outside

中村俊輔が改善すべき点は何なのだろう?

このエントリーをはてなブックマークに追加

前々から、疑問に思ってることがある。
中村俊輔には、外野として、どういう文句を言う事が適切なんだろうか?
いい切っ掛けのblogがあったので、それに乗っかります。
出来れば、まずそっち読んで下さい。↓がそうです。
逆立ちすれば答えが分かる♪かもしれないブログ

ちなみにここは、オシムの脳内記者会見が異常に面白いっす。
広島の記事もとても面白い。

さてはて、中村俊輔の問題です。
ここのブログ主、Leeさんの意見としては、もっと中盤でシンプルにプレーしてゲームを動かして欲しいって事だと思います。(違ったらスミマセン・・・)
彼はボールを持ちすぎて、流れを遅く、もしくは止めてしまうプレーが多いので、そういう文句は非常に良く分かる。

でも、自分の彼への文句は、Leeさんのコメント欄にも書いたように、ゲームを動かすのは、殆どどうでも良くて、とにかく前線に絡んで欲しいって事。
どれだけシュートを打てる位置に行くか?スルーパスを狙える位置に行くか?ドリブルを仕掛ける位置に行くか?そのためにもっとガンガン動け!
前目の選手に求める事として、そして、彼に足りない点として、そんなに的外れな事じゃないと思ってます。

これ、どうなんですかね?
どっちも求めるというのが、一番だとは思うんですが、この2つって、結構、相反する事だと思うんです。
中盤でシンプルにボールを動かしてゲームを動かしつつ、前線に積極的に絡む。
難しすぎない?
ジダンですら、ゲームを動かす事が主目的で、積極的に前線へ絡むことは、そんなに要求されて無いような・・・。
カカも、どっちかと言うと前線に絡むことが主に要求されてて、ビルドアップに対しては、それほど求められてないような・・・。
どっちも求めるというのは、余りにもハードルが高すぎる要求な気がします。

もちろん、どちらもある程度出来ないと駄目で、それが余り出来ていないのが、今の中村俊輔です。
だから、どっちの文句も出てくるのだと思う。
だけど、それが外野として、最善の文句の言い方なのだろうか?
2つを同時に求めるから、問題があやふやになって無いか?
そんなこんなを自分に問う今日この頃です。

んでもって、どっちかを求めるとしたら、どっちが有効なのだろう・・・。
シンプルにプレーしてチームを動かす事?
運動量増やして、前線に積極的に絡む事?
自分の意見は、前線に絡む方だろ?という感じが強いんですが、正直、分からなくなってます(笑)



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
その他
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

Re:中村俊輔が改善すべき点は何なのだろう?

俊輔は駄目でしたねー。
あの出来じゃ彼の価値は無いですよ。猛省して欲しいです。

スコットランドなのは、呼ばれたからとしか言いようが無いです。
セリエから呼ばれないのは、そこまでの実力を見せてないからです。
そういう事を聞きたかったんですか?

中田と俊輔は次元が違います。
最後の局面では俊輔の方が仕事出来ると思いますが、その他の全てで負けています。
だから、次元が違います。

なので、自分はあれやこれを色々考えてるんですが、駄目ですか?

今ひとつ、俊輔ファンは何を考えるべきなのか、たつさんが思う所が分かりません。

若いうちから飛び出せば良かったのにということなんですかね?
オファーが無かったから無理でしょう。
中田は充分な移籍金を得るオファーが来たので行けました。
Jリーグに入らず、最初から海外と言う事ですか?
雇ってくれるクラブはあったかなー。それだけの価値が最初から俊輔にあったとは思えません。

でも、なんと言うか、こういうこと考えて俊輔ファンは何になるんでしょうか?
ちょっと、よく分かりません。

Re:中村俊輔が改善すべき点は何なのだろう?

昨日の日本代表は残念でした。ただ、予想していたとおり、苦戦しているときの俊輔は、駄目でした。。ときおり、それらしいプレイはあるのですが。。あのような、状況でこそ活躍しないと。。
欧州では日本のスターが欲しいです。俊輔は日本では人気あるのは、欧州では有名です。選手のプレイより、放送料やグッツ等期待できるからです。ですが、何故、イタリアでは活躍できず、スコットランドなんでしょうか?
 日本のマスコミは、あまりにも表面上なことだけしか、みていないんでないかと思います。もっと客観的に、いいこと悪いことを分析したいと思います。
 ところで、世界基準に行くには、日本にも18とか20で代表で活躍できる選手が欲しいです。ほかの国はみんなそういう選手がいます。中田英も21でワールドカップでて、その後 日本人として唯一無二の活躍をしたのだから。技術は、俊輔も方が全然うまいのですが、何で何でしょうか?
俊輔ファンの方は考えるべきです。
 ちょっと、なまいきかもしれません。すみません。

Re:中村俊輔が改善すべき点は何なのだろう?

対角線上に動く癖か・・・
その辺りは今後もっとよく観てみる事にします。

ただジーコの時で4ー4ー2の時は左に位置してたけど、それでも右からの仕掛けは皆無だったような気がします。

セルティックに関して語りましたが、実はテレビのダイジェストを観ての感想です。試合フルに観たのはCLくらいで。
ゲームメイクしてた印象は特に無いけど、シンプルに叩いてる印象あったし、右でのドリブルの仕掛けもあったりと。→1回PK奪取してましたよね。

まー何にしても特に強調したいのは何故右からのドリブルがないんだってことなんです。
代表ではセルに比べて右のエリアにいる時間自体少ない気がするし、何であんな中や左に入ってきちゃうのかな・・・と。

あと気になるのは、代表ではセルティックに比べていまいち覇気が無いような・・・
何か結構不用意にボール失うし。。
CLでのマンチェスター戦(セルティックホーム)なんかは相手の早いプレッシャーの中、俊輔とグラベセンくらいが落ち着いてつなげてた印象があったので、それに比べると何故アジア杯で・・・って感じがします。。。

とにかく何にせよ、俊輔の右からのドリブルは相手にとってかなり危険なのでお願いします~~ってことをしつこいですが、あえて何度も書かせていただきました。。。
失礼しました~。。。。。。。。。。



Re:中村俊輔が改善すべき点は何なのだろう?

>tomotomoさん
コメントありがとうございます。
別に遅くても良いですよ。
俺は楽しめます。

音速キックさんに関しては、あれはあれで素晴らしいと思います。
ドライに受け止められてて、むしろ羨ましいかもしれません。
なんつうか、メシを食いに行って、出てきた料理が今ひとつだとしても、まあ頑張ってるんだろうし、文句言わないよという感じでしょう。
俺は、文句言っちゃうw
好きな店だったら特にw
「今日、味濃くね?油足りなくね?」
そんな感じなんだと思います。
それが、良いか悪いかは微妙でしょう。
どんどん脱線していくなーw

セルティックに関しては、俺はあれでも不満なので、なんとも言いづらいです(笑)
そんなに、彼の中盤のゲームメーク良いかなーと思ってます(笑)
彼のセルティックでの良さも、前に限定してるというスタンスです。

マリノスを出てったのは、そんなに惜しんで無いんですよね。
あの時のマリノスは、彼におんぶに抱っこにどうしてもなっちゃうので(それでどうにかなっちゃうから)、居なくなった方が、チームは上に行きやすいかもと思ったりもしました。
事実、その後苦労しましたけど、翌年、岡ちゃんになって、チームとしてのレベルは上がったと思ってます。
また、あの時は、もう俊輔は、動きの質を求めなくても、リーグでは、どうにでもしちゃう個の力があったので、このまま居ても、頭打ち感がしましたし、それは余りにも惜しかった。
彼を見れないのは本当に残念なんですけどね・・・。

右サイドの仕掛けは、もっと見たいですね。
なんとなく、それを見るためには、ポゼッション出来る相手には、逆に左サイドに置いた方が、良いんじゃないか?とか思ってます。
なんかピッチを対角線上に動く癖があるような・・・。凄ーく、曖昧な印象ですが・・・。

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconnegro

またまた諸事情により名前変えました(笑)
マツタカです。もう変わらないかと思います・・・。

マリノスファン。
鈴木正治に魅せられて、それ以降Jリーグを見る。
ビール飲みながら二階席でだらだら見るのが幸せ。
 
negro15@mail.goo.ne.jp
  • 昨日のページビュー:2
  • 累計のページビュー:304080

(11月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 横浜ダービーの席割りの歴史
  2. 横浜ダービーへのお誘い
  3. 最後の横浜ダービー!!
  4. 中村俊輔が改善すべき点は何なのだろう?
  5. 横浜一は、マリノスだ!!
  6. 高円宮杯のススメ  横浜マリノス対三菱養和を見ての雑惑
  7. 地上波なので、適当ですがマリノスの紹介文です - マリノス対レッズ戦に向けて
  8. 横浜F・マリノス対水戸の練習試合を見て
  9. マリノス練習試合を見て - 渡邉千真!!
  10. 最強大宮戦を前に

月別アーカイブ

2009
10
07
06
04
03
02
2008
09
08
07
06
05
04
03
2007
11
09
08
07
06
04

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss