猫に小判

2017年版清水エスパルス Q&A

このエントリーをはてなブックマークに追加

Q.1 ここまでのチームは順調? A. 落とした勝ち点はあるものの、奮闘していると言っていい。

ここまで10試合やって3勝3分け4敗。鹿島戦や大宮戦みたいに「勝ち点落としちった!」というゲームはあるものの、昇格チームにしてはまずまずのスタートを切ったと言えるでしょう。我々は昇格チーム。今シーズン当たるすべてのチームが格上です。それを忘れてはいけない。なので序盤で降格圏内から少しでも離れている今の順位はそこそこやれていると思います。


Q.2 小林監督でJ1は戦える? A. もちろん。むしろほかに適任者はいない。

確かに、「交代カード切るの遅いなぁ」と感じるときはあるものの、流れの中ではしっかりブロックを築いて守れています。失点の7割はセットプレー(それはそれで問題だが)ということで、あと反則ポイントも少ないことから、J2でよく見た「そこまでしなければ守れないの?」という苦し紛れの強引な守備網ではないことは証明できていると言えるでしょう。あと、ルヴァン杯でユース組を普通にスタメンで使うあたりもらしさと言えばらしさか。他の監督では“クラブの至宝”と言われる選手でない限り使わないと思います。今後DAZNマネーが入ってくるJリーグは格差社会になります。1年目の今年はまさに分かれ目です。ウチは上位に入れるチームではないのは確か。それにお金もそんなにない。だから来シーズン以降主力が抜かれる可能性は大いにあります。だから早いうちに若手を使って「抜かれてもまだまだ使える若手多いぜ」という状況に“今のうちに”しないと、本当にマズいことになる。カップ戦では結果は出ていませんが、若手を使っている状況は大いに歓迎すべきことです。 話ズレました。小林監督率いるチームは、過去セレッソや山形、昨シーズンのエスパルスでもそうでした。後半戦になると途端に強いチームになります。なんで、そこに期待しましょう。


Q.3 J2で下地を作ったサッカーをJ1で披露できているか A. やれないことはないが、クオリティを上げていかないといけない。

昨シーズン、「J1で戦えるようになるため」に築いてきたパスサッカーですが、J1でもやれなくはないです。3節の新潟戦のテセのゴールは、20本近くパスをつないでのゴールでした。ただやはり決め手に欠けるというか、小さなミスが多いです。J2では奪われた後、少しでもプレスを掛ければボールを奪い返せました。しかしJ1ではしっかり繋いでくるので全力プレスしないとシュートまで持ってかれます。そうならないようなパスワークをしなくてはいけないし、できたところでラストプレーの精度が低かったりと、いろいろ問題は山積みです。個の能力差なのか組織力なのか、原因はそれぞれですが、現段階ではリスクを冒すよりもしっかり守ってカウンターが1番いいかなです。リスクと塩分は控えめにです。


Q.4 犬飼の相方は角田か二見か。それとも…。 A. 安定は角田だが、相手に合わせての選択がいいか。

相性の面で言えば角田。ずっとコンビを組んでいたということと、組み立てやカバーリングもいい。ただ、ガンバ戦でスタメンだった二見の起用に関して

センターバックについては良いポジションからボールへチャレンジするというところと、G大阪にモビリティの高い選手が多かったので、足が動く二見(宏志)にした。
s-pulse.co.jp

5ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
S-pulse:17season
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

若さの脆さ〜FC東京U23vs琉球(5月6日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆【4thDayMarketCenter】

Jリーグ青田買いリスト 水戸のかぶき者、前田大然【赤の血潮と、青の魂】

【おかえり】続くホーム未勝利【ドクトル】【紫熊のサンフレ観戦記】

Jリーグホームスタジアム訪問記~清水エスパルス~【This is J-league】

ミスマッチ(●0-3仙台)【m_maruのエスパルス観戦日記】

パス1000本繋がれたけど同点でした(△2-2川崎)【m_maruのエスパルス観戦日記】

清水エスパルスvs大宮アルディージャ/フフフ、バレちゃいましたね♪【猫に小判】

ダービーの勝者は鄭大世!!【猫に小判】

ブロガープロフィール

profile-iconnekoni-koban

う、裏切者め!!今まで「シラ女」とか名乗ってたくせに、増田誓志とかいうイケメンが来たとたん乗り移るとかどういうことや!!ぼ、僕は生涯「角田誠男魂の会」は辞めないからな!どうも猫煮小判です。サバイバルが始まります。今季は絶対残留です。後半戦は上位陣との試合が多かったわけですが、今後は直接対決が待ち構えてます。痺れますね。ドキドキしますね。最高の週末を送りましょうや!!
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2087844

(09月15日現在)

関連サイト:個人技編はこちら 「豚に真珠」

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ポゼッションという名の天使と悪魔/大榎克己と名波浩の出した回答と風間革命の真意
  2. 繰り返す愚行 変わらぬ体質/大榎克己は監督にふさわしいのか?
  3. ❝清水エスパルス❞のサッカー/"清水のサッカー"という幻想を追い求めた大榎克己と幻想に悩まされた田坂和昭
  4. 田坂体制における守備の変化/大榎克己が罵られた理由と失敗したワケ
  5. 夢しか見れない愚か者が辿り着く先/清水エスパルスを殺害した2人の容疑者
  6. 清水エスパルスがサンフレッチェ広島にボコボコにされた理由
  7. 長谷川健太と小林伸二、異なる4-4-2の守備と変化するSBの使い方
  8. 補強だ補強!! 来シーズンのエスパルスを占おう!
  9. 2015年のエスパルスで最も貢献した選手は誰か/選手の価値とオシムが求めたモノ
  10. 新生エスパルスの出陣/J2で戦い抜くための方法

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss