猫に小判

2017年のエスパルスを振り返り、2018年を展望しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

エスパルスの2017年シーズンが終わりました! そして2017年もあと残すところ僅かで終わりで、スポナビブログも終わりということで、ここからラストスパートをきっていこうではないかと思っているのですが、さて今回は、2018年はヤン・ヨンソン新監督のもと新たなスタートということなので、今シーズンを振り返るとともに来シーズンを展望していきたいと思います。

現在は移籍市場が活発化している時期なので、これから行く選手来る選手がはっきりすると思いますが、現時点で来シーズンのヨンソン体制でのエスパルス予想布陣を見てみます。

システムに関しては、現在のエスパルスのメンツ的にも4-4-2が有力。オプションで1トップ型のシステムもやるではないかと思いますが、あくまでオプションでしょう。 また、現時点で加入が決まっているのはCBのファンソッコ。兵働が復帰濃厚とのことで、新卒勢が計6人。あと数人は助っ人も含めてあると思いますが、その分退団選手もいます。 退団する選手で公表されているのは村松と櫛引。犬飼が鹿島と名古屋からオファーを受けているとのこと。レンタル組で言うと、長崎にいる宮本は復帰濃厚で瀬沼は山形に完全移籍。後は知りません。レンタル加入組は清水航平は完全移籍での加入が濃厚。移籍経緯でも、去年の広島からシーズン途中で移籍するということは、完全移籍のオプション付きなのでしょう。じゃなければ移籍しない。補強に関してはフロント主導で進めているような感じなので、新監督の戦術より昨年成績を踏まえての補強なのだろうと。ということで、第1号として補強ポイントであったCBを1枚とりました。今シーズンは二見が頑張ってくれましたが、終盤は高さと裏の対応で後手に回ることがあり、CB挑戦実質初年度ではありましたが、補強ポイントにせざるを得なかったと。犬飼が抜けたらどうなるのでしょう。

補強ポイントでは、CBとSB。SBに関しては右は航平残留で(広島は同タイプの馬渡の加入もあり、ほとんど決まりではないか)、左は松原が残留は条件ですが、二見がやるのかルーキーの伊藤研太をじっくり育てるのか。あとはボランチはどうでしょうか、夏に増田を取って目途は一応立ってますが、するのでしょうか。あとはFW。チアゴの退団が濃厚とされている中で新たに取るとは思いますが、テセの相棒候補で新たに取るなら、チアゴ系より高さとフィジカルを兼ね添えたポストプレーヤーがいいかと思います。理想はヨンセンタイプ。


補強話はここまで。ヨンソン体制ではどうなるのかの話をしましょう。 まず昨年までの小林体制でのエスパルスです。ヨンソン体制になっても変わらないと思いますが、攻撃は基本サイドから。サイドは幅を取り、ピッチを広く使う。その役割はSB。なので両SBが同時に高い位置にポジションを取り起点となる。後方はCBとボランチの4枚。なんで、ボランチが高い位置に上がりすぎると、

人数掛けてる割に崩せず、スカスカなスペースを利用されてカウンター1発スコーンとやられるシーンを1度や2度ではないですよね。結構観ました。 リスクマネジメントについて、小林体制ではポジションチェンジは控えめで、一見リスクを嫌っているかのように見えましたが、意外や意外、所々ハイリスクだった。いやリスクを背負わなければならない(じゃなければ崩せない)状況だったといえるでしょう。例を挙げるなら、最終節の同点FKに繋がったプレー。あの時両SB及びボランチの竹内に増田までもがペナルティーエリア付近にポジショニングしており、結果竹内がFK貰えたからよかったものの、普通に奪われていたら普通にヤバかったです。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
S-pulse:17season
タグ:

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

『グランパス』宮原の価値と宮地移籍について。【赤の血潮と、青の魂】

スポナビブログ終了及び移転のご挨拶【すべてはファジのため】

今年も「情熱サッカー」をお聴きいただき、ありがとうごさいました!【情熱サッカー@kanazawa】

さよならありがとう、スポナビブログ~明治安田生命第33節 清水エスパルスvsアルビレックス新潟 レビュー【hirotaiのブログ〜オレンジの落書帳】

犬飼の報道について思うこと【m_maruのエスパルス観戦日記】

ストーブリーグで暖まろう2017~霧の中の監督~【スポーツ大好き聖人−燃え上がれ東北魂−】

難易度Aの監督探し【m_maruのエスパルス観戦日記】

小林伸二監督 退任【猫に小判】

ブロガープロフィール

profile-iconnekoni-koban

3度目の正直か。2度あることは3度あるのか。どうも猫煮小判です。今シーズンラストダービーです。思いの外、上手くいっているジュビロと、まだまだアジャストできていないエスパルス。残留するためにも、来シーズンを見据えるためにも、絶対負けられない戦いがそこにはある!!!
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2168370

(01月17日現在)

関連サイト:個人技編はこちら 「豚に真珠」

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ポゼッションという名の天使と悪魔/大榎克己と名波浩の出した回答と風間革命の真意
  2. 繰り返す愚行 変わらぬ体質/大榎克己は監督にふさわしいのか?
  3. ❝清水エスパルス❞のサッカー/"清水のサッカー"という幻想を追い求めた大榎克己と幻想に悩まされた田坂和昭
  4. 田坂体制における守備の変化/大榎克己が罵られた理由と失敗したワケ
  5. 夢しか見れない愚か者が辿り着く先/清水エスパルスを殺害した2人の容疑者
  6. 清水エスパルスがサンフレッチェ広島にボコボコにされた理由
  7. 長谷川健太と小林伸二、異なる4-4-2の守備と変化するSBの使い方
  8. 補強だ補強!! 来シーズンのエスパルスを占おう!
  9. 2015年のエスパルスで最も貢献した選手は誰か/選手の価値とオシムが求めたモノ
  10. 新生エスパルスの出陣/J2で戦い抜くための方法

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss