己
ヤコヴィッチ
ミッチェル・デューク

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2ndステージ17節 ヴァンフォーレ甲府戦 レビュー【hirotaiのブログ〜オレンジの落書帳】

2015年フロンターレ選手 勝手に順位(走力関係)【◇ ぼくとフロンターレ ◇】

CWC 雑感 〜 日本のピッチは今のままで良いか?【困ったfootball】

2015シーズンJ1総括の周辺をウロウロと…【4thDayMarketCenter】

2015年のエスパルスの特徴を見てみよう【猫に小判】

J2へ VSヴァンフォーレ甲府(A)【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

2015年のエスパルスで最も貢献した選手は誰か/選手の価値とオシムが求めたモノ【猫に小判】

清水エスパルス監督に小林伸二が就任【猫に小判】

ブロガープロフィール

profile-iconnekoni-koban

う、裏切者め!!今まで「シラ女」とか名乗ってたくせに、増田誓志とかいうイケメンが来たとたん乗り移るとかどういうことや!!ぼ、僕は生涯「角田誠男魂の会」は辞めないからな!どうも猫煮小判です。サバイバルが始まります。今季は絶対残留です。後半戦は上位陣との試合が多かったわけですが、今後は直接対決が待ち構えてます。痺れますね。ドキドキしますね。最高の週末を送りましょうや!!
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2088400

(09月16日現在)

関連サイト:個人技編はこちら 「豚に真珠」

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ポゼッションという名の天使と悪魔/大榎克己と名波浩の出した回答と風間革命の真意
  2. 繰り返す愚行 変わらぬ体質/大榎克己は監督にふさわしいのか?
  3. ❝清水エスパルス❞のサッカー/"清水のサッカー"という幻想を追い求めた大榎克己と幻想に悩まされた田坂和昭
  4. 田坂体制における守備の変化/大榎克己が罵られた理由と失敗したワケ
  5. 夢しか見れない愚か者が辿り着く先/清水エスパルスを殺害した2人の容疑者
  6. 清水エスパルスがサンフレッチェ広島にボコボコにされた理由
  7. 長谷川健太と小林伸二、異なる4-4-2の守備と変化するSBの使い方
  8. 補強だ補強!! 来シーズンのエスパルスを占おう!
  9. 2015年のエスパルスで最も貢献した選手は誰か/選手の価値とオシムが求めたモノ
  10. 新生エスパルスの出陣/J2で戦い抜くための方法

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss