猫に小判

理想的なビルドアップ:ジュビロ磐田vsサガン鳥栖/“俊輔”ファースト

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は久しぶりにジュビロの話です。

■俊輔ファースト あの忌々しい静岡ダービーでホーム初勝利をしたジュビロですが、このゲームから中盤が再編されました。これまでのジュビロは、俊輔の力を最大限生かすために、本人が最も得意とするトップ下での起用が続いていました。ただ、マリノスでMVP取った時とは状況が異なります。

開幕当初です。今年のジュビロは、前線にジェイではなく川又が入っています。見ればわかる通り、川又はフィジカルこそありますが、ボールを長い時間キープできるタイプではありません。シンプルに走らせとけです。それで、俊輔の両隣りも見て下さい。いかにも意地でも縦に行きたいマンです。使い方は決まってますね。素直にこの3人を走らせて、あとはよろ~です。こんなに使い方が分かりやすいトライアングルはありませんね。小学生でもわかります。

俊輔のジレンマ これはまさに、「俺の参謀役は誰?」ですね。俊輔の忠実なる番犬は揃っています。しかし残念ながら、俊輔が封じられるともうお終いです。川辺は俊輔が高い位置でプレーできるための後方支援隊。なので、俊輔の近くでサポートできる人がいないのです。なので、序盤はシンプルなカウンター以外、崩す道が見えなかったのです。

さぁ、そんな俊輔をベストパフォーマンスにするにはどうしたらよいでしょうかという問題に対してどんな解答をしたかというとコチラ。

驚きだったのが、俊輔をスタートから右で使ったこと。ダービーから採用となったシステムですが、俊輔と対面するのは攻撃力ある松原后です。松原を封じるためだけならば、太田のままでいいわけです。少なくともスピードある太田なら、頻繁に上がる松原の裏を突いてカウンター1発KOできるからです。またサイドの守備ということにおいても俊輔よりできます。松原対策だけでここに俊輔起用するのはリスクの方が高いです。 この起用法に至った点としては、やはり攻撃面です。ジュビロの前の方のメンツはスピードのあるタイプが多い。そのスピードを殺さず、かつ俊輔の良き相棒になれるのは誰かという無理難題ですが、それを埋めるピースとして抜擢されたのが松浦ですね。攻めているときの俊輔は、低い位置まで下がったり、中央に居たりとかなり自由です。すべては俊輔本人に託しているみたいな。俊輔からしたら「自分を右で使う→勝手に中に入って来てもいいんだな兄貴!!」と考えてもおかしくないです。だって、俊輔がサイドより中にいた方がイキイキするのは日本国民全員知ってますし、そのイキイキした俊輔を誰よりも望んでいるのが名波浩本人です。気のきいたことができる俊輔の良き参謀役に難で松浦なのかは後でやりますが、この長~い前置きで言いたいことは、「ジュビロは俊輔ファースト」だということです。“戦術俊輔”とはワケが違うのでそこはご注意を。では本題。


■センター俊輔 本題の鳥栖戦です。

今季初めて3バックにしたジュビロですが、どうせ俊輔は中に入ってくるんだから、だったらこうしちゃおうゼという感じのシステムです。ですが、この試合のジュビロのビルドアップですが、少し変化がありました。9分36秒の場面です。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
ジュビロ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【第7節】 vsガンバ大阪~興奮の大阪ダービー。【Power & The Glory~セレッソ大阪応援ブログ】

【浦和レッズ】興梠慎三「淡白で頑張り屋な天才」【ボクシングをとっても楽しく見るブログ】

長崎0-1福岡【吉塚FC日記+】

2017.4.8日産スタジアム【コラム風ブログ】

マリノス10番のバトンタッチ完了〜横浜vs磐田(4月8日)の周辺をウロウロと…☆現地観戦記☆【4thDayMarketCenter】

前年度的中率72.2%!2017J1リーグ順位予想~ジュビロ磐田編 ~【キキアシワアタマ】

[考察]今シーズンのジュビロ磐田(GK編)【全ては磐田の勝利のために】

ホーム開幕カードが決定 開幕節、ジュビロ磐田はアウェーでセレッソ大阪との対戦【全ては磐田の勝利のために】

ブロガープロフィール

profile-iconnekoni-koban

3度目の正直か。2度あることは3度あるのか。どうも猫煮小判です。今シーズンラストダービーです。思いの外、上手くいっているジュビロと、まだまだアジャストできていないエスパルス。残留するためにも、来シーズンを見据えるためにも、絶対負けられない戦いがそこにはある!!!
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:2106960

(10月18日現在)

関連サイト:個人技編はこちら 「豚に真珠」

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ポゼッションという名の天使と悪魔/大榎克己と名波浩の出した回答と風間革命の真意
  2. 繰り返す愚行 変わらぬ体質/大榎克己は監督にふさわしいのか?
  3. ❝清水エスパルス❞のサッカー/"清水のサッカー"という幻想を追い求めた大榎克己と幻想に悩まされた田坂和昭
  4. 田坂体制における守備の変化/大榎克己が罵られた理由と失敗したワケ
  5. 夢しか見れない愚か者が辿り着く先/清水エスパルスを殺害した2人の容疑者
  6. 清水エスパルスがサンフレッチェ広島にボコボコにされた理由
  7. 長谷川健太と小林伸二、異なる4-4-2の守備と変化するSBの使い方
  8. 補強だ補強!! 来シーズンのエスパルスを占おう!
  9. 2015年のエスパルスで最も貢献した選手は誰か/選手の価値とオシムが求めたモノ
  10. 新生エスパルスの出陣/J2で戦い抜くための方法

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss